どうして会議やセミナーでは「うしろに座る人」が多いのか?

あなたは「照れ屋」だろうか。

ならば、すぐにそれを捨てよう。

人生のさまざまなチャンスを棒にふってしまうー。

photo-1443505661782-b397f448836b

〜今回のテーマ〜

自分のなかの「照れ屋」を捨てよう

「照れ」を捨てる得を知っておこう


 
【例えばイベントで】

とあるセミナーや授業、会社での全体会議などのイベント。そんなときに必ず「前の方の席が空いている」ことは珍しくない。なぜ彼らは後ろの席から座るのだろう?

◉質問されたら嫌だから
◉先生や司会者と近いと緊張するから
◉やる気満々みたいに見えるから
◉集まりが好きじゃないから
◉興味ないしどうでもいいから

なるべく目立たないように息を殺し、目につかないポジションを瞬時に見極め、群れをなして人目を避ける。そういった「後ろに座る人たち」は、セミナーに限らず「逃げ癖」がついてしまっているため、

◆ 食事の場
◆ 撮影の場
◆ 集合の場
◆ 団欒の場
◆ 争いの場

など、全てにおいて「うしろ」「はじっこ」をチョイスしたがる。中央に押されようものなら「いやいや、どうぞどうぞ」と、気遣いを繕いながら「うしろ」「はじっこ」を奪還する。「真ん中恐怖症」「はじっこ大好き症候群」。

そしてイベントの最中も、第三者として沈黙を守り続け、なるべく議題に関わらない。

Startup Stock Photos

【なぜ消極的なのか】

この答えはシンプルだ。

自信がない

のである。もし質問にあてられて答えられなかったらという不安。話し手とフェイストゥーフェイスになる緊張感。正々堂々と振る舞えない「自信のなさ」がその行動に現れている。

心の準備もしてきていないし、その場で必要な知識や勉強が足りてないことを知っている。プライドだけが高い人ほど、目立たないところを好む理由はここにある。

フランスの政治家であり「美食家」としても有名であったジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン(1755-1826)はこう言った。

「普段あなたがどんなものを食べているか言ってみなさい。あなたがどんな人間か言い当ててみせよう」

photo-1432752641289-a25fc853fceb

食が人をあらわすのであれば、日常のさまざまな行動も例外にはならないだろう。

たかが「座る場所」
されど「座る場所」

これだけでも「どんな人間か」を垣間見ることができる。

◉自信がある人間か?
◉自信がなくても挑む人間か?
◉何でも興味を持っているか?
◉逃げ腰か?
◉傍観者か?
 
【照れることは人生の損】

生きていくうえで、勘違いしてはいけないことがある。

「図々しい・厚かましい・イケイケ・わがまま」といった一方的な態度と「照れないこと」とはちがうということだ。

大切なのは、日常において「不必要に照れないこと」である。

会議、授業、セミナー、説明会、飲み会、時には争いの場に至るまで「傍観者」である癖をつけないことが、その場でしか味わえない「ライブ」で内容を理解させ、すなわちそれが「知識と経験」として体に刻まれていく。

つまらなそうなものでも近づいてみて「どんだけつまらないのか」を知るために前進してみる。すると思いもよらない発見や、なぜ魅力がないのか、さらには「自分だったらどうするか」というところまで想像できることがある。このシナプスの連鎖を楽しめる人を野心家・冒険家というのだろう。

mac-glasses

【コンサートや風景も】

好きなアーティストのコンサートの「最前列のチケット」がもし取れたら。

あなたはその席から、顔も知らなかったバックバンドの人たちの息づかいやダンサーの一挙手一投足を堪能でき、外野席では味わえなかった「作品」としてコンサートを堪能することができるだろう。

対象に近づくことで「見えること・体感できること」は想像以上に多い。

unsplash_52c319226cefb_1

また、アメリカの大平原にそびえる有名な3つの岩山「モニュメントバレー」も同様だ。写真では歩いて行けそうな印象を受けるが、実物は果てしなく遠く、巨大で、炎天下のなか到底歩いていける距離ではない。

22

これも、ただ写真を眺めていただけではわからない臨場感と言えるだろう。遠くから眺めるだけでなく、近づこうとするアクションを通して、その対象がどれだけの存在かを知ることができる。

いつもより1メートル近づくだけでも、実態のつかめなかったそれらが、とたんに表情を変えて迫ってくる。

いつもと行動を少し変えるだけで、一番後ろやはじっこに隠れていた時とは比べ物にならない情報を手にすることができるのだ。
 
【そしていつか】

例えば数年後。あなたが、大勢の前で話すとき。

それはTEDかもしれないし、会社の会議かもしれない、はたまた議員に立候補するときかもしれない。そのときにこう思うはずだ。

「前から座ってくれないかな…」
「前の方、たくさん空いてるのにな…」

人間とは勝手なもので、こんなものである。ひどい場合は昔の自分を棚に上げて「なんで後ろから座るんだろう」と憤慨するかもしれない。

31

コンサートでも会議でも、イベントでも催事でも。もし前の方の席が空いているならば、試しに一度は座ってみるといい。それ自体がイベント主催者への「敬意」の姿勢になり、時には「反対」という確固たる意志表示にさえもなる。たかが前に座るだけで、である。

自分は「その他大勢」とくくられたくない、という人は多い。しかし日常的に「その他大勢」になろうとしている癖がついている人も同じくらい多い。

いきなり大物にはなれない。いきなり変身はできない。

まずは「たかが座る場所」から行動を変えてみよう。「なんであいつ一番前に座ってんだ」と、後ろ指を刺されよう。

些細な行動の積み重ねだけが「人生の風景」を変えることにつながっていく。
 

【著者「IT・英語・ビジネス留学」アクトハウス:清宮 雄】

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー