奄美大島でカレーダイニングを「起業」。

本インタビューの概要

今回はアクトハウスのIT留学を卒業後、地元の鹿児島県・奄美大島で起業した弓指さんにお話をお伺いしました。

IT留学のアクトハウスについて

▶IT留学をしようと思ったきっかけはなんでしたか?
「僕は高校を卒業と同時に、調理師免許を取得しました。そしていつか独立したいなと思い、和食洋食の基礎をみっちり学んでいる毎日の中で「美味しくても潰れるお店がある」という現実を知り。自分が起業するのであれば、ビジネスやブランディング、マーケティングを学びたいと思いアクトハウスのIT留学を決めました」

▶アクトハウスの授業で起業時に役立ったものは?
「僕の場合はアクトハウスで得たもの全てが役に立ちました。知識や技術、そして何より自信ですね。」

▶「プログラミング/英語/デザイン/ビジネス」を学ぶのは大変でした?
「正直、とてつもなく大変でした(笑)。当時の、料理の世界しかしらない僕からするとですが。ただこの経験があったからこそ挑戦し続けられる今があります」

▶どんな人にアクトハウスは向いていますか?
「これはズバリ「自分次第」です。起業したい!ノマドワーカーになりたい!お金持ちになりたい!そういう熱い想いとエネルギーがあるけれど、なかなか最初の一歩が踏み出せない方に1番向いてると思います」

そして起業。「SPICE MAFIA(スパイスマフィア)」とは?

▶アクトハウス卒業後、地元の奄美大島でカレーダイニング『SPICE MAFIA(スパイスマフィア)』を起業されました。
「はい、日本に戻って来てから約2年、資金作りや事業計画、スタッフ、店舗設計など全ての準備に走り回りました」

▶スパイスマフィアはどんなコンセプトのカレー屋さんなのでしょう?
「創業からのコンセプトは『Life with good spice』です。このスパイスにはお店の名前と掛けたカレーという意味のみならず、英語でのもうひとつの意味『活気を与える、面白みを加える』という気持ちも込めています」

▶実際に起業し「社長」をやってみての面白さ、難しさは?
「これはどちらも『選択』ですね。これは人生においてもそうですが。それこそコンセプトはどうするか、ターゲットはどうするか、器の色は?照明の色は?全てが『選択』の連続。自分の知識や経験で、お店が潰れるか伸びるか決まります。そこが面白さでもあり厳しさですね」

▶今後のビジネス展開は?
「1年目はブランディング、そしてメディアに出たりなどの広告に力を入れました。今後はOEMからですが、レトルトやスパイスソルト等の物販に力を入れてAEONさんやKALDIさんを相手に商談を進めていきたいと思っています」

【取材・構成:アクトハウス編集部】

店舗情報とインスタグラムはこちら

弓指さんの「SPICE MAFIA(スパイスマフィア)」ではSNSを使った告知宣伝やマーケティングを行っています。ぜひチェックしてみてください。ホームページは現在制作中です。

【SPICE MAFIA 店舗情報】

◼住所:鹿児島県 大島郡 瀬戸内町古仁屋15-19
◼電話:0997(76)3439
◼営業時間:午前11時~午後15時/午後18時~21時
◼定休日:木曜日
◼インスタグラム
➡オフィシャルアカウント
https://www.instagram.com/spice_mafia_amami/
➡ニュースアカウント
https://www.instagram.com/spice_mafia_news/

そのほかの体験談はこちらから

アクトハウスではさまざな参加者の体験談を随時更新しています。「コース」「男女」「年齢」など、目的に沿った内容で項目を絞ることが可能です。目次のページへは下記のリンクからどうぞ。

IT留学の体験談メニューへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島IT留学のアクトハウスとは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ