案件受注総額「120万円」チームと個人の歴代売上をダブル更新。

本インタビューの概要

今回はアクトハウスのIT留学6ヶ月コースを卒業し、フリーランスとしての独立を予定している小林さんにセブ島でお話をうかがいました。

過去の最高額である「個人92万円・チーム113万円」を上回り、個人とチームともに歴代最高額を新たに記録した小林さん。未経験から留学6ヶ月目の出来事ですが、案件が始まったのは3ヶ月前。実質「3ヶ月」での達成となります。

▶︎「92万円」稼いだ過去参加者の記事は『決意の社会人IT留学。半年で「92万円」稼ぐエンジニアへ生まれ変わった』へ

案件総額「120万円」、チームと個人の歴代売上をW更新。

▶︎今回の小林さんの案件総額は?
「個人での案件総額が97万、同期の参加者も合わせたチームでの売上は120万になります」

▶︎歴代最高額をW更新しましたね。素晴らしいです。案件はどのような内容でしたか?
「内容としては主にコーディング案件がメインでしたが、そのほかにも卒業直前はWordPress案件も継続案件として獲得するなど、さまざまな案件の経験をしました。中心はコーディング案件ですが、コーディング以外でも様々な内容の案件がありましたね」

▶︎コーディング以外にはどのような案件がありましたか?
「また広告用バナーの設置・メンテナンスを行う継続案件や、コンタクトフォームの設置する案件も担当しましたね。チームメンバーの中には、コンペ形式のデザイン案件に応募をすることでデザインスキルを高めている参加者もいました」

▶︎幅広い内容の案件に触れましたね。
「あとはWebサイトの「レスポンシブ対応」を求める依頼も多くありましたね。「スマホでも見れるようにしてください」という要望が多く、スマホ対応になっていないWebページがたくさんあるな、という印象でした。そのような単発の案件もいくつか経験し、実績をひたすら積み上げた感じです。WordPress案件では、コーディングからWordPress実装までの一連のフローを担当しましたが、コーディング部分は卒業生に依頼をお願いするなど、卒業生と協力をしながら進めることもありました」

▶︎関連記事『WEB案件トライに突入。実践で「営業→打合せ→受注→制作→入金」まで

営業力やタスク管理、Webディレクションも

▶アクトハウスで成長したと感じた点は?
「うーん、そうですね。「留学前」と「卒業時」でかなり変わったかなって感じています。まず感じたのが「留学前」と「留学3ヶ月目」の違いですね。留学前は少し独学してコードを触るくらいのレベルで、1人でWebページを作ることもできませんでした。でも留学してから最初の3ヶ月間でコーディング基礎を学習し、後半4ヶ月目以降の実践カリキュラム前に、1人で1ページのWebサイトを作り上げる技術を身につけることができました」

▶前半3ヶ月はしっかりと基礎学習(インプット)、後半3ヶ月から「実践カリキュラム(アウトプット)」ですね。
「その実践カリキュラムを通して感じたのが「実践前」と「実践後」の違いです。実践期間ではクライアントを相手に本物の案件に挑戦するので、クライアントとお話ししながら「ここを修正してください」など、依頼内容には無いことも相談されたり、イレギュラーなことも多い。でも、だからこそ、対応力だったりクライアントとの接し方、営業の仕方、Webディレクションの手法、タイムマネジメントやタスク管理とか、実際にフリーランスや仕事に必要な要素を学ぶことができたと思います」

▶︎関連記事『取材と要件定義と提案力。本物のお客を相手に仕事スキルを磨くIT留学。』

フリーランスとしてのイメージが掴めた

▶「仕事力」や「稼げる力」も向上しましたね。スキルや技術面ではどうでしょう?
「技術面での成長はもちろんでしたね。実践期間中に1人で20ページのWebサイト制作案件をやりきる、というレベルまで引き上げることができました」

▶案件を通して、技術面でのスキルも上達してますね。
「でも、やはり大きかったのは技術面以外のことです。たとえばフリーランスになった時に、どのようにクライアントと関わるのか、どう継続案件を獲得するのか、見積もりはどうやって提出したらいいのか、クライアントへのレスポンシブはどう返答したらいいのか、という経験則をこの3ヶ月でぎゅっと学ぶことができました」

▶未経験からフリーランスへの道が見えてきましたね。
「そうですね、今後フリーランスでやっていくイメージがある程度掴めたなと改めて感じます」

▶関連記事『卒業生の30%が独立。未経験からのセブ島IT留学でなぜそれが可能なの?

動画インタビューで生の声も

動画インタビューにも答えていただきました。

案件にがむしゃらに向き合い続けた小林さんの「生の声」をどうぞ。

アクトハウス在学中の「実践期間」でWEB制作案件の個人総額「97万円」、同期生チーム全体で「120万円」を記録し、個人とチームの歴代最高額を上回るW更新を達成。本ムービーはアクトハウスに6ヶ月コースで入学した卒業生へのインタビュー動画になります。「プログラミング/英語/デザイン/ビジネス」の「4つのスキル」を学ぶセブ島のIT留学「アクトハウス」ならではの声をどうぞ。””ーーーーーーーーー””▶速報カウントダウン「新入生の募集情報」へ”https://acthouse.net/””▶「LINE」で質問する(友だち追加)”http://nav.cx/f4sxyCz””▶「ツイッター」で最新情報をチェック”https://twitter.com/acthouse_””▶「インスタグラム」で雰囲気を見る”https://www.instagram.com/acthouse/””▶アクトハウスの「公式サイト」はこちら”https://acthouse.net/””#IT留学 #セブ島留学 #アクトハウス

 

未経験からフリーランスへ第一歩

プログラミング未経験ながら、過去参加者を上回る歴代最高額「97万円」を叩き出した小林さん。留学中に「実績」と「経験」を積み上げて、フリーランスへの道もいよいよ見えてきました。

留学は、卒業後が本番。彼の今後の活躍に期待です。

【取材・撮影:アクトハウス編集部】

そのほかの体験談はこちらから

アクトハウスではさまざな参加者の体験談を随時更新しています。「コース」「男女」「年齢」など、目的に沿った内容で項目を絞ることが可能です。目次のページへは下記のリンクからどうぞ。

IT留学の体験談メニューへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島IT留学のアクトハウスとは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ