仕事で信頼を失う「3つのキケンな言葉」に気をつけよう【ビジネスのNGワード】

仕事の会話に気をつけよう

仕事は「言葉」で成り立っている

社会に出て働くようになると、実にさまざまなキャラクターの人たちと仕事を共にすることになります。

それぞれが仕事に追われないよう、約束をやぶらないよう、時間や締切と戦いながら粛々と作業を進めています。取引先や仕事上のパートナーは、同世代のクリエイターであったり、会社の上司や先輩、部下や後輩であったり。

みんな出身や考え方、こだわりや譲歩の範囲もそれぞれです。だからこそ、慎重な発言が必要です。

ビジネスの会話

「3つ」のキケンな言葉

任務や時間と格闘しながら、ひとつの目標に向かって複数の人間で動いているとき。「発すると危ない言葉」があります。

何らかで指摘やツッコミを受けた際、自分を擁護しようとするあまり、瞬間的に口に出る言葉。

しかしそれは時に、パートナーや同僚、上司や部下の信頼を著しく失墜することになりかねません。

今日はそんな言葉のなかから「3つのキケンな言葉」をとりあげます。

 


 

わかってます

知ってます

やろうと思ってました

 


 

心当たりはないでしょうか。
 

ビジネス会話できてますか?

SNSやメールも「会話」である

誰かに指摘を受けたとき、注意されたとき。

鋭い意見が出たとき、ツッコミを受けたとき。

思わず、

「わかってます」
「知ってます」
「やろうと思ってました」

が出てしまうと、相手に不快感・違和感を与えてしまいます。

もちろん会話のみならず、SNSやメールも同様です。
 

ビジネス社会のなかで

「仕事」とは非日常の世界でもある

これが気を許せる友人同士のやりとりならば、理解を示してくれるかもしれません。しかし仕事という「ビジネスのステージ」は、プロとプロの真剣勝負の世界。

休日やプライベートとは異なる「やたら厳しい非日常な世界」であることを認識しておく必要があります。怖気づく必要はありませんが「相手はキレやすく、張り詰めている」という一応の想定をして損はありません。

そんな異質な世界のなかで、悪気はなくとも不快感・違和感を感じさせるデンジャーワードを使い続けていると、地味に距離を置かれてしまいます。

相手の忠告や指摘に対し、素直なお詫びや改善のアイディアを提示できないこと。3つのキケンな言葉は、ビジネスシーンにおいて頻繁に耳にする、まさに「命取りの言葉」です。

オフィスのイメージ

ビジネスで求められる「一瞬の誠実さ」

いつでも真摯に、パートナーと向き合う。共にミッションを遂行するチームメイトにこそ、ましてやクライアントには絶対に「間違った見栄」を張らない。かといって、むやみやたらに謝れば責任感の欠如を問われます。

重要なのは「一瞬の指摘に対し、一瞬の誠実さを出せるか」。

技術や知識のみを伸ばしていても、大きな夢を語っていても、目の前の仕事への配慮が欠けていれば、評価は下がる一方です。

ビジネス上のやり取りとは、時間が限られているもの。面倒な話ですが、だからこそつまらない言葉のプチミスを避け続け、スマートに着地させる必要があります。

細かい一言、そして機微。総じて人間関係にもしっかり注力できる「謙虚さと余裕」を身につけておくこと。

一見地味な、それら気配りの積み重ねは、その仕事をスムーズにゴールへと導く重要な潤滑油となってくれます。

ビジネスを学ぼう

今回とりあげた「ビジネスでの言葉」。

しかしこれは日常的な練習しようとも、どうしても社会では「就職や転職してぶっつけ本番」になるゆえ、なかなか身につかないスキルです。

この便利なIT時代だからこそ、さらに求められるようになった「仕事のスキル」。これを実践で学ぶ場所が、セブ島にあるIT留学アクトハウス。

ビジネス講座やIT仕事の実践がある、珍しい留学です。実践はまぎれもない本番ですから、メールの一語一句にも慎重に取り組みます。

そしてプログラミングやマーケティング、集客やデザイン、もちろん英語も学ぶ。

きつい半年を耐え、ここから未経験からの起業家やフリーランサー、ビジネスパーソンが飛び出しています。

ビジネスに興味があるが何から始めていいのかわからない人や、プログラミングやマーケティングの勉強はなんとなく必要だと思っていたり、英語の勉強をし直したい、という人がいたら。

View this post on Instagram

— ここで学べるのは、 — ①起業・フリー独立 ②プログラミング ③英語 ④ビジネス ⑤デザイン — 起業家でもフリーランスでも、会社員でも海外移住でも。自分の裁量で生きることができる、稼げるスキルを。 — ➡緊急特報!4月スタート期「1名・男性」空き出ました。インスタからのお問合せはもちろん、プロフィールURLからの募集ページにてLINEやフォームからのご相談もOK。ラストチャンスをお見逃しなく。 — 詳しくはプロフURLからもしくは↓ — ✔「アクトハウス 生徒募集」で検索。募集ページに進めます。緊急ラスト1名枠、ご相談はお早めに。 — #アクトハウス#acthouse#it留学#ビジネススクール#プログラミングスクール#フィリピン留学#セブ留学#セブ島留学#海外起業#海外就職#プログラミング留学#ビジネス留学#IT留学説明会#留学したい#留学する#転職したい#転職する

アクトハウス@IT×英語×ビジネス留学さん(@acthouse)がシェアした投稿 –

ご相談は毎日承っているので、お気軽に、

LINE

フォーム

からどうぞ。

また「IT留学説明会」も実施していますので、そちらもご利用いただけます。

新期生募集の最新情報は下記のリンクからどうぞ。

▶ セブ島のIT留学「アクトハウス」を詳しく見る

著者:清宮 雄
「プログラミング/英語/デザイン/ビジネス」を学ぶIT留学「アクトハウス」代表。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

 セブ島のIT留学「アクトハウス」とは?

すべての記事・コラムへ