《プログラミング》講座レポート

03
《講師プロフィール》 山本 省吾
アジア・ベトナムでの起業スタートアップ、日本国内での一部上場の大手のエンジニア、海外でのITビジネス経験を多数持つフリープログラマー。日本随一のベンチャーにて重席を務め上げた経験も長きに渡る。
▶︎▶︎▶︎特別インタビュー「技術だけじゃないスキルを」


 
▶︎本講座の目的:プログラミングを理解し、サイト構築と運用ができる。
 


どのプログラミングを修得すべきか

講座内容ご紹介の前に、有名なこのコメント、元facebookの役員であるChamath Palihapitiya氏の言葉を見てみましょう。

We are in this really huge, secular transition away from degrees, towards skills. It no longer matters where you went to school, what you did. Don’t tell me you have an MBA. It’s irrelevant. It’s useless. Who gives a shit? Learn to code and you’ll be employed for the rest of your life.

「MBAを持っているかどうかは関係ない、しかもそれらは役に立たない。しかしコードを知っておけば一生、生活には困らない」

cp

たとえ話の生け贄となったMBAの前置きはさておき、プログラミングがいかに今後の世界において普遍的なものであるかが分かるコメントです。コードすなわちプログラミング、マークアップ。実際に、ITが国を支えリードしている先端国家のアメリカにおいても、プログラマーは圧倒的に足りていないという現状。facebookやdropbox、airbnbにUverなど先端のITサービスが飛び出すこの国においても、そのような状態が慢性的に続いています。

選球眼が必要

では、やみくもにプログラミングを覚えるべきかというと、そもそもそれは不可能に近いものです。このジャンルの言語とその使用方法は非常に多岐に渡るため、変化の激しいこの業界のなかで「何を優先して学んでいくか」の選球眼が重要になってきます。

流行の技術だけを追わない、自らのビジネスプランや人生計画を見据えると、技術の取得優先度は変わってきます。アクトハウスではこの多彩な選択肢のなかで「普遍的なプログラミング技術」を抑えるのみならず「それらの実用的な使いこなし方」を学んでいきます。また、参加者の成長度によっては本来カリキュラムに組み込んでいない言語や技術に入っていくときもあります。しかし全てに共通しているのは「現実的に仕事で使える、必要とされる技術」ということです。

sy_lesson

基本要素は急速に修得可能

アクトハウスinセブ島のプログラミング講座では、まず基本のHTML、CSS、javascriptを学びます。実際に講座のなかでは、一般的な知識のみならず、オリジナルの演習方法でこの基本〜応用を使いこなせるまでを最初のゴールに設定します。短期間で分かる、必要以上に壁にぶつからないための仕組みを講座に組み込んでいます。それに加えて、次の段階ではPHPに入っていきます。これらを基本要素としつつ、さらにWordPressやjQueryのようなフレームワーク・ライブラリ・ツール群もマスターしていくというのが大きな流れです。

実際の仕事で成長できる

そして身につけた技術を「実際の仕事」を通してリアルに使っていきます。机上の論理だけでは通用しない、さまざまなことが起こる「ITの案件」だからこそ、リアル技術を習熟していくことができます。そしてアクトハウス在学中に自分の実績、ポートフォリオを手にすることで、卒業後に起業やフリーランス、就職や転職といった活動に優位に入っていくことが可能です。

もちろん、参加者のそれぞれにより、プログラミング習熟度・成長スピードは異なります。アクトハウスでは、そういった事情に合わせ「個別フォロー」を大切にしています。メンターがいつでも近くにいる、同施設内で居住しているアクトハウスでは「いつでも質問できる」という、即効性のある体制を整えています。これは特にこのプログラミングというジャンルを理解をしていくには最適です。小文字ひとつでも間違えると画面が崩れてしまうこの世界では、いかにイージーミスをなくし、ツールを使いこなししつつ、自らもスキルを持っていることが求められます。成長の過程において、イージーミスの判明に半日かかったり、徹夜したり、土日をまるまるつぶしてしまうことなく、サクサクと解決できる場があるのがアクトハウスinセブ島の特長です。

cor

講座では、成長度によってRuby、Ruby on Rails、Android・Swift/Objective-C(iOSアプリ)等も指導することがあります。モバイルデバイス向けアプリ開発におけるナレッジも身につけることができる講座のスタンバイは、時代に対応した柔軟なメンター陣のスタイルそのものです。

アクトハウスのセブ島留学では、フロントエンド・エンジニアリング(プログラミング)においての海外でのスタートアップ、これからの時代に必要な具体的なスキルを紹介しながら、実践を交え取り組むことが可能となっています。
 
▶︎まとめ
すでに到来しているIoT(Internet of Things)時代において、無限の可能性を秘めたプログラミングは手堅く、そして未来の代表的な技術となります。初心者が数カ月後に、フリーランスとしてWebの大型案件のプログラミングチーフを務めるほど成長する、絞りに絞った無駄のない成長プログラム。セブ島留学のアクトハウスでは、人生を変える、大きなプログラミング経験を積んでいくことが可能です。
 

02
セブ島留学アクトハウスの「講座レポート」を公開中です。起業、海外フリーランス、グロースハッカーの経験と知見を積めるセブ島のIT留学。その各講座をご紹介します。

 


毎期完売の少人数締切です。
アクトハウスのセブ島留学へのご質問はお気軽にどうぞ。
skype
mail

このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー