フリーターから「フリーランスのデザイナー」に。

本インタビューの概要

今回はアクトハウスのIT留学を卒業後、フリーランスのWEBデザイナー・エンジニアとなった稲穂さんにお話をうかがいました。

アクトハウスに参加する前は?

▶参加前はどんなお仕事をされてたんですか?
「小さいときから音楽が好きで、よくある話かもしれませんが、歌手になりたいと思っていたんです。高校を出てすぐ、アパレルショップとジャズラウンジでのアルバイトを掛け持ちしてお金を貯めて。その後、上京して音楽系の専門学校に通いました」

▶夢を持って東京へ、と。
「そんなところです(笑)。専門学校を卒業してからは、ボイストレーナー・ライブハウスのスタッフ・飲食店での接客と、複数のアルバイトを掛け持ちしていました。そんな日々が過ぎて行く中で、ふと、私このままでいいのかな・・・と思うようになって・・・」

▶将来が不安に思えたんですね。
「ライブハウスのアルバイトでは、独学ながらフライヤー(チラシ)の制作を行なうことがあったんです。それで、デザインって面白いな、もっと本格的に学んでみたいな、という気持ちになりました。その頃、知人からも、プログラミングを学ぶといいよってアドバイスももらっていて、それなら、デザインとプログラミングを学ぼうといろいろ調べていたら、両方学べるアクトハウスを見つけました。英語もビジネスも勉強できるし、おトクやん、と」

▶関連ページ『プログラミングとデザイン、英語とビジネスを学ぶIT留学の価値。

実際にIT留学へ行ってみて

▶留学中に辛かったことはありましたか?
「最初の2ヶ月間は、とにかくプログラミングで心が折れました・・・。いま思い返してみれば、自ら考えるクセがついていなかったが原因かな、と思います。最初のうちは深く調べることもしなかったし、調べ方もよくわかってなかったですし」

▶どうやって突破したんですか?
「メンターに励まされながら、とにかくわかるまでやり込んだこと。自分で一生懸命調べ、わからないなりに試してみて、ということを何度も何度も繰り返しました。さらに実案件が始まると、納期がある中で問題解決をしなければならない状況に身をおくことになるので、やるしかない、と。そうこうしているうちに、考えたり調べたりすることが楽しくなって来て、少しずつ苦手意識がなくなっていきました」

▶英語はどれくらい伸びましたか?
「英会話講義はマンツーマンなので、とにかく話さないと気まずいんですよね。でもそうやって話していたら、日常会話には困らないくらいにはなりました。今は、英語で話すのも、話しかけられるのも、苦にならないですね」

▶卒業後の進路は、どのように考えていましたか?
「これまで正社員としての就業経験がなかったので、絶対就職!と考えていました。3ヶ月目くらいから案件をやるようになって、案件をこなす日々が続き、6ヶ月目、卒業間際になって、意外にフリーランスでもいけるのかな、と思うようになりました。音楽に関わる仕事はやりたかったし、それならフリーランスのほうが時間を作りやすいんじゃないかと思うようになったんです」

▶関連記事『卒業生の30%が独立。未経験からのIT留学でなぜそれが可能なの?

IT留学を卒業後の今は?

▶お仕事は順調ですか?
「卒業後すぐ、アクトハウスの運営会社でもありWEB制作・システム開発会社でもあるカグラの制作チームからお声掛けいただき、人材系の企業に週2〜3日程度の常駐でお仕事をしているのと、受託制作としていくつかの案件を担当しています。結構忙しいですね(笑)。案件では、サイトリニューアルのコーディング、ロゴデザインなどをやっていますが、デザインもプログラミングも両方楽しいです。他に、楽曲制作のお仕事もしていますし、音楽に関わることも1日数時間ずつ、できていますね」

▶関連ページ『卒業後のサポート』へ

▶アクトハウスで学んだことは活きていますか?
「アクトハウスのビジネスカリキュラムは、社会に出たときに役に立つだろうな、という知識がいっぱい詰まっていました。それに、プログラミングの講義で学んだコードの書き方やライブラリの使い方は、最新の技術要素だったので、案件対応するときに何の違和感もなく使えています」

▶アクトハウスのIT留学前後では何が最も変わりましたか?
「他人と話すときに、セブ島でIT留学してきた、ということ自体に興味を持ってもらえるのがものすごく大きいです。フリーランスとして仕事をいただく上で、自分自身に興味を持ってもらうことは大事な要素ですから。とにかく、あのとき留学するときを決断してよかったなと思っています。留学に行く前に思い描いていた、こんなふうに生きていきたいな、という想定通りになってるので」

▶関連記事『「口コミ」で評判のIT留学。アクトハウスが高支持率を獲得している理由

【取材・撮影:アクトハウス編集部】

そのほかの体験談はこちらから

アクトハウスではさまざな参加者の体験談を随時更新しています。「コース」「男女」「年齢」など、目的に沿った内容で項目を絞ることが可能です。目次のページへは下記のリンクからどうぞ。

IT留学の体験談メニューへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島IT留学のアクトハウスとは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ