【最新】アクトハウスへ「よくある質問」まとめ。セブ島IT留学「Q&A」

2020年版のアクトハウスのQ&A

本記事では2020年2月時点の、セブ島アクトハウスに寄せられる「よくあるご質問をQ&A方式」でまとめていきます。

もともと当サイトには「よくあるご質問」というコンテンツがありますが、そちらはビザなどの内容も含めた広めの内容になっています。

この記事では「アクトハウスのIT留学の特長」に特化し、なるべくシンプルに回答していきます。すべて、多くいただくご質問です。さらに知りたいという方は回答の直下にある関連記事にお進みください。

ではさっそくいってみます。

 

【質問01】講座はすべて英語ですか?

いいえちがいます。

アクトハウスでは「プログラミング/デザイン/ビジネス」の講座は「日本語」で、「英語レッスン」は英語で行われています。「プログラミング/デザイン/ビジネス」は日本人のメンターが少人数クラスで、英語のレッスンはフィリピン人講師がマンツーマンで担当します。時間の限られる留学での「学びの効率化」を重視したシステムです。

なお一般的なIT留学は「プログラミング講座も英語で受講」することが多々あります。

【もっと知りたい方は…】
▶関連記事『プログラミング/IT講座は「日本人専任メンター」だから安心
▶関連記事『「日本人メンター×フィリピン人講師」がIT留学の勉強効率を最大化する

 

【質問02】通常のIT留学と何がちがうのですか?

セブ島のアクトハウスは「4つのスキル」を学べるIT留学です。それは「プログラミング/英語/デザイン/ビジネス」。IT未経験者が、独立開業やひとつ上の就職や海外就職を叶えている独自の複合カリキュラムです。

一般的なIT留学は「英語とプログラミング」だけになります。

【もっと知りたい方は…】
▶関連ページ「カリキュラム」を詳しく見る

【「4つのスキル」はこちらの記事でも】
▶関連記事「プログラミングとデザイン、英語とビジネスを学ぶIT留学の価値。
▶関連記事「「4教科」を学ぶIT留学。各個人の勉強バランスも尊重し成長へ繋げる。

【質問03】参加者の年齢は?

20代と30代が中心です。短期の1ヶ月コースでは10代の高校生も参加されることがあります。

【「年齢別」でも見れる体験談もどうぞ】
▶関連ページ『アクトハウスのIT留学体験談』へ

【関連記事はこちら】
▶関連記事『IT留学行くのに20代後半、30〜40代とか年齢を気にしてる?

【質問04】女性も参加していますか?

はい、もちろんです。アクトハウスは女性専用部屋も設けているほど、女性の方の参加も多いです。

【もっと知りたい方は…】
▶関連記事『多くの「女性」も参加するIT留学です。「4つの体験談」をご紹介。
▶関連記事『「シェアルームは「女性専用部屋」を完備。安心できるIT留学として。

【質問05】実践があるのは半年コースだけですか?

はいそうです。実践メニューは6ヶ月コースのみになります。

【もっと知りたい方は…】
▶関連ページ『カリキュラムは「実践型」で安心

【実際の案件のレポート記事も】
▶関連記事『IT留学中に実践するWEB案件トライ。受注額は新記録の「100万円」突破
▶関連記事『卒業間近の4月期生、案件の勝因。IT留学を最大活用したチームワーク。

【質問06】卒業生はフリーランスが多いですか?就職はどのくらいいますか?

2020年1月(令和2年)の集計において、卒業生は「全体の30%が独立開業」しています。下記の集計は、2020年1月時点で卒業済みの方(130名)のデータです。

●起業:7名(5.4%)
●フリーランスを開業:32名(24.6%)
●国内・海外就職(もしくは就職を予定したインターン):59名(45.4%)
●学生・その他:32名(24.6%)

【もっと知りたい方は…】
▶関連ページ『卒業後の進路』へ

【疑問に答える記事はこちら】
▶関連記事『卒業生の30%が独立。未経験からのIT留学でなぜそれが可能なの?』へ

【質問07】卒業後にサポートはありますか?

はい、あります。卒業後にフリーランスで活動する方にWEB案件や東京でオフィススペースの提供をしています。「フリーランス登録制度」というもので、一定スキル以上を修得した方に提供しているサポートです。

【もっと知りたい方は…】
▶関連ページ『卒業後のサポート』へ

【質問08】各コースの開催時期は?

6ヶ月コースと3ヶ月コースは同じで「1月・4月・7月・10月」の年4回です。1ヶ月コースは希望者の数によってランダムに決定しています。

【もっと知りたい方は…】
▶関連ページ『コースと費用』へ

【質問09】セブ島での1日のスケジュールは?

朝8時から講義開始。「プログラミング/英語」は毎日、「デザイン」は週3回、「ビジネス」は週2回です。講義が終わるのは午後15時半。そこからセルフスタディ(自習)を50分挟み、夕方はオフィスアワー(質問タイム)となります。

【もっと知りたい方は…】
▶関連ページ『1日のスケジュール
▶関連ページ「疑問は「質問タイム」で安心」

【オフィスアワーの記事はこちら】
▶関連記事『個別質問のオフィスアワー「一人ひとりの個人指導も手厚いIT留学」

【セルフスタディの記事はこちら】
▶関連記事「「自習」も時間割に。午後の「セルフスタディ」でそつなく予習復習を。

【質問10】住居はどんなところですか?

セブ島のなかで最も安全なエリアのひとつで、富裕層が暮らすエリアに属します。外国人旅行者や滞在者の多い清潔なコンドミニアムです。

【もっと知りたい方は…】
▶関連ページ『アクトハウスの住居』を詳しく見る
▶関連ページ『助かる「掃除サービス」で安心

【住居はこちらの記事でも詳しく】
▶関連記事『「住居」も勉強へと駆り立てる「仕組み」のあるIT留学。

【スポーツジムも併設】
▶関連記事「勉強漬けIT留学の合間に。住居併設の「スポーツジム」を活用しよう。

【質問11】LINEなどで質問できる?

はい、できます。IT留学のアクトハウスではご相談を毎日承っているので、

LINE

お問合せフォーム

からご質問・ご相談可能です。

また「個別相談」も実施しております。予約はオンラインで可能、キャンセルもカンタンですのでお気軽にどうぞ。

著者:アクトハウス編集部
IT留学アクトハウスの最新記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島IT留学のアクトハウスとは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ