無料で空港お迎え「日本人スタッフが同乗」で安心

ban

日本人スタッフが同乗、住居まで同行

アクトハウスのIT留学では安全のため、セブ島の空港まで「日本人スタッフ」がお迎えし住居まで同乗する方針をとっています。

もちろん無料のサービスです。

通常の留学やホテルなどはフィリピン人のスタッフ「のみ」のお迎えや、有料の場合も多いようですが、到着後いきなり言葉が通じない知らない外国人の方の車に乗るのはご不安の方はいるかもしれません。

「この車で本当に合ってるのかな…」という不安を宿に着くまで持ち続けるのは、海外到着後の最初の心労であり、時にリスクと考えています。

初めてのIT留学

飛行機遅延でも安心のIT留学

例えば自分の飛行機だけ時間がズレて1人で到着した場合、言葉も伝わらない人の車に1人で乗るというのも考えられます。

アクトハウスのIT留学ではそういったご不安にも配慮し「運転手はフィリピンの方であっても、全ての工程において「日本人スタッフ」が同乗する」ことにこだわっています。

スタッフが空港でお出迎え width=

Wi-Fiなくて当たり前、日本人スタッフがあなたを探します

空港に到着直後、Wi-Fiもなくて不安…となっちゃいますよね。でも大丈夫です、ご安心ください。

アクトハウスでは渡航前からご参加者のみなさんと連絡を取り、どのようにお迎えするかも含め情報共有をしたうえで、お迎えをしております。車に同乗するのが日本人スタッフなので、もちろんその前に発生する空港での待ち合わせも日本人スタッフ。

【ご注意①】お迎え時間はAM9時〜PM17時

お迎えの対象時間は「午前9時から午後17時」の到着便です。

アクトハウスでは日中の到着便の航空券の購入をお願いしており、例えば深夜や早朝にご到着の場合は空港内にて待機いただいております。

飛行機の着陸時間・待ち合わせ時間に合わせ、マクタン・セブ国際空港の出口にてスタッフが待機しているので、自分の名前プレートを持っているスタッフを見渡して確認しましょう。Wi-Fiがなくても問題ありません。スタッフがあなたを見つけます。

アクトハウスのIT留学では、不安やストレスなしで住居まで直行できるサービスを整えています。

【ご注意②】タクシーの移動が発生するケース

なお、お客様ご自身から「迎えは必要なくタクシーで向かいたい」という要請があった場合は運営で検討のうえ承諾する場合もあります。ただし深夜のご到着や早朝の場合は居住コンドミニアムの保全上、空港で待機をお願いするケースがほとんどです。

渋滞など運送上のトラブルや不可避な状況があった場合は、運営よりお客様にタクシー移動をご相談する場合もありますことをご了承ください。

IT留学アクトハウスの「こだわり」目次へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況