スパルタ校出身の英語教師が複数着任。英語も学ぶIT留学の基盤強化へ。

新任の英語教師が複数着任

IT留学のアクトハウスでは「英語」も重要な科目です。

プログラミングやデザインの勉強に追われながらも、毎日のスケジュール管理をしつつ英語の日課に入れ込むのは大事なこと。ITの勉強が伸びる人は、英語もコツコツと努力を積み重ねています

英語も他のITの教科同様、1コマ50分。月曜から金曜日の毎日「1日2コマ」をコツコツと積み重ねていきます。

そんなアクトハウスの英語レッスンでは、このたび新任の英語教師が複数着任することになりました。古株教師の離任のタイミングにあわせて、新しい英語の先生が加入という背景になります。

この投稿をInstagramで見る

コミュニケーションにも慣れてきた新入生の英語風景。セブ島でも珍しい「個室」レッスンで集中学習。海外IT企業の就職者も輩出しているマンツーマンレッスン、自習も時間割に組み込むなど予習復習を日課に。 — ➡募集最新infoは… ①女性枠は完売 ②あと2名で締切 ③くわしくはプロフURLからもしくは↓ — ✔「アクトハウス 生徒募集」で検索 — #アクトハウス#acthouse#it留学#ビジネススクール#プログラミングスクール#フィリピン留学#セブ留学#セブ島留学#海外起業#海外起業#海外就職#プログラミング留学#ビジネス留学#IT留学説明会#留学したい#留学する#転職したい#転職する

アクトハウスさん(@acthouse)がシェアした投稿 –

新任教師はスパルタ校の出身

今回の新任教師は、セブ島でも有名なスパルタ校の出身です。スパルタとは、日本語でも「スパルタ(厳しい)教育」という言葉で使われる、あのスパルタです。

数多くの日本人を相手にストイックな指導をしてきた講師になりますので、その手腕に期待がかかります。すでに在任している既存の講師陣との化学反応で、英語に伸び悩む留学生をサポート。講師は月ごとに個人の担当が変わるため、一度の留学でさまざまな個性のフィリピン人講師と話し、交流できるのもアクトハウスのIT留学の魅力となっています。

英語のレッスンを詳しく見る

セブ島の「IT×英語×ビジネス留学」アクトハウス。英語レッスンでのコア方針は『正しい文法・正しい発音・正しい英語上達方法・正しい読み方を教え、他の学校には負けない自信や情熱を持たせること』。初心者も安心できるレッスンを、文字通り「One to One」で教えていきます。””英語レッスンの特長は5点です。””①さまざまなレベルの生徒に対応できる教科書群(基礎からビジネスまで)””②文法・発音・ボキャブラリーは「3段階チェック」””③ドア付き個室””④マンツーマンでのレッスン””⑤月1〜2で行われるアクティビティ(プレゼンテーションやスピーチ等)””特長的なこだわりのレッスンが、初心者の英語力を成長させます。安心の個別レッスンは、英語を基礎から学びたい方にも、応用から伸ばして行きたい方にも安心の環境です。””▶速報カウントダウン「新入生の募集情報」へ”https://acthouse.net/pro””▶「LINE」で質問する(友だち追加)”http://nav.cx/f4sxyCz””▶「ツイッター」で最新情報をチェック”https://twitter.com/acthouse_””▶「インスタグラム」で雰囲気を見る”https://www.instagram.com/acthouse/””▶アクトハウスの「公式サイト」はこちら”https://acthouse.net/””#IT留学 #セブ島留学 #アクトハウス

セブ島は英語留学のメッカ

セブ島では数多くの英語学校があります。

日本人向けがメインの学校もあれば、フィリピン近隣のアジア諸国からの留学生も積極的に受け入れている語学学校も。アクトハウスのIT留学では顧客を日本人に絞らず、台湾や韓国はもちろん、遠くはサウジアラビアなどからの留学生も常時受け入れている体制を整えています。

外国人の留学生も多い繁忙期は語学学校の休憩スペースはまさに多国籍。休憩時間は国籍もバラバラの生徒たちが覚えたての英語で会話を楽しんでいます。セブ島は英語留学のマーケットとしては世界でもその名を轟かせており、特に長期留学においては欧米と比べものにならないほどの生活費の安さ学費のリーズナブルな設定で注目を集めているエリアなのです。

2019年現在も、年々セブ島に来る留学生の数は右肩上がり。

アクトハウスはそのフィリピンセブ島という留学が活況の南国において、独自のIT留学を展開しています。時代の中心にますますなっていく「複数のITスキル」をゼロから学びつつ、英語も習えるIT留学。それだけのボリュームを最長6ヶ月で、しかも「リアルなWEB案件実践」を含めて学ぶことができるコストパフォーマンスにも優れているのです。

セブ島のIT留学「アクトハウス」を詳しく見る

セブ島IT留学の独自ポジションを確立

アクトハウスのセブ島IT留学では、下記の教科を学んでいきます。

プログラミング
英語
デザイン
ビジネス

ボリュームのある教科群を学ぶ毎日。アクトハウスのIT留学参加者は遊ぶことをほとんどせずに、ひたすら日夜勉強に励んでいるのも特長です。

▶関連記事『遊ばない留学。徹底的に「勉強するIT留学」で自分を磨く。

英語とプログラミング、デザインとビジネス。ひとつひとつを学ぶと年月もお金もかかってしまい、しかも上達の保証はないスキル。それをアクトハウスでは、

日本人メンターからはITを習う」

フィリピン人講師からは英語を習う」

という「日本人メンター×フィリピ人講師」のハイブリッド体制を整え、短期間での勉強効率の向上を図っています。勉強は辛くハードですが、その先には必ず得るものがあるIT留学です。そんなアクトハウスの特長は当サイトのトップページにまとめています。下記のリンクからどうぞ。

IT留学「アクトハウス」セブ島を詳しく見る

IT留学に関するご質問はLINEやフォームからどうぞ

IT留学のアクトハウスではご相談を毎日承っているので、起業やフリーランス、キャリアチェンジをもくろんでいる人は、

LINE

お問合せフォーム

からお気軽にご質問・ご相談ください。

また「IT留学説明会」も実施しているのでお気軽にどうぞ。

著者:アクトハウス編集部
IT留学アクトハウスの最新記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ