「4教科」を学ぶIT留学。各個人の勉強バランスも尊重し成長へ繋げる。

アクトハウスは「4教科」を学ぶIT留学

通常、IT留学というと「プログラミング×英語、しかもプログラミングは外国人の先生に習う」イメージがありますが、アクトハウスのIT留学はそうではありません。

アクトハウスは、

 

プログラミング
英語
デザイン
ビジネス

 

以上の4教科を「IT教科は日本人メンター」「英語レッスンはフィリピ人講師」から学んでいく独自性の高いIT留学です。

同時で学習というとハードにも聞こえますが、確かにハードです。しかし、連携するこれらを並行して学ぶことで深まる理解は、単独で1教科だけを学ぶより何倍もの価値がある。在校生のインタビューでもその価値は語られています。

▶関連記事『日本人メンター×フィリピン人講師」がIT留学の勉強効率を最大化する
 

どの教科に注力するかは自分次第のIT留学

アクトハウスは4教科を学んでいくIT留学ですが、どの教科に注力するかは自分次第であり、また個人面談などを通しても参加者それぞれの道を模索していきます。

確かに同時には学んでいき、ITのスキルを一気に高めてはいくけれども「特にプログラミングに特化する」「デザイン寄りで学んでいく」「英語を中心に考える」「ビジネスをメインに学ぶ」などそれぞれで参加者はバランスを変えていきます。それでもプログラミングのみを学ぶのとは雲泥の差があり、同時にマーケティングやデザインの勉強をしているからこそ、プログラミングの精度も上がってくるのです。

4教科のなかで個人個人の比重を設け、それをメンターも理解しつつ、各個人の成長をサポートしていくかたちのIT留学になります。

▶関連記事『「個人面談」でも参加者をサポート。人と人が向き合うIT留学として。

さらに自由度が高まる後半の3ヶ月

この個人の勉強の裁量の自由度は、半年コースの後半3ヶ月「実践期間」でさらに高まります。

WEBの案件に挑戦する人や、起業スタンバイに時間をかける人、まずは自作サービスをリリースしたり、オウンドメディアを開設する人も。

アクトハウスのIT留学にある自由度は「厳しいカリキュラムには原則沿って学んでいくけれども、個人の希望をできるだけ尊重する」というものです。参加者は「卒業後の自分のイメージに最も必要なインプットとアウトプットを選択」できるのです。

週一度で開催されているスタッフ会議でも、参加者それぞれの希望を共有し、ときにカリキュラム自体も変更やアップデートをし、組み替えていきます。

▶関連記事『毎週のスタッフミーティング。継続的な品質向上のIT留学を目指して。

まずはこの時代に必要なメインスキルを同時進行で基礎から抑えていく。そして決してどの教科も捨てないけれども、力の配分を変えていく。そしてたまに優先順位も入れ替えて勉強にメリハリも付ける。長丁場である6ヶ月コースの場合は特に、セルフコントロールも大切になってきます。

独自性の高いセブ島のIT留学として

アクトハウスのセブ島IT留学で学ぶ、この教科群。

プログラミング
英語
デザイン
ビジネス

強く繋がっている各教科同士を一緒に学ぶことで、本質的に理解をする。同時に、本来個別で学ぶ学習にかかる「お金と時間のコスト」を下げる。勉強効率の最大化を図っているIT留学です。アクトハウスの最新募集情報や価格については下記のリンクからどうぞ。

IT留学「アクトハウス」セブ島を詳しく見る

IT留学に関するご質問はLINEやフォームからどうぞ

IT留学のアクトハウスではご相談を毎日承っているので、起業やフリーランス、キャリアチェンジをもくろんでいる人は、

LINE

お問合せフォーム

からお気軽にご質問・ご相談ください。

また「IT留学説明会」も実施しているのでお気軽にどうぞ。

著者:アクトハウス編集部
IT留学アクトハウスの最新記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ