いきおい起業のその前に。「3つの現実」と向き合おう。

起業の前に

起業の前に「直視すべき現実」を見よう

起業は人生を変え、頭脳と人間性を著しく進化させる。うまくいっても、いかなくても。

しかしその前に、直視すべき現実が「3つ」ある。

起業するその前に、シンプルな「自社診断」だけはしておこう。

会社は、どうすれば存続できる?

まず前提を。

会社は、どうすれば存続できるのだろう?

それをシンプルに整理してみよう。


1. お客は「集客」によりやってくる。
2. そして「商品・サービス」にお金を払う。
3. 最後に「お金が入る」と会社は存続する。


要約すると、

① 集客

② 商品

③ 現金

どれかひとつが欠けていても、商売はまったく続かない。

ではさっそく「3つの自社診断」に入っていこう。

51296-business-technology

チェック① 集客

集客できる「営業マン」はいるか?
集客できる「ホームページ」はあるか?


「自分が営業も制作もがんばりゃいい」「ホームページはとりあえずで」と、気合いと後回しを混同してないだろうか。起業後にそんな余裕はないことを知っておこう。必要なのは、対面で仕事を取ってきて、さらに顧客対応ができる人。 同時に、サービスを魅力的に表現できているホームページ。人間同士のリアル営業、そしてバーチャル世界のWebサイト営業という2つの利益の入り口を固めよう。

起業前の自己診断

チェック① 商品

「起業前」から売れてるか?


実はオリジナリティや競争力よりも、もっと大事なことがある。知り合いや友人はあなたの商品やサービスに「いいね!」「欲しい!」「頼んじゃおうかな?」とは言ってくれる。でもそれだけだ。実際に利益を生んでないなら、それを直視しよう。会社を作ることを目的にせずに、社長になることを目的にせずに。「起業する前から、リアルにお金が発生したか」で判断しよう。それがあなたの考えた商品、サービスへの世間の評価だからだ。

29153-stock-photo

チェック③ 現金

「現金」は残るのか?


会社の存続は「現金のあるなし」だけだ。毎月、現金がどれだけ口座に残せるか? 準備金、入金と支払いのタイミング、焦げ付かないためのサイクルは出来てるか? お金が苦手、詳しくない、何となく、という若手社長が何と多いことか。準備不足の破綻の代償は大きい。スタンバイの備えはしっかり組んでおこう。

会社の存続

当たり前の三原則

夢を見ず、プライドはさておき、感情や気合いも排除する。

① 集客

② 商品

③ 現金

世の中の経営者がわざわざ口に出すことは少ない、当たり前の三原則。

起業するその前に、この3つを直視しよう。

著者:清宮 雄
フィリピン・セブ島在住。「プログラミング/英語/デザイン/ビジネス」を学ぶIT留学「アクトハウス」代表。▶ セブ島のIT留学「アクトハウス」を詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

 セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

すべての記事・コラムへ

  • 募集情報
  • お申込み
  • 資料請求
  • LINEで質問