【対談】IT留学アクトハウスの6ヶ月を振り返って。

本インタビューの概要

今回は2019年12月にアクトハウスのIT留学「6ヶ月コース」を卒業した稲穂さん(写真左)小森さん(写真右)にインタビュー。対話形式でお話ししていただきました。

IT留学でアクトハウスを選んだ理由は?

小森さん「まず実際のWEB案件をやる実践期間があったこと、あとはプログラミングやデザインを日本人のメンターさんに質問ができる点が選んだ理由かな」

稲穂さん「私も実践はもちろんで、ほかにデザイン、英語、ビジネス、そしてプログラミングが学べることかな。そしてそれらを少人数制で教えてもらえそうだったし」

小森さん「他も検討したけど、私はビギナーだったし日本語で納得いくまでプログラミングの質問や理解をしたかったのでアクトハウスに決めた感じ。あとは課題や演習ではなく、本物の案件ができるものアクトハウスだけだったから」

稲穂さん「友達にも相談したりして、どこがいいか考えてたんだけど、アクトハウスは基本的に押さえておくプログラミング技術を勉強できるので良いなと思って」

小森さん「アクトハウスのサイトを見て、何ができるようになるかの目的がわかりやすかったのも」

稲穂さん「あとは卒業生の進路実績も。いろいろな人が起業やフリーランスで独立したりしてたので、いろいろしっかり学べそうだなって」

▶関連ページ『卒業後の進路』へ

アクトハウスではどのような勉強しましたか?

小森さん「技術面はもちろんだけど、仕事や案件で役立つ知識も習得できたのが良かったと思う。例えば、コーディングをする際に、ただコードを打つのではなく、他のコーダーやプログラマーも見やすいように「規則やルール」を決めて打つのが重要だとか。他のコーダーがメンテナンスしやすいコードの書き方や「コードを少しでも短くする」「行を少しでも減らす」やり方は、メンターさんから何度も教えてもらった重要な考え方だった」

稲穂さん「フリーランスやデザイナーとしても活躍してるメンターさんから習えるのは良い点」

小森さん「実際に独立しているメンターさんに教えてもらえるので。ああ、こういうところが仕事で重要なんだなといろいろ実感できた」

稲穂さん「もうメンターは「神」みたいな存在でしたよ、言いすぎですかね(笑)。でも本当に私の人生を変えてくれたので。分からない箇所を質問した時も、ただ答えを教えずヒントを出してくれたりして、自分で考える思考・癖もついた。メンターさんもそれに対して、ずっと親身に付き合ってくれたのはありがたかったなと。例えばプログラミングは質問しようにも疑問を言葉で説明するのが難しいときもあるので、日本人のメンターさんで本当に良かった」

▶関連ページ『プログラミングは安心の「日本人メンター」

朝8時台からの講座に始まり、夕方は「セルフスタディ(自習)」「オフィスアワー(質問タイム)」そして「課題や予習復習」、実践期では「WEB案件対応やサービスリリース」など勉強に集中するIT留学。知識と技術、知見と経験を積み重ね1日平均15時間。「勉強するIT留学」がセブ島のアクトハウスです。”””▶速報カウントダウン「新入生の募集情報」へ”https://acthouse.net/””▶「LINE」で質問する(友だち追加)”http://nav.cx/f4sxyCz””▶「ツイッター」で最新情報をチェック”https://twitter.com/acthouse_””▶「インスタグラム」で雰囲気を見る”https://www.instagram.com/acthouse/””▶アクトハウスの「公式サイト」はこちら”https://acthouse.net/””#IT留学 #セブ島留学 #アクトハウス

案件はどうでしたか?

稲穂さん「案件をやるなかで、ディレクトリの分け方、変数の書き方、など、現役メンターの整理の仕方や仕事の仕方を学べました。メンターさんがこれまで培ってきた仕事術や知恵を共有してもらえるのってとても貴重だなと。インターネットで検索した情報は古かったりするけど、メンターさんは現役で仕事をしてるので、常に最新の情報を共有してくれる」

小森さん「デザインメンターさんも、最新のデザイントレンドの情報など教えてくれたね」

稲穂さん「私が案件でのTOPページ制作でリーダーを担当した時があったんですが、誰よりも作業を早く終わらせてないといけないのでとても大変で。ディレクションする際は自信がないと他の人に指示出しできないし、言えない。案件を通して調整力やスケジュール管理、リーダー力などを実践を通して知ることもできて」

▶関連ページ『カリキュラムは「実践型」で安心

課題と案件の違いって?

小森さん「課題はイレギュラーなことが起きないけど、実際の案件だと、想定外のことが起きるし責任もあるよね」

稲穂さん「課題みたいに「もういいや」と途中で投げ出すこともできないし」

小森さん「課題は課題で実力はつくと思うけど、実際の案件では予期せぬことが起きるので、それに対応しなければいけなくて。規模の大きい案件、小さい案件などいろいろなシチュエーションを体験できたな」

稲穂さん「プレッシャーが違いましたね。案件に対するハンドル力、課題では到底ないイレギュラーなことに対応する力を養えた」

▶関連記事『IT留学中に実践するWEB案件トライ。受注額は新記録の「100万円」突破

半年コースの後半3ヶ月は「実践」となるアクトハウス。ここでは課題でなく実際のお客に営業し「WEB案件」を受注し納品までをフリーランスとして挑戦します。実践前には先輩期から後輩期へ案件トライにあたっての情報共有・引き継ぎを行います。これはメンターは入らずに生徒のみで行われるミーティングです。””””「実践メニュー」としてはWEB案件の他に「起業トライ・スタンバイ」や「メディア制作と運営」「海外イベント開催」があります。この実践期間は「プログラミング/英語/デザイン/ビジネス」を学ぶIT留学のアクトハウスの大きな特長のひとつです。””▶速報カウントダウン「新入生の募集情報」へ ”https://acthouse.net/ ””▶「LINE」で質問する(友だち追加) ”http://nav.cx/f4sxyCz ””▶「ツイッター」で最新情報をチェック ”https://twitter.com/acthouse_ ””▶「インスタグラム」で雰囲気を見る ”https://www.instagram.com/acthouse/””▶アクトハウスの「公式サイト」はこちら”https://acthouse.net/””#IT留学 #セブ島留学 #アクトハウス

IT留学前と後で変わったことは?

稲穂さん「なにより問題の解決能力がついたこと。案件は課題と違って、制作後はサーバーにアップされ、さまざまな方に見られるものだし、だからこそいろいろ想定して制作しなければならないので、予測力、想定力などもついたかな」

小森さん「スキル・技術はもちろんだけど、この案件が自分にできるかどうかを感覚的に予測できる力や、分からないことを調べて解決策を見つける力が身につきましたね」

稲穂さん「留学に来た時は正直、絶対フリーランス無理だなと思ってました(笑)。でもつい最近ですが、案件を経験してメンターさんや先輩の参加者と接する中で、だんだん自信がついてきて。「デザインとプログラミングとビジネスのスキルで案件をやりきった!」という自信があるので、いまは「フリーランスいけるかも」と思い始めてるんです。そんな心境の変化が、留学中で一番変わったことかも」

▶関連記事『未経験から起業、異業種からエンジニア転職。IT留学の事例「7パターン」

将来の進路は?

小森さん「就職活動をして、IT企業での就職を目指しつつ、同時にフリーランスとして案件を受諾していこうと思っています」

稲穂さん「最初は無理と思ったフリーランスが、この留学で自信がついたことにより現実になってきて。なので、まずはフリーランスに挑戦することに。そして将来的には大理石の家に住めるようになりたいですね(笑)」

【取材・撮影:アクトハウス編集部】

そのほかの体験談はこちらから

アクトハウスではさまざな参加者の体験談を随時更新しています。「コース」「男女」「年齢」など、目的に沿った内容で項目を絞ることが可能です。目次のページへは下記のリンクからどうぞ。

IT留学の体験談メニューへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島IT留学のアクトハウスとは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ