セブ島の環境をIT留学に活用。アクトハウスが狙う留学スタイルとは。

大自然と開発が混在するセブ島

アクトハウスがセブ島でIT留学を運営しているのは「短期間で集中特訓するのに適している」からです。

フィリピンのセブ島はまだまだ発展途上。

車で数時間走ると、この記事の上記の写真のような大自然に囲まれた秘境へ行けるのは難しいことではありません。そもそもセブ島は自然が8割と言ってもさしつかえないほどです。

しかし開発のスピードは年々上がっており、例えばアクトハウスのあるセブシティの真ん中はこの下の写真のような光景です。このギャップに驚く方も多いのではないでしょうか。

▶関連記事『セブ島ってどんな島? 知っておきたい現状、セブ島留学や旅行のコツ。

セブ島のIT留学の優位性

大自然に囲まれ発展途上。ITとはかけ離れたイメージをセブ島に持たれる方も多いですが、まずここが留学に適しているのは、

 

英語圏である
町の看板も公用語も英語である

 

以上の点に加え、

 

生活費が安い

 

という利点があります。「英語圏で生活費が安い」。まずはこれだけでも、お金をなるべく節約したい留学生にとっては大きな魅力。もちろん節約にはコツが必要で、まとも大手スーパーなどで買い物していては日本と対して変わりません。このあたりはアクトハウスのアシスタント・マネージャーや同期生、先輩から情報を得て上手に節約することが必要です。これで、欧米留学が足元にも及ばないかなりの額を節約できるのです。

アクトハウスが新しいタイプの「IT留学」としてこの地を選んだのも、このコストパフォーマンスの優れた点と、何よりも英語圏であることが理由のひとつになっています。

セブ島で引きこもるIT留学

アクトハウスのIT留学ではカリキュラムの多さ、課題や実践のハードさから部屋にこもってプログラミングの作業や英語の課題に没頭する人がほとんど。この誘惑を一切断てる環境もアクトハウスの魅力です

ひきこもる、といっても暗くてジメジメした部屋でなく、居心地のいいコンドミニアムでの滞在になります。光回線のWi-Fiや日当たりの良いベッドルーム、作業に集中しやすい大テーブルにオフィス用チェアなど、むしろ「外に出る理由も特にない」というのが正確なところ。

これは非常に重要な点で、留学は学校選び間違うと条件の悪い住まいに居住するケースが多々。もちろんWi-Fiなどもなく、あっても使えないところもあるのはよくあることです。

アクトハウスの住居を詳しく見る

アクトハウスはその点「安心してひきこもれるIT留学」を実現しており、実際に参加者たちは外食くらいでしか外には出ません。あとはひたすら勉強をしています。

最近では宅配アプリで食事も部屋まで待って来てもらう人も多く、とにかくプログラミングや英語の勉強に励んでいます。週末は気分転換に買い物や、あえてコワーキングスペースに行く人もいますが、特に留学の後半はますます部屋にこもって勉強に集中している方が全員と言っても過言ではありません。

アクトハウスが立地するエリアは都会に属しますが、アクトハウスの近隣は都会ではなく、閑静な田舎の住宅街です。治安も抜群に良く、散歩がてらモールや買い物に向かう参加者も多く見られます。

IT留学アクトハウスの近隣をチェック

IT留学アクトハウスの狙い

英語圏で生活費のコストパフォーマンスに優れたフィリピンのセブ島。

そして居住空間は暮らしやすく、勉強するために作られたシンプル設計。コンパクトなコワーキングスペースのように、勉強だけに集中できる空間です。

▶ 関連記事『「住居」も勉強へと駆り立てる「仕組み」のあるIT留学。』

アクトハウスではこれらの条件のなかに優れた独自制作のカリキュラムを毎期アップデートし使用しています。メンターとスタッフで何度も練り返しされ、参加者の意見やトレンドなどを反映した鮮度の高いカリキュラムがアクトハウスの評判を支えています。

カリキュラムを詳しく見る

講座はプログラミングとデザインとビジネスは「日本人メンター」から。英語は「フィリピン人講師」から学ぶ。複雑な内容のITカリキュラムは日本人から学び、英語は外国人から習って講座中は英語漬けにするという仕組み。このような条件を折り重ねることで「勉強するIT留学」というコンセプトを実現できているのです。

▶ 関連記事『「日本人メンター×フィリピン人講師」がIT留学の勉強効率を最大化する』

温暖で過ごしやすいのがセブ島

誘惑の少ない、しかし気温は通年30度前後というセブ島。

天気が良く、毎日Tシャツや短パンなどの軽装で勉強に臨めるのも魅力です。毎日気温が変わらないというのは体調を一定に保ちやすく、風邪もひきにくくなります。万が一体調不良になってもアクトハウスは新しい総合病院からも近く安心

▶ 関連記事『総合病院はタクシーで10分。病気やケガでもすぐ診てもらえるIT留学。』

立地という意味でも安心できて便利なアクトハウスでは、不安をゼロにできるIT留学を目指し運営されています。

英語留学でありながら、ハードルの高いITの講座は日本人から手厚くサポートしてもらいながら習えて初心者に安心のカリキュラム。IT未経験者が勉強に集中できる環境を、セブ島で実現しているのがIT留学のアクトハウスなのです。

セブ島のIT留学「アクトハウス」を詳しく見る

セブ島で勉強漬けになるIT留学

セブ島の立地や気候。英語圏であることの有効性。生活費の安さ。

そしてメンター布陣や住環境が整っており、卒業生はバラエティに富んだ未来を歩んでいる。

プログラミング
英語
デザイン
ビジネス

以上の4教科を学んでいくアクトハウスでは、セブ島の環境と独自に運営ノウハウで参加者に有意義なIT留学を提供しています。まさに勉強漬けの毎日。アクトハウスの最新募集情報や価格については下記のリンクからどうぞ。

IT留学「アクトハウス」セブ島を詳しく見る

IT留学に関するご質問はLINEやフォームからどうぞ

IT留学のアクトハウスではご相談を毎日承っているので、起業やフリーランス、キャリアチェンジをもくろんでいる人は、

LINE

お問合せフォーム

からお気軽にご質問・ご相談ください。

また「IT留学説明会」も実施しているのでお気軽にどうぞ。

著者:アクトハウス編集部
IT留学アクトハウスの最新記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ