プログラミング講座の紹介

プログラミング講座の動画

アクトハウスは「少人数で・日本人メンターから」プログラミングが学べます。まずは動画で講座の様子をどうぞ。





プログラミング講座の目的

アクトハウスのプログラミング講座の目的は以下の4つのポイントに分けることができます。

 

プログラミングの基本が分かり、最適な開発環境を構成できる。

レスポンシブなウェブサイトの制作ができる。

③ライブラリを用いたダイナミックなウェブサイトを制作できる。

④リキッド/パララックス/メトロ/メイソンリー/グリッド等の表現技法に沿ったフロントエンド・コーディングができる。

 

フロントエンド領域を中心に学んでいくアクトハウスのプログラミング講座では、まず基本となる開発環境の整備の方法から入り「HTML・CSS」をしっかりと学んでいくプログラミングのレッスン内容となっています。そしてフロントエンドのみならず、バックエンドの領域においてもユーザービリティが求められる今、全ての基本となる要素だけに、制作会社において現場で実際に使われている手法を元に「HTML・CSS」によるスタティックなウェブサイトの制作技術をしっかり習得する。

▶関連記事『HTMLとCSSってなに?【プログラミング初心者 豆知識】

その後、動きをつけるための要素である「JavaScript(jQuery)」等の技術修得へ入っていきます。ライブラリを用い、ウェブサイトに動きをつける手法へ。リキッド/パララックス/メトロ/メイソンリー/グリッド等、ウェブサイトにおける表現方法は多様化しました。それらの実現方法も包括して学んでいただきます。

▶関連記事『世界1位のプログラミング言語「JavaScript」とは?初心者のための豆知識。

ライトウェイト言語である「PHP(WordPress)」

加えて、世界的に普及したライトウェイト言語である「PHP(WordPress)」を学んでいきます。当初はマークアップ言語の補完程度のものでしたが、いまでは基幹システムの開発にも用いられるようになったPHP。アクトハウスでは、PHPで開発されたブログエンジンのWordPressの構築も学びますが、ただWordPressをインストールして使うだけではなく、その開発言語を基礎から学び、背景を理解していきます。

▶関連記事『イケてるプログラミング言語「PHP」って? 初心者のための豆知識。

▶関連記事『「ワードプレス」ってなに?プログラミング初心者のための豆知識。

プログラミング講義は「日本語」で速く深く理解する

プログラミングの講義は「安心の日本人メンター」を採用しています。わからない箇所は自分で納得がいくまで質問でき、初心もとても安心の環境で成長できます。専門用語や略称、語源や由来などについても、細かく聞くことができます。だからこそ、基礎や応用ふくめ詳細に噛み砕くことが可能です。英語でプログラミングを習うということはありません。アクトハウスの運営会社である株式会社カグラは基礎プログラミング専門のオンラインレッスン「キソプロ」の運営もしており、初心者がプログラミングを学ぶためのノウハウを積み重ねています。

海外フィリピン、セブ島ではあっても、テクニカルな講座においては、ご参加者の方々の短期間での確かな理解を第一に。これは参加者のかたがたの学習理解の「速さと深さ」に配慮した、創業以来のおもてなしです。

▶ 関連記事『「日本人メンター×フィリピン人講師」が勉強効率を最大化する

▶関連ページ『プログラミングは安心の「日本人メンター」

トータルでのウェブサイトの設計・制作の技術を

ここまで学んだそれぞれの要素技術であるプログラミング言語やフレームワークを組み合わせ、さらに別講義で習得するデザインの知識をも複合することで、トータルでのウェブサイトの設計・制作の技術を身につけていただきます。

人気の6ヶ月コースではじっくりと半年間スキルの修得に励んでいくため、初心者でも安心して理解を深め、技術力を身につけることができます。世界的なIT企業への就職、プログラマーやエンジニアとして20代前半でフリーランス、起業家など数多くの実績は、アクトハウスならではの質の高い講座のたまものです。プログラミング講座では課題や実践で、「取材」を元にした「要件定義」を行い、WEBがいったいどのように作られていくのかを体で覚えていきます。

▶関記事『取材と要件定義と提案力。本物のお客を相手に仕事スキルを磨く。

プログラミングの理解に適したカリキュラム

実際に講座のなかでは、一般的な知識のみならず、演習を交え基本〜応用を使いこなせるまでを最初のゴールに設定。なるべく短期間で「わかった」に至ることができるよう、必要以上に壁にぶつからないための仕組みをカリキュラムに組み込んでいます。また、アクトハウスは「メンターと距離が近い」ことが成長を促進させる留学でもあります。メンターとの日常的な交流では、フリーランスとしての生き方についてなどもセブ島でじっくり聞くことができます。

▶関連記事『コミュニケーションも必然的に。メンターや同期生との助け合いがある。

実践、実践。プログラミング技術は「実際の仕事」で。

そして6ヶ月コースでは、それまでに身につけた技術を「実際の仕事」を通してリアルに使っていきます。これまで取り組んできた案件は業種もジャンルも実にさまざま。プロとして仕事をしきっちりと納品まで見届けます。デザイン講座のスキルも十分に役立ちます。

▶関連記事『実践に挑むWEB案件トライ。受注額は新記録の「100万円」突破。

この実践は、あらかじめ用意された仕事ではありません。もちろん仮想の練習案件でもありません。ITとWebを駆使して案件を獲得し、自ら、1から、お客サイドとやりとりするところから始まります。そして自分の手で納品を目指し完遂します。この待ったなしの本番こそ、アクトハウスがセブ島で創業から大事にしている醍醐味です。


IT案件のポートフォリオ
(アクトハウス在学中にさまざまなWeb案件を納品している)


 

また案件によってはその後のWeb運用も任されることも。その場合はマーケティングの学びやライティングの学びが一層活きてくるという「点が線でつながっていく」というナレッジの連携も体感できます。アクトハウスでは、フロントエンド・エンジニアリング(プログラミング)においての海外でのスタートアップ、これからの時代に必要な具体的なスキルを紹介しながら、実践を交え取り組むことが可能となっています。

この案件の実践トライは、過去の卒業生インタビューにもたびたび登場します。

 

自作のサービスも企画・制作・リリース・運営

机上の論理だけでは通用しない、さまざまなことが起こる「ITの案件」「メディアのリリース」だからこそ、習熟できるリアルなスキル。実際のIT案件を体験するということは、アクトハウス在学中に自分の実績、ポートフォリオを手にするということ。これら「実績」は、卒業後に起業やフリーランス、就職や転職といった活動に優位に入っていくことが可能です。

▶関連記事『実践でクリエイターサイト制作。卒業後に使える制作実績として。

質問タイムでの「個別フォロー」が安心

もちろん、参加者のそれぞれにより、プログラミング習熟度・成長スピードは異なります。アクトハウスでは、そういった事情に合わせ「個別フォロー」を大切にしています。少人数で、しかもメンターとの距離が近いアクトハウスでは「質問しやすい」という、即効性のある体制を整えています。これは特にこのプログラミングというジャンルを理解をしていくには最適です。多くの「質問タイム」の時間を設けているので、初心者にも嬉しいバランスの取れた体制です。

▶関連記事『個別質問の「オフィスアワー」一人ひとりの個人指導も手厚い

テックイベントも挑戦できる

生徒企画、生徒&メンター企画、アクトハウス企画など、そのシーズンやタイミングで異なりますが過去にIT系のイベントもセブ島で開催しています。実践期間にて参加者自らが選択できます。

▶関連記事『生徒企画、運営。セブ島で「IoT」イベントが50名超の盛況に。

▶関連記事『「Ruby on Rails」のイベント





意味のあるプログラミング講座

すでに到来しているIoT(Internet of Things)時代において、無限の可能性を秘めたプログラミングは手堅く、そして未来の代表的な技術となります。初心者が数カ月後に、フリーランスとしてWebの大型案件のプログラミングチーフを務めるほど成長する、絞りに絞った無駄のない成長プログラム。アクトハウスでは、多彩なカリキュラムでプログラミング経験を積んでいくことが可能です。

各講座の紹介

プログラミング講座の紹介

英語講座の紹介

デザイン講座の紹介

ビジネス講座の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

   最新のお申込み状況