英語は安心の「ドア付き個室」でレッスン

英語レッスンの様子

「個室」で英語レッスンができるIT留学

セブ島などの留学で多く見られるのが「一室に寿司詰め状態で、パーテーション区切り」の英語のレッスン。

学校運営としては確かに、ひとつのフロアにできるだけ多くの人を詰め込むことは、スペースは最大限に使える手法でありコストの削減になります。しかし小さなテーブルで、体は半分ハミ出た状態、隣の人の声もダダ漏れでレッスンを受けるというのは、留学生にとっては幸せな環境とは言い難いのではないかー。

そんな懸念を解消すべく。

アクトハウスのIT留学は創業時からずっと、英語レッスンは「ドア付きの個室」を提供しているIT留学です。

なお語学学校の繁忙シーズンによっては、他国からの留学生との講座スケジュールの都合で別施設やパーテーションでの講座を行うことがあります。そのような可能性もゼロではないことをご承知おきください。

▶ 関連記事『マンツーマン英語のIT留学。英会話もコツコツ継続努力する。

英語レッスンはドア付き個室のマンツーマン。最初にレベルチェックを行い、ご参加者の英語レベルに合わせたレッスンを設定します。また、英語の理解度によって「スピーキング(speaking)を強化したい」「ライティング(writing)を多く勉強したい」というカスタマイズ対応も可能。しかしこれはセブ島でありがちな「参加者が自由にレッスン内容を決めていい」という、裏を返せば方針がないとも取れるものとは異なります。あくまでベーシックの講座と方針があり、そのうえで参加者から何らかの要望があった場合に対応が可能というレッスン形態です。”””▶速報カウントダウン「新入生の募集情報」へ”https://acthouse.net/””▶「LINE」で質問する(友だち追加)”http://nav.cx/f4sxyCz””▶「ツイッター」で最新情報をチェック”https://twitter.com/acthouse_””▶「インスタグラム」で雰囲気を見る”https://www.instagram.com/acthouse/””▶アクトハウスの「公式サイト」はこちら”https://acthouse.net/””#IT留学 #セブ島留学 #アクトハウス

快適な学習環境をめざして

マンツーマン講座であるからこそ、思いっきり間違え、思いっきり質問できる空間。

少し声が小さい人でも、無理して大きな声で話さなくてもいい個室。「慣れ」の問題で済まさず、アクトハウスでは少しでも快適な学習環境を日々目指しています。もちろんグループレッスンでのプレゼンなどもあるので、マンツーマン以外のレッスンでメリハリあり。

安心して、リアルな個別英語レッスンをお楽しみください。

英語講座の紹介へ

個室の安心感

英語教師は随時増員

英語の教師は随時増員しています。2019年12月から新校舎も創設され、インターナショナルな空気感のスケールも広がります。

他校で経験豊富な英語の教師を採用しており、運営サイドとの打合せも重ね、より学びやすく成長しやすい環境を整えています。

▶ 関連記事『スパルタ校出身の英語教師が複数着任。英語も学ぶIT留学の基盤強化へ。

「英語×IT×ビジネス」の実践も

アクトハウスでは生徒企画主催のチャレンジにて、セブ島のコワーキングスペースを借り切ってイベントを開催することもあります。このチャレンジはビジネス講座カリキュラムの「4つの実践」をご覧ください。

英語プレゼンでITイベント
IoT

Ruby

IT留学アクトハウスの「こだわり」目次へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況