【マジか】世界の「10代以下」が「アッサリ起業」で伝説ブッ立てすぎ。

もはや起業は、遠い世界の話ではない。

企画を描き、プログラミングコードを書いてみる。世界の73億人に向け、アプリやサイトを立ち上げる。

生まれたときからIT機器に囲まれている「デジタル・ネイティブ」世代。

大人の手アカがつく前の「10代以下の起業家たち」は悩まない。

彼らにあるのは、理論でなく「行動」のみ。

サクッと作って、アッサリ起業。

それではさっそく、8歳から18歳までの起業家たちを見ていこう。

スクリーンショット 2016-07-30 13.17.46


 
▶︎16歳で1億円突破
名前:クリスチャン・オーウェン
事業:モバイル広告関連

003

〜STORY〜
パソコンをいじり始めたのは7歳のとき。スティーブ・ジョブズに憧れ「14歳」で起業。複数のMac用シェアウェアをセット販売することで、通常の市場価格から大幅に値下げする施策を実行。この手法はすでにあったものながら、他者のアプリ開発者と連携することで独自性を打ち出す。単なるIT屋でなく、売上でチャリティにも協力するなど社会に貢献することも忘れなかった。口コミで支持を集め、16歳のとき日本円にして売上「1億円」を突破

 


 
▶︎9歳で事業家に
名前:モズィア・ブリッジ
事業:蝶ネクタイの企画販売

001

〜STORY〜
9歳のときに、手作り蝶ネクタイを製造・販売するMo’s Bowsを設立。起業のきっかけはジャスティン・ビーバーなど有名人のマネをして蝶ネクタイを探しに行ったが「自分の気に入るものがなかった」から。現在は、複数の高級プレタポルテ(上質で高価なものを扱うショップ)からもデザイン・製造を依頼を受けている。

 


 
▶︎︎︎15歳で代表取締役社長
名前:角南 萌
事業:アプリ開発

mo

〜STORY〜
中高生が対象のスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2012」。この大会で全167作品中グランプリに輝いたのを機に、同アプリはAppStoreで5万ダウンロードを突破。この「スーパー女子中学生エンジニア」は瞬く間に台風の目となった。そして15歳4ヶ月で代表取締役社長へ。ITとの出会いは10歳の誕生日にiMac、クリスマスにiPhoneを両親にプレゼントしてもらったことが始まりという。

 


 
▶︎18歳で大学教授
名前:アリア・サバー
職業:大学教授

007

〜STORY〜
通常なら、18歳は大学生。しかし彼女は生徒でなく「大学教授」になった。ギネスブックの教授就任・最年少記録を300年ぶりに塗り替える。14歳でニューヨーク州立大学を卒業し、16歳で物資科学工学の博士号を取得。ナノ材料技術の研究者として頭角を現し、韓国の建国大学から招聘を受け、教授としての道を切り拓いた。文字通り、世界一若い大学教授だ。

 


 
▶︎︎8歳でSNSビジネス
名前:エヴァン
職業:YouTuber

006
〜STORY〜
8歳の子供エヴァンが「おもちゃで遊び・評価する」ユーチューブ番組『Evan Tube』。この番組での配信売上は日本円で1億円を突破。10代前の起業ビジネスとしては破格の成功例となる。どうせ父親がバックアップしまくってんだろう…? いやいや、このエヴァン君の堂々たる語りっぷり、遊びっぷりこそがこの番組の魅力に他ならない。ユーザーをがっちりつかむそのタレントぶりは、まさに本人のブランディング・マーケティング戦略の賜物である。

 


 
▶︎︎︎14歳でIT社長
名前:ロバート・ナイ
事業:アプリ開発

ny

〜STORY〜
iPhone向けアプリ「バブル・ボールズ」を開発し、1,600万ダウンロードを記録。自らの名前を称した「Nay Games」の代表を務める。当時驚異的なヒットを飛ばしていた「アングリー・バード(Angry Birds)」を凌駕し、14歳の少年が作った公開わずか2週間のアプリが大ブレイクを果たした。自社の社員・スタッフは当然ロバート君より2倍は年上の人ばかり。10代半ばでCEOを務めるバリバリのビジネスパーソン。
 


 

彼らに共通するのは実行力

年齢も年代も性別も出身も国籍も、関係ない。

やってみないことには、何が正解か分からない。
やってみることでしか、正解に近づけない。
トラブルやクレームには、運営しながら対応する。

行動だけが、未来をこじ開ける。

そしてそのチカラは、誰の手のなかにも、ひっそりと眠っている。
 

▶︎著者:清宮 雄 プロフィール
フィリピン・セブ島在住。IoTそしてA.I.時代の国際的な起業家・ビジネスパーソンを育成するIT留学「アクトハウス」代表。メンターとして現場でも奮闘中。アクトハウスの体験談はこちら >>>

ceo_cebu

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー