「朝・昼・夜の食事」はどうしてる?セブ島IT留学中の「ごはん」に注目。

セブ島でIT留学中の食事はどうしている?

フィリピンのセブ島。

日本とはわずか4〜5時間の飛行時間で到着する南国ながらも、言わずもがな価値観、宗教観、死生観も異なる本物の外国です。何か日本と似通っているようなところは…特にありません。

であれば当然異なってくるのは「食文化」。

アクトハウスのIT留学は半年コースが最も人気なため、ほとんどの留学が6ヶ月間をここセブ島で過ごします。

スペインやアメリカの植民地時代もあって東南アジアの一刻フィリピンでは、その個性的な食事も楽しみのひとつ。しかし、脂っこいものが多かったり、野菜が好まれている傾向は低いため、日本人としてはなかなか慣れるのに時間がかかってしまいます。それはアメリカ、スペインの食文化も色濃く残るっていることが理由のひとつと思われます。

もちろん野菜や果物などはスーパーや市場に行けば新鮮なものが手に入りますが。毎日自炊をしない人にとっては手軽に取れる食事はやはり気になるのもの。

アクトハウスの留学生は何を食事にしているかを見ていきましょう。

セブ島での朝・昼・夜の三食は?

●朝食

これは朝をとる人とそうでない人に二分されます。

アクトハウスのIT留学では前日の夜遅くまで勉強する人も多いため、朝は抜いている方も多いです。しっかり朝食をとる人は、アクトハウスの近くにあるパン屋さんで買ったパンのトースト、スーパーで買ったシリアルなどが多い模様。電子レンジやトースターも完備もアクトハウスではちょっと食事はすぐに取ることができます。

街角ではパンは「10円」で購入できるお店も。こういった格安の食事ができるのは、セブ島IT留学の大きな魅力。

●昼食

昼食はほぼ全ての方がとっています。最も多いパターンは2つで「アクトハウスまで来てくれるランチのデリバリー」と「徒歩2〜3分圏内のローカルレストラン」。

こちらの動画はそのローカルレストランへ向かう途中の生徒さんにインタビューしたもの。セブ島価格の激安ランチの価格を「50ペソ。100円とか120円くらい」と教えてくれています。この価格ならば自炊よりも安く上がる、というレベル。

アクトハウスの徒歩圏内に2件もこういったお店があります。

下のツイートもアクトハウス在校生のもの。

「写真のメニュー合計で40ペソ(80〜90円)」と教えてくれています。

 

●夕食

夕食は外食の人、自炊の人に分かれます。外食にも便利な立地のアクトハウスは、徒歩圏内に日本料理屋やアメリカンダイナー、カフェなどが点在。それぞれオシャレで清潔なため安心して食事することができます。この他にも裏道を歩いて大通りに出るとさらにカフェやレストランがあります。

自炊の人は市場やスーパーで買ってきた食材で料理。日本で手に入るものは概ね購入できるショピングモールもタクシーで10分ほどのため、週末などに買い出しに行く参加者が多いです。セブ島というと不便なイメージを持つ人もいますが、ひとたびショッピングモール内のスーパーに行けばその不安は解消することができるでしょう。

外食は、アメリカンフードから日本食までさまざまなラインナップが楽しめます。こちらは日本と変わらない値段を見ておいたほうがいいです。しかしお店によっては日本以上のクオリティのお店でも7~8割くらいの値段で食事できることも多いです。このあたり、お得で美味しいお店をアクトハウス生同士も情報交換をしています。

この投稿をInstagramで見る

セブ島でつけ麺。 #セブ島 #留学 #セブ #つけ麺

アクトハウスさん(@acthouse)がシェアした投稿 –

セブ島での飲み物は?

アクトハウスの住居では1つ約19リットルも入った水の大型ボトルを、ウォーターサーバーから汲んで各部屋で飲料水として使用しています。

これはコンドミニアムにまとめて注文することができ、なくなれば持ってきてくれます。水の注文は電話で英語でするので、ちょっとした日常英会話の練習にもなります。飲料水台は部屋ごとに割り勘をして代金を月末に運営に支払います。

なお学費には「水道光熱費」は含まれるため「水道」すなわちシャワーや洗い物にかかるお金を現地で支払うことはありません。あきらかな無駄遣いなどでない限りは電気代が追加で発生することもありません。ただし上記も「飲料水」の代金は各部屋ごとでシェアをする、というかたちです。

シェアといっても約19リットルの水は約200〜300円ほどと格安。安心して使用することができます。

▶ セブ島のIT留学アクトハウスを詳しく見る

食生活も安心できる環境のIT留学

立地という面でも静かで安全なアクトハウスでは、セブ島の高級住宅街と言われるエリアに存在します。そこはとても牧歌的で平和な街角、という風情なのですが、海外ではそういったゆったりした場所に富裕層が集まります。

▶ アクトハウスの住居周辺を詳しく見る

アクトハウスから歩いても各所レストランに行くもよし、タクシーでモールへ買い出しもよし。恵まれた環境です。アクトハウスでは、

プログラミング
英語
デザイン
ビジネス

これらの科目を学ぶ毎日になりますが、やはり勉強の合間の食事はあまり適当に済ませると体力にもかかわってきます。特にセブ島到着したての頃は、先輩期にお店や食事面・料理面でのアドバイスをもらうといいでしょう。

アクトハウスではご相談を毎日承っているので、起業やフリーランス、キャリアチェンジをもくろんでいる人は、

LINE

お問合せフォーム

からご相談を。

また「IT留学説明会」も実施しているので、そちらも利用可能。

なお、新期生募集の最新情報はこちらから

著者:アクトハウス編集部

>>アクトハウスの最新記事目次へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

 セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

すべての記事・コラムへ