住居について

アクトハウスのこだわり。それは、居住空間のすみずみにも行き渡っています。

それはセブ島留学のなかでも随一のコンドミニアム。海外初心者でも、旅慣れたバックパッカーでも、IT留学のために程よく暮らせる上質のフィールドです。女性の参加者にも配慮した設計で、お手洗いはもちろん部屋も当然、男女は全てにおいて別々となっています。各ユニットはwi-fi完備はもちろん全てにおいて個性的で、インテリアにも遊び心を入れています。各コンドミニアムは移転する際も、常に同レベルのクオリティを保持しています。
 


 

セブ島・IT留学の住居01

セブ島らしい白で統一された屋内と部屋は、清潔で新しい空気に溢れています。窓や屋上からはセブ島の緑や風を楽しむことができ、共用のリラックススペースも幅広く取られています。広いリビングには、IT留学に合わせたデスクを設置し、勉強に集中できる空間で構成しました。

最上階のフロアではヨガ教室やズンバ、エアロビクス教室なども開催され賑わっています。館内にはサウナ、スポーツ・ジムが併設されており、勉強と運動のメリハリを付けることができます。またプールも設置されているため、気分転換に泳いだり、プールサイドでパソコンを叩くなども可能です。

【設備】全室クーラー/共用固定Wi-Fi/スポーツジム/プール/Apple TV/大型プロジェクター/ICE&HOTウォーターサーバー/大型液晶モニター/ケーブルテレビ/HDMIケーブル&Mac変換コネクタ完備/超大型コワーキングデスク/24時間セキュリティ


 

セブ島・IT留学の住居02

白い壁の内装で全体を統一しました。特長的で広大なリビングには、昼間も夜間も勉強できるスペシャルの大型デスクを設置。もちろんこれも、スタッフが足で何軒も家具店を見て回ってオーダーしたアクトハウス自信の一品です。立地は安全な大通りからすぐで、高級物件にあたる空間を堪能できます。

日当たり最高の角部屋を抑えたため、風通しもきわめて良好。窓からは緑あふれるセブ島の景色と、朝陽をのぞむ空気を存分に楽しむことが可能です。またセブ島ではめったにない「バスタブ」付きの部屋もスタンバイし、共用とは隔離されたシャワールームとレストルームも用意しました。インテリアの選定はIT留学アクトハウス提携の建築デザイナーに依頼し、ユニークかつ機能的な居住空間を演出しています。館内にはスポーツ・ジムも併設されており、ランニングマシンやショルダープレス、バランスボールも完備のコンドミニアムです。

【設備】全室クーラー/共用固定Wi-Fi/24hスポーツジム/Apple TV/大型プロジェクター/ICE&HOTウォーターサーバー/大型液晶モニター/ケーブルテレビ/HDMIケーブル&Mac変換コネクタ完備/超大型コワーキングデスク/24時間セキュリティ


 

セブ島・IT留学の住居03

イエローの壁、ブラウンとブラックの渋いインテリアで統一しました。広いリビングには、この部屋に合わせた最大級のデスクを設置しています。安定感が良く勉強には非常に適しており、何時間でも集中できます。

もちろん、食卓とは別にこの空間が用意されているため、勉強とプライベートをしっかり区別することが可能です。セブ島ではレアな「バスタブ」付きの部屋もスタンバイし、共用とは隔離されたシャワールームとレストルームまでも。立地は安全な大通り脇に面し、セブのなかでの高級物件にあたる上位層のコンドミニアムとなっています。

角部屋を抑えているため、風通しや毎朝の日当たりも良好、窓からは気持ちがいい緑を楽しむことができます。インテリアはアクト提携の建築デザイナーのコンサルティングが入り、ユニークかつ機能的な居住空間を実現。館内にはスポーツ・ジムが併設されており、勉強と運動のメリハリを付けることで、より効果の高い学習体制を約束します。24時間ガードマンが常駐し、安全面においても高い堅牢性を誇るコンドミニアムです。

【設備】全室クーラー/共用固定Wi-Fi/24hスポーツジム/Apple TV/大型プロジェクター/ICE&HOTウォーターサーバー/大型液晶モニター/ケーブルテレビ/HDMIケーブル&Mac変換コネクタ完備/超大型コワーキングデスク/24時間セキュリティ


 

77
アクトハウスのセブ島留学では、プログラミングや英語はどう勉強している? 参加者の年齢やコンドミニアムの雰囲気は? それぞれの体験談から「アクトハウスの内側」が見えてきます。

 


いつでもお気軽にご質問をどうぞ。
アクトハウスのセブ島留学へのご相談受付中です。
skype
mail

このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー