いまどきクラウド用語入門「SaaS/PaaS/IaaS」って何?

まず「クラウド」ってなに?

クラウド。

A.I.やIoTという言葉と共に、近年定番化しているこの言葉。

今日はこの「クラウド」で展開されるサービスを3つご紹介いたします。

まずクラウドとはなんでしょう?

クラウドとは「ユーザーが大がかりなインフラやソフトウェア、ハードウェアなどを用意しなくても、WEB上でさまざまなサービスを使える空間・概念」のこと。正確には「クラウドコンピューティング」と言います。

「クラウド=雲」の名の通り、みんなの頭上に手軽で便利なサービスがフワフワと浮かんでいるイメージです。

クラウドは見えざる立役者

自分のパソコンやスマートフォンのスペックが標準的でも、高額なソフトをインストールしたりカスタマイズしなくても。

WEB上に浮かぶクラウドにアクセスすれば高機能のサービスを使える、という概念・環境・サービスの総称がクラウド。

後にも少し出てきますが、Google提供の「Gmail」や「YouTube」もクラウドによるサービス。

私たちはネット環境があればそれらのサービスにアクセスし、すぐに使うことができます。

実は「Gmail」も「YouTube」も「Dropbox」も「salesforce」も、それらの機能やデザイン、UI/UXだけがすごいのではありません。

そこには当たり前すぎて見えない影の大きな立役者「クラウド」が存在しているのです。

クラウドの3大サービス形「SaaS/PaaS/IaaS」

そんな、私たちの生活に欠かせないものになっている「クラウド」のサービスですが、これは大きく3つの属性に分類できます。

それが「SaaS」「PaaS」「IaaS」。

今日はこれら3つをそれぞれご紹介していきます。

では順番にいってみましょう。

 

SaaS

私たちの生活に最も身近に感じられる著名サービスが多いのがこの「SaaS」。ソフトウェアをクラウド上でユーザーに提供します。わざわざお店まで行ってソフトを買ってパソコンにインストールする手間などありません。データもWEB上に保存されるのでサーバーを用意する必要ももちろんありません。みなさんもパソコンやスマートフォンでGmailやYouTubeを使うのに、大掛かりな準備や別途費用はいらなかったですよね。このように「SaaS」は私たちに最も身近なITサービスと言えるかもしれません。

✅「SaaS」カンタン5つのまとめ

①略称:SaaS
②読み方:サース
③正式名称:Software as a Service(ソフトウェアのサービス)
④代表サービス:Gmail/YouTube/facebook/Salesforce/Kintone
⑤特長:インターネット経由でサービスを提供

 

PaaS

アプリ開発をするエンジニアに馴染みあるのがこの「PaaS」です。前項の「SaaS」と異なるのはソフトウェアだけでなく、それを実行する環境も利用できる点。プログラミング言語なども設定されているので、エンジニアは開発に専念できるのが魅力。Google Apps EngineではJAVA、PHP、Python,GOなどの言語環境が整っています。

✅「PaaS」カンタン5つのまとめ

①略称:PaaS
②読み方:パース
③正式名称:Platform as a Service(プラットフォームのサービス)
④代表サービス:Google Apps Engine/Microsoft Azure
⑤特長:インターネット経由でアプリ開発環境を提供

 

IaaS

システム構築に必要となる仮想サーバやファイヤーウォール、ハードディスクなどのインフラをネット上で提供します。前項まででご紹介した「SaaS」「PaaS」よりもさらに自由度が高く、サーバー構築に求められるメモリやCPUなどの環境を、クラウド上に仮想化しています。

✅「IaaS」カンタン5つのまとめ

①略称:IaaS
②読み方:イァース/アイアース
③正式名称:Infrastructure as a Service(インフラのサービス)
④代表サービス:Google Compute Engine/Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)
⑤特長:コンピュータのシステム構築の基盤を提供

IT用語は略語に混同せず翻訳しよう

「SaaS」「PaaS」「IaaS」。

一見似たような言葉が並び、なおかつ専門性も高そうで少し構えてしまいますが、それぞれ直球でサービスの内容を表している略語に過ぎません。

最後にまとめると、

 

✅SaaS:Software as a Service

→「ソフトウェア」としてのサービスのこと。

 

✅PaaS:Platform as a Service

→「プラットフォーム」としてのサービスのこと。

 

✅IaaS:Infrastructure as a Service

→「インフラ」としてのサービスのこと。

 

この他にもスマートフォン向けのウェブアプリ機能を提供してくれる「BaaS:Backend as a Service」「mBaaS:mobile Backend as a Service」もあります。両者はモバイル向けの開発環境のサービスであり同じ意味です。

新しく感じる言葉がITには次々と出てきますが、まずクラウドでは今回の「SaaS」「PaaS」「IaaS」を覚えておきましょう。

テクノロジーを学ぶIT留学

本記事は現代テクノロジーの代表格「クラウド」についてご説明しました。このようなITの知識、プログラミングのスキルを磨きつつも、

プログラミング
英語
デザイン
ビジネス

以上の「4教科」を学べるIT留学があります。それがセブ島の「アクトハウス」。未経験からのフリーランスや起業、初心者からのIT業界転職や海外就職を実現しているIT留学です。もっと詳しくは下記リンクからどうぞ。

IT留学「アクトハウス」セブ島を詳しく見る

View this post on Instagram

— 英語とプログラミング、ビジネスとデザイン。さまざまな分野でこの複合スキルとセンスが求められる現代。 — 最初は誰だって未経験。荒削りでいい。まずは飛び込んで学んでみる。ハードな半年間の先には新しい世界が待っている。 — ➡特報!4月スタート期「1名・男性」空き出ました。インスタからのお問合せはもちろん、プロフィールURLからの募集ページにてLINEやフォームからのご相談もOK。ラストチャンスをお見逃しなく。 — 詳しくはプロフURLからもしくは↓ — ✔「アクトハウス 生徒募集」で検索。募集ページに進めます。緊急ラスト1名枠、ご相談はお早めに。 — #アクトハウス#acthouse#it留学#ビジネススクール#プログラミングスクール#フィリピン留学#セブ留学#セブ島留学#海外起業#海外就職#プログラミング留学#ビジネス留学#IT留学説明会#留学したい#留学する#転職したい#転職する

アクトハウス@IT×英語×ビジネス留学さん(@acthouse)がシェアした投稿 –


 

IT留学に関するご質問はLINEやフォームからどうぞ

アクトハウスではご相談を毎日承っているので、起業やフリーランス、キャリアチェンジをもくろんでいる人は、

LINE

お問合せフォーム

からお気軽にご質問・ご相談ください。

また「IT留学説明会」も実施しているのでお気軽にどうぞ。

著者:アクトハウス編集部
アクトハウスの最新記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ