ライセンス(License)

IT留学のアクトハウスは、セブ島のフィリピンの正式法人であり教育機関である「TESDA認定校」にあります。フィリピンの入国管理局から正式に学生ビザの発行を許可されている「SSP認定校」に属しているため、安心して教育を受けることができます。

 
●フィリピン教育庁 【TESDA】
フィリピン教育省・正式認定校TESDA(Technical Education and Skills Development Authority:フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁)の略称。カリキュラムや講師の指導スキルはもちろん、学校設立に関する法的書類や経営管理、財政に税金面、安全面といった厳格な基準を満たしていることが条件となります。

●フィリピン入国管理局 【SSP】
SSPとは、Special Study Permit(特別就学許可証)の略称。外国人がフィリピン・セブ島で就学するために必要となる許可証のことです。フィリピンでのIT留学で勉強するためには、このSSP(留学用ビザ)が必要となります。

◎法人番号 No.CS201963174
◎認定学校証明書 No.201307020615
◎フィリピン教育庁 【TESDA】
◎フィリピン入国管理局 【SSP】

img05

●(公財)東京都中小企業振興公社
セブ島のアクトハウスのITを軸にしたコンセプトは、日本の(公財)東京都中小企業振興公社からも評価を受けています。この事業可能性評価の目的は、成長可能性が高く、将来的に有望な企業を発掘して、その企業に対する継続的な総合的支援を提供することにより、「自律型中小企業」の成長を促進し、創造型・自律型産業構造への転換をめざす点にあります。アクトハウスは、同公社の事業可能性評価委員会においてプレゼンテーションを行い、起業家など複数人の委員から「事業の可能性あり」との評価をいただきました。詳しくはこちら>>>

 
●サイト内コラムの掲載写真について
「クリエイティブ・コモンズ・ゼロ」規定は著作者や引用サイトの記載は必要とされませんが、フォトグラファーの方々に敬意を表し、一部写真を使用している下記のサイト名を表記いたします。

Unsplash | High-Resolution Photos

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況