決意の社会人IT留学。半年で「92万円」稼ぐエンジニアへ生まれ変わった

社会人。キャリアチェンジのIT留学

アクトハウス「2019年9月」卒業生の平賀さん。

大手外資系企業にて責任あるポジションを担っていたにも関わらず、自身が描く「ファッション×IT事業」を実現するスキルと思考実装のため、IT留学「アクトハウス」へ参加。

エンジニアリングできる起業家」というステージへの大胆なキャリチェンジを決意し、セブ島にやって来ました。

アクトハウス参加時に基礎からプログラミングを学び、デザインやマーケティング、英語についてもビギナーというスタートであった平賀さん。しかし在学期間中のWEB実践にて、これまで誰も実現することのできなかった記録を打ち立てることになります。

アクトハウスの「YouTubeチャンネル」にて、平賀さんのご自身のIT留学体験談インタビューを公開しています。

アクトハウス史上の新記録となるその偉業とは

アクトハウスの半年コースの後半3ヶ月に挑む「4つの実践」。

そのなかで最も厳しく人気も高いのが「WEB制作の実践」。仕事を探すことから始まり、金額交渉、打ち合わせや提案、見積もりなど、フリーランス同様の動きで「稼ぎ0円」からスタートする挑戦です。

このWEB案件トライにおいて、平賀さんは、

 

個人で「92万5千円」を稼ぎ出し、

 

平賀さんが所属した期のチームでは上記金額も合わせ、

 

トータル「113万円」を受注。

 

それまでのアクトハウス歴代受注額のトップが「個人85万円・チーム91万円」であったため、両記録を大きく引き離すことになりました。実践に入って3ヶ月、事実上は「2ヶ月半」ほどで獲得した金額です。

▶ 関連記事「IT留学中に実践するWEB案件トライ。受注額は新記録の「100万円」突破」

単に受注をするだけでも困難であり、なかなか仕事にありつけないのが通常ながら、平賀さんはリピート客も生み出す提案力で着実に受注金額を上げていきました。

下記は平賀さんご自身のtwitterでのつぶやきです。

WEB案件の詳細は?

それでは、平賀さんが実際に受注〜制作に至った「16の案件」内容を見ていきます。

 

飲食店サイト_デザイン変更
ECサイト_デザイン変更
企業コーポレートサイト_デザインのみ
教育機関サイト
企業コーポレートサイト
個人メディア_コンテンツ追加
ファッションブランドサイト
パンフレット制作
サービス業WEBサイト
飲食店サイト_多言語化
美容室WEBサイト
幼稚園WEBサイト
求人サイト
リクルートLP
ECサイト_ページ追加
個人メディア

 

BtoB(企業間取引)からBtoC(消費者との取引)まで、さまざまな業界のWEBブランディングとプロモーションの支援。プログラミングもデザインもマーケティングやビジネスとしての金額交渉や打合せも、すべてをチームや個人でこなしています。とても2ヶ月半でやりきったとは思えない仕事量です。

チームワークの勝利

そして数々の受注案件を、同期とのチームメイトでさばいていった協力体制も見事でした。

教え合いながら、お互いミスのないように進めていく。インプット講座にはない「クライアントに迷惑をかけられない」「喜んでもらわなければ意味がない」という状況。メンバーが全員プロフェッショナルとして毅然と立ち振舞い、次々と顧客満足度を上げて納品にこぎつけていきました。

この無理矢理なまでの難しい条件に立ち向かうのが、アクトハウスのIT留学の特長です。

▶ 関連記事「卒業間近の4月期生、案件の勝因。IT留学を最大活用したチームワーク」

スタッフやメンター、同期のIT留学生へのメッセージ

そして平賀さんは、セブ島を飛び立つその日に、スタッフにこんなメッセージを残してくれました。

誰もいない教室でこれを翌朝見つけたスタッフ、アクトハウスとして感無量の嬉しいハプニングでした。

この投稿をInstagramで見る

— 半年間の留学を終え、生徒さんが帰国したセブ島での翌朝。教室のホワイトボードに生徒さんからのメッセージが残されていました。初対面から始まり、一緒に悩み、学び、試行錯誤した6ヶ月間を思い出します。こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。また会えるそのときまで。 — ➡最新募集info ①10月期:完売 ②01月期:あと4名 ③くわしくは↓ プロフURLからもしくは、 — ✔「アクトハウス」で検索。 — #アクトハウス#acthouse#it留学#フィリピン留学#セブ島留学#海外就職#プログラミング留学#ビジネス留学#留学したい#留学する

アクトハウスさん(@acthouse)がシェアした投稿 –

未来をつかみ獲るIT留学

セブ島のアクトハウスはインプット講座の充実もさることながら、今回ご紹介した「WEB案件実践」もあるIT留学。

プログラミング
英語
デザイン
ビジネス

以上の4教科を3ヶ月学び、さらに後半3ヶ月で実践に挑むのが半年コース。

実践では何も仕事は用意されておらず、本当に制作案件がゼロの状態からのスタートとなります。一見厳しい条件ですが、フリーランスのエンジニアや起業家でも、社会では誰も仕事など用意してくれません。自分で取りに行けなければ始まらないのです。

それをこのIT留学期間中にやってのける、体感してしまうのが、セブ島のアクトハウスです。

▶ セブ島IT留学アクトハウスを詳しく見る

アクトハウスではご相談を毎日承っているので、起業やフリーランス、キャリアチェンジをもくろんでいる人は、

LINE

お問合せフォーム

からご相談を。

また「IT留学説明会」も実施しているので、そちらも利用可能。

なお、新期生募集の最新情報はこちらから

著者:アクトハウス編集部

▶ アクトハウスの最新記事目次へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

 セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

すべての記事・コラムへ