現役大学生で「フリーランスのフロントエンド・エンジニア」に。

本インタビューの概要

今回はアクトハウスのIT留学を卒業後、大学生でフロントエンド・エンジニアとなった神谷さんにお話をお伺いました。

アクトハウスで学んだことは?

▶実践期間でのクライアント対応案件はどのようなものが多い?
「いまやっている案件は、HTML・CSSを使って、それをWORDPRESSに移行しプラグインや機能を追加するなどをやっていますね」

▶アクトハウスの良さをどこに感じる?
「授業が終わったあとでも、自分でやったデザインなんかをメンターさんに聞いたりしながら、自分の力で進みつつもサポートしてもらえるところです」

自分で営業し案件を獲得

▶今月卒業となりますが、どれくらいの実績が出ていますか?
「9月現時点での案件の個人実績は件数『7件』で、売上が『17万円』です」

▶どのような案件が印象に残っていますか?
「LP(ランディングページ)を自分で営業で獲得でき、顧客にもご満足いただけたので自分のなかで大きな自信になっています」

▶関連記事『IT留学中に実践するWEB案件トライ。受注額は新記録の「100万円」突破

「プログラミング/英語/デザイン/ビジネス」の「4つのスキル」を学ぶセブ島のIT留学「アクトハウス」。本ムービーはアクトハウスに2019年4月に入学し2019年9月に卒業した神谷さんへの卒業インタビューです。””ーーーーーーーーー””▶速報カウントダウン「新入生の募集情報」へ”https://acthouse.net/””▶「LINE」で質問する(友だち追加)”http://nav.cx/f4sxyCz””▶「ツイッター」で最新情報をチェック”https://twitter.com/acthouse_””▶「インスタグラム」で雰囲気を見る”https://www.instagram.com/acthouse/””▶アクトハウスの「公式サイト」はこちら”https://acthouse.net/””#IT留学 #セブ島留学 #アクトハウス

やるべきことが見つかった

▶アクトハウスで過ごした6ヶ月の感想は?
「まずアクトハウスに来て良かったなと思っていて。同じ気持ち、同じ志をもった仲間に出会えて、人生のなかで財産になったなということですね」

▶何を得ることができましたか?
「やりたいこと、好きなことというよりも「自分でできること」が増えて、そのなかでやるべきことが見つかったので、大きな成長をしたんじゃないかなと思っています。それは今後の人生の糧になると思います」

▶関連記事『卒業間近の4月期生、案件の勝因。IT留学を最大活用したチームワーク。

現在は大学生フリーランスとして活動中

神谷さんは2019年、大学を休学してアクトハウスのIT留学に参加し9月に卒業。帰国後はフリーランスのフロントエンド・エンジニアとして活動中。休学中に個人事業主の届けも出す準備を進めています。フリーランスとして、さらにエンジニアとして企業常駐もパラレルワークとして受諾しており、月収も現役大学生ながら新卒以上を稼いでいます。

▶もっと詳しい神谷さんの記事は「未経験から現役大学生でフリーランス・エンジニアに。IT留学体験談。」へ

【取材・撮影:アクトハウス編集部】

そのほかの体験談はこちらから

アクトハウスではさまざな参加者の体験談を随時更新しています。「コース」「男女」「年齢」など、目的に沿った内容で項目を絞ることが可能です。目次のページへは下記のリンクからどうぞ。

IT留学の体験談メニューへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島IT留学のアクトハウスとは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ