教科書も宿題も手作りの積み重ね。アクトハウスのIT留学ならではの品質。

全ての教科書・課題・宿題がオリジナル

セブ島のアクトハウスが2014年の創業時から、少しづつ積み重ねてきたこと。

運営しながら、だんだんと形にしていったノウハウのひとつが「ITカリキュラムの教科書・課題・宿題が全てオリジナルの手作り」であることです。

スタッフミーティングはもちろん、着任前のメンターとも綿密な打ち合わせをたびたび重ね、アクトハウス講座の根幹となる講座テキストを作り上げる。

古い情報や方法はすぐに切り捨て差し替える。ときには大部分の変換も行います。

「日本人の初心者向け」の教材を日本人が丁寧に作る

IT留学として「日本人が理解しやすいプログラミング/デザイン/ビジネス/英語」のあり方を常に考える。

アクトハウスではプログラミング/デザイン/ビジネスは確実な成長を第一に考え安心のベテラン日本人メンターを採用。講座の進め方や課題の内容も「日本人の初心者が成長できる内容」であることに重点を置いている貴重なIT留学です。

つまづきやすい傾向、そして「なぜ、どうしてそうなるか」の明確で詳細な解説。右も左もわからないプログラミング初心者やデザイン、ビジネスの初級者の理解を、時間の限られている留学のなかでいかに着実に深めていくか。曖昧な認識や「なんとなくわかったかも」が続いては、その先ずっとズレたままの成長になってしまう。それは絶対に回避しなければなりません。英会話の初心者に対して外国人の講師が英語でプログラミングを教える形式をとっていないのはそのためです。アクトハウスでは日本人のベテランメンターがITカリキュラムを担当します。

ITは日本人のベテランメンターを採用していることのみならず、そのメンターがスタッフと毎週打合せをし、生徒にヒアリングし、課題を考え、講座進行を考える。この積み重ねがアクトハウスです。

ここにたどり着くまで、さまざなパターンを講座内で展開してきました。紆余曲折を経て、参加者の反応を見ながら「完全オリジナル」にたどり着くまで研究を重ねてきています。

▶ セブ島のIT留学アクトハウスを詳しく見る

期ごとに課題も作り変える

その期その期で集まる参加者の個性も異なるため、セブ島のアクトハウスでは授業の進捗や成長もさまざまなパターンがあります。

プログラミング、英語、そしてデザインにビジネス。これらを学ぶIT留学ゆえに、参加者の得意不得意も出てきます。むしろそれらをカバーするのが少人数講座であり、課題・宿題なのです。アクトハウスではその期ごとにフィットする課題をカスタマイズし、参加者の成長になるよう講座にて展開していきます。

少人数のプログラミングスクールとしての側面を持ち、IT留学として手厚い対応ができること。課題の絶妙なハードルの高さを設けるなど、各メンターの試行錯誤が展開されます。

WEB制作にはデザインやプログラミングはもちろん、マーケティング、アカウント、ディレクションなどさまざな役目が求められます。アクトハウスのIT講座で使用される教科書、宿題や日数を要する課題は毎週の会議で議論され、翌週の授業に反映されます。

緻密に話し合ったゆえの成果が、在校生の力を最大限に伸ばす案件対応力、卒業後の多彩な実績の輩出につながっています。

英語レッスンもカスタマイズ

IT留学としては英語レッスンのクオリティ向上にも努めます。

語学学校とのミーティングでは生徒の成長度、進捗はもちろん、個人個人の講座への姿勢も含め情報は常に共有されています。海外就職を視野に入れた参加者からはTOEFL・TOIEC・IELTSコースの追加希望(※別料金)などもあるため、英語教師のアサインにも慎重です。

英語レッスンのみ定型の教科書群があるものの、その分、参加者の属性や傾向にフィットさせる講座進行速度やレッスン内容のカスタマイズに対応しています。

プログラミングやデザインのITカリキュラム、そしてグローバル言語の英語。これらが学べるIT留学。

全ての品質向上のために、運営とメンターでは教科書も宿題も手作りの積み重ねが日夜セブ島で行われているのです。

▶ 英語レッスンの詳細を見る

ハンドメイドのIT留学

セブ島のアクトハウスがIT留学として提供する教科は、

プログラミング
英語
デザイン
ビジネス

以上の4教科。

これらの進捗の足並みをそろえ、前半3ヶ月である程度のインプットを終えつつ、後半は実践を織り交ぜ、さらなるナレッジの提供ができる場を設けていく。実践や課題を通して得る学びではインプット講座だけでは得られないさまざなWEB制作のノウハウや、顧客駆け引きや金額交渉などのネゴシエーションの力もつける。

メンター、スタッフが日夜打ち合せを重ね、IT留学アクトハウスを手作りの運営で質を高め続けています。

アクトハウスではご相談を毎日承っているので、起業やフリーランス、キャリアチェンジをもくろんでいる人は、

LINE

お問合せフォーム

からご相談を。

また「IT留学説明会」も実施しているので、そちらも利用可能。

なお、新期生募集の最新情報はこちらから

著者:アクトハウス編集部

>>アクトハウスの最新記事目次へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

 セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

すべての記事・コラムへ