さまざまな年代の参加者たち

アクトハウス留学の参加者は、高校生や大学生に社会人。

10代・20代・30代といった年齢も年代も、また国籍さえもバラエティに富んでいます。

だからこそ知識や経験、年代間のギブ&テイクがあり、卒業後に異なる都道府県や国々に点在していても、新たなサービスや仕事の受発注を生む関係に繋がっています。一人ひとりがセブ島のIT留学、評判であるアクトハウスの仕組みをフル活用し、独立を実現しています。


 

『卒業1ヵ月以内に起業』

▶︎▶︎▶︎この卒業生の体験談へ
IT留学の卒業生_その1
Hirofumiさん 《起業家》

建築業界でも評判の企業で数年の中核キャリアを持ちつつ、20代後半で退職し、セブ島留学のアクトハウス「6ヵ月コース」へ参加。ITのビギナー、英語も初級者でありながら、ビジネスの改めて勉強も含め学習に勤しんだ。元々デザインやクリエイティブへの興味は高かったものの、それをどう表現していいかが課題でもあったため、アクトハウスでは最終的に1ヶ月延長し、自身の目標課題に取り組んだ。ブランディング、デザイン、プログラミング、マーケティング、Web構築スキル、そしてビジネスとエンジニアとしてのナレッジを身につけ、代表として起業を実現。

「ヤオヤ」サイトのイメージ
(アクトハウス在学中に制作した自社サイト)


 

『大手Webディレクターに』

▶︎▶︎▶︎この卒業生の体験談へ
IT留学の卒業生_その2
Madokaさん 《ディレクター》

アクトハウス「6ヵ月コース」への留学参加当時は、IT・Webは全て未経験。まさにゼロから6ヶ月のセブ島留学で、自身の新しいスキルをモノにした。前職は全く異なる業界ながら、アクトハウス卒業後は念願のWebディレクターの座を射止め多忙な日々を送る。参加者のなかでも地道に鍛錬を継続する努力家タイプで、課題もやり残しや失念もなく着々とこなしていった。元々海外での活躍を視野に入れているため、現在のキャリアの次はいよいよ海外でのフリーランスデビューを計画している。


 

『海外でエンジニアに』

▶︎▶︎▶︎この卒業生の体験談へ
IT留学の卒業生_その3

Koutaさん 《フロントエンド・エンジニア》

アクトハウス留学の「6ヵ月コース」の卒業後は帰国せず、セブ島でフロントエンド・エンジニアとしてフリーランスに。経緯としては、アクトハウス在学中に日本でも高い知名度と評判を誇るWeb会社「LIG」の海外プロジェクトからスカウトされ、参画を決めたことによる。欧州フランスでの体験、オーストラリアへの留学、フィリピンのアクトハウス、セブ島でのフリーランス活動のその先は、より大きな海外マーケットでの活躍を視野に入れている。20代中盤にして、プログラミングのみならず英語も操るオールラウンダーとしてキャリアを積み上げている。

LIGでの仕事の様子
(卒業後は海外フリーランスとして)


 

『起業しプロデューサーに』

▶︎▶︎▶︎この卒業生の体験談へ
IT留学の卒業生_その4
Tomokoさん 《起業家》

セブ島留学参加当時はIT業界未経験。在学中の勉強スタイルはまさにコツコツ型。しかし入学3ヶ月目以降に一気に周囲の評判を高め、頭角を現してきた努力家タイプ。アクトハウス滞在は1年間に及び、実務の案件を数々こなし卒業した。在学中に全国規模のイベントサイトのブランディング/デザイン/ディレクション/エンジニアリングなど担当案件は多岐に渡り、それが卒業後すぐの起業を実現するに至った。英語においては日常生活はもちろん、ビジネスの領域も対応できる範囲をカバーできるほどに成長。Webクリエイティブのセミナー講師、また体の不自由な方々へのWebセミナーも定期で実施するなどアクティブに活動。場所を選ばない働き方を全国規模に広げている。

Webセミナーの告知画像
(Webクリエイティブのセミナーで講演)


 

『新卒からフリーランス/起業へ』

▶︎▶︎▶︎この卒業生の体験談へ
IT留学の卒業生_その5
Kimさん 《起業家》

就職をせずフリーランス&起業の道へ進むべく、大学の新卒で即アクトハウスinセブ島「6ヵ月コース」へ留学。アクトハウスの在学中に事業をスタートアップし、継続的な収益を獲得。同時に日本の仲間と連携し起業を実現し、自身はアメリカのシリコンバレーへの準備に入った。自社の事業計画やCI/VI計画も講座のなかでノウハウを修得し、自身のインタビュー記事がプロブロガーとして評判のイケダハヤト氏にも取り上げられるなど、IT留学の在学中に脅威のスピードで結果を出し続けている。

起業し立ち上げたスタートアップ
(アクトハウス在学中にスタートアップ)


 

『ハイブリッド・フリーランス』

▶︎▶︎▶︎この卒業生の体験談へ
IT留学の卒業生_その6
Mizukiさん 《ディレクター》

19歳という若さで「Web・プログラミング・英語・マーケティング」の多方位で留学中に実力を伸ばし続けた。デザインはもちろん、Web構築、ライティングも行い、エンジニアとして自らの企画で作り上げたサービスサイトも在学3ヶ月目にしてリリース。単に英語留学や、英語とITもでなく、ビジネスやマーケティングの視点を絡めたアクトハウスのセブ島留学の利点を器用に活用した。セブ島留学の後はベトナムに一時滞在し、進行中のWeb案件をこなしている。また自ら運営を手掛けるair bnbビジネスの恒常的な収益化も実現し、地元でのピアノ教室スタートアップサポート、Webデザイナー、Webマーケティングビジネスなどスキルをフル活用し、就職をしないフリーライフを手にしている。

airbnbを収益化
(air bnbのビジネスモデルも完成させた)


 

『北海道で起業』

▶︎▶︎▶︎この卒業生の体験談へ
セブ島留学の卒業生

Junpeiさん 《社会起業家》

北海道で起業。大学時代の学生起業時の挫折を経て、二度目の起業チャレンジで事業を展開中。イノベーションとも言える「モバイルハウス」を制作し、田舎の労働力の課題である「住居」の確保、そして「移動」の手間を一気に解決するビジネスモデルを提唱。クラウドファンディングでも数多くの支持を集めるに至る。50年後、100年後の遠い未来に誇れる「この仕事があってよかった」と思えるような田舎仕事を作りだすベンチャー企業として躍進中。

セブ島留学中に起業
(移動式モバイルハウスをリリース)


 

『セブ島で起業に挑戦』

IT留学の卒業生_その7

Yu&Juさん 《海外事業家》

日本人で初めて、フィリピンで「たい焼き屋台」を立ち上げる。自宅で仕込んだたい焼きをクーラーボックスに入れ、道端で売ることから始めたドブ板起業。その努力と評判を聞いた投資家から声がかかり、セブ島で「ラーメン屋」開業のオファーが。いきなり海外生活を開始した20代と、社会経験を積み上げてきたもう1名の二人がセブ島留学のアクトハウスで得たものはIT・英語のスキルはもちろん、お互いという最高のビジネスパートナーだった。「最初から海外で勝負する」というグローバル思考、6ヵ月で培った英語とITを武器に、灼熱の東南アジアから世界進出のスタートを切った。

セブ島留学中に起業
(英語でのコミュニケーションが日常)


 

『運命のキャリアチェンジ』

IT留学の卒業生_その8

Eriさん 《エンジニア》

日本で数年間、IT/システム会社での法人勤務を経て退職、そしてアクトハウスinセブ島「3ヵ月コース」へ参加。独学で修得していたコーディング・プログラミング、そしてデザインのスキルを整理し、体系的に学び直すことで本格的なキャリアチェンジを実現。現在はアクトハウス在学中のルームメイトや同期の仲間と制作チームを作り、フリーエンジニアとして活動中。アクトハウス卒業生やメンターで形成されるITコンサルティングチームとの連携も強く、主に都内のコワーキングスペースでITノマドとして仕事に勤しんでいる。組織に属さない人生を獲得しつつ、さらに社会起業家としての法人設立スタンバイに入った。


 

『海外就職から独立へのステップ』

IT留学の卒業生_その9

Koutaさん 《メディアマネージャー》

アクトハウス留学の卒業後は、フィリピン・セブ島にて多国籍企業のWEB部門マネージャーとして海外就職。同企業内においてメインの集客メディアを司るマネジメントを行い、企画・制作・プログラミング・エンジニアリング・デザイン・運用までを一手に担う。さらに、アクトハウスのプログラミング・サポートメンターとしても活動する。また個人クリエイターの活動としては、日本の職人をフィーチャーした『WAism』のプロデュースをライフワークとしており、海外にいながら「和の文化の世界発信」を行っている。元々の社会人経験、アクトハウスで得たスキル、さらに海外就職を経て、その後はニュージーランドを始めとした南半球への移住も計画中。IT・英語・ビジネスのキャリアを着々と積み上げている。

IT留学を経てセブ島で就職
(職人への単独取材にこだわるメディア『WAism』)


 

『フリーディレクター』

IT留学の卒業生_その10

Takuさん 《ディレクター》

アクトハウス留学の参加前はIT・Web・英語の初心者ながら、在学中に日本有数の知名度を誇る大型案件のディレクターに抜擢される。それがIT仕事の初案件ながらも、日本サイドのディレクターと蜜に連携し、ハードな条件やイレギュラーを次々とクリアし納品、クライアントの信頼を勝ち取ったことが独立の決断につながった。あきらめないタフな根性とクリエイティブスキルもさることながら、メンターやメンバーとの協調性も磨き上げ、今やクリエイティブチーム内ではなくてはならない存在へと成長。まだまだ荒削りという自己評価を持ちつつも、かたちとしては20代中盤にして海外と日本をフィールドにする活動の基盤を作り上げている。

12509795_1673910049529036_441510247486015568_n
(クリエイティブチームのリーダーで活躍中)


 

『インドへITインターン』

▶︎▶︎▶︎この卒業生の体験談へ
IT留学の卒業生_その11

Chihiroさん 《ディレクター/デザイナー》

アクトハウス参加時は19歳。休学して臨んだアクトハウス在学中のセブ島で20歳を迎えた。参加時はITやWEB、もちろん英語においてもビギナー。アクトハウス参加前は日々の勉強やバイト、サークルに明け暮れる平凡な大学生であったものの、将来に不安を抱き「自分の単価を上げる」ことを決意。一気に海外へと生活フィールドを移した。アクトハウス在学中のクリエイティブ案件「SPARKS」のVI計画・Web制作においては、当時バラバラであったチーム結束に粘り強くこだわり続け、プロジェクトの消滅を食い止めながらゴールへと走り抜けた。卒業後はインドへとその舞台を移している。

制作したブランディングサイト
(担当ブランドの構築には3ヶ月を費やした)


 

『フリーライフをかたちにし始めた』

IT留学の卒業生_その13
Yuさん 《ディレクター/デザイナー》

卒業時にセブ島への単身残留を決意し、20代後半で海外でIT案件の数々をこなしている。アクトハウス参加当時は話せなかった英語も、今ではコミュニケーションは問題なく、セブ島のフィリピン人と独自のコミュニティも形成している。IT・Web、プログラミングと英語、そしてビジネスについては現在も日々勉強中。海外でのITノマドとして経験を実社会で積めているため、場所を選ばずに働くことができる基盤が出来つつある。セブ島の後はあらたな移住地を探しつつ、さらに自由な人生の展開を計画中。
 


 

▶︎卒業後もビジネスで繋がる
17歳の高校生、悩みながらも突き進む20代、いよいよ冒険に出た30代。さまざまな年齢の参加者をビジネスシーンに送り出しているアクトハウス。年齢や性別は関係なく、ボーダーレスなスペースとして存在するのが評判のアクトハウスだからこそ、卒業後もさまざまな起業チームやクリエイティブのコミュニティが形成されています。

セブ島のIT留学アクトハウス卒業生と

▶︎スタッフブログ

起業やフリーランスで活躍する卒業生とのつながり。スタッフブログはこちらから。

『全国で起業/フリーランスしまくる卒業生に会ってきたよ in 大阪、東京、そしてセブ。』

『アクトハウスの卒業生と一緒に北海道を旅してきた。地方創生とサステイナブルコミュニティとアクトハウスの理念と。』

 


 

event

cebu_ss001
cebu_ss002
cebu_ss003
 


 

いつでもお気軽にご質問をどうぞ。
アクトハウスのセブ島留学へのご相談受付中です。
skype
mail

このエントリーをはてなブックマークに追加
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー