セブ島IT留学アクトハウスのメンター独自取材。講座や卒業生の進路は?

本インタビューの概要

プログラミング/英語/デザイン/ビジネスを学ぶIT留学のアクトハウス。

今回は、アクトハウスの運営元企業、株式会社カグラ(Cagra Inc.)の共同代表であり、ビジネス講座の一部を担当するビジネスメンターでもある新村繁行氏にセブ島でインタビューを行いました。

「代表取締役」 × 「セブ島でのビジネスメンター」という異色な2つの顔を持つ新村氏。

▶︎アクトハウスってそもそもなに?
▶︎新村氏が担当するビジネス講義の内容
▶︎アクトハウス参加者の印象

という質問について、お答えいただきます。

IT留学アクトハウスは「総合型の実践留学」

プログラミング/英語/デザイン/ビジネスを学ぶ留学であるアクトハウス 。ビジネスメンターでもあり、運営企業の代表取締役も務める新村氏が、アクトハウス講座の内容・コンセプトなどをご紹介。””ーーーーーーーーー””▶速報カウントダウン「新入生の募集情報」へ”https://acthouse.net/””▶「LINE」で質問する(友だち追加)”http://nav.cx/f4sxyCz””▶「ツイッター」で最新情報をチェック”https://twitter.com/acthouse_””▶「インスタグラム」で雰囲気を見る”https://www.instagram.com/acthouse/””▶アクトハウスの「公式サイト」はこちら”https://acthouse.net/””#IT留学 #セブ島留学 #アクトハウス

▶︎アクトハウスとは、そもそもどんなIT留学でしょうか?
「そうですね、シンプルに言うと「プログラミング・英語・デザイン・ビジネスを学ぶ総合型の実践留学」です。留学と呼ばれるサービスは世の中にたくさんありますが、デジタルビジネス全般を捉え、複合的に学ぶセブ島アクトハウスのようなサービスはなかなかないので、ユニークなスタイルかなと思っています」

▶︎複数の分野を同時に学ぶことができるんですね。
「同時に学ぶことで、各分野の学びの精度も高まる。それぞれの分野は繋がっていますから。さらに実践では、実際にWeb案件起業/スタートアップなどの仕事経験をしていただき、参加者に身体で覚えてもらう。そうすることで、初めて「スキルが身についた」と言える、と考えています。インプットしたスキルを自らの力として身につけてもらうには、結局「実践力」が一番。なのでアクトハウスのIT留学では実践を重視しています」

セブ島のIT留学「アクトハウス」を詳しく見る

新村氏が担当するビジネス講座

IT留学アクトハウスのビジネスメンターであり、同時に運営企業の代表取締役も務める新村氏。講座内では、チームで実際に手を動かしながらワークに取り組む「予算策定」「事業計画」 などの実践講義を展開。ハードでも毎期参加者から人気の講座内容とは?””ーーーーーーーーー””▶速報カウントダウン「新入生の募集情報」へ”https://acthouse.net/””▶「LINE」で質問する(友だち追加)”http://nav.cx/f4sxyCz””▶「ツイッター」で最新情報をチェック”https://twitter.com/acthouse_””▶「インスタグラム」で雰囲気を見る”https://www.instagram.com/acthouse/””▶アクトハウスの「公式サイト」はこちら”https://acthouse.net/””#IT留学 #セブ島留学 #アクトハウス

▶︎ビジネス講座では何を勉強しますか?
「内容は多岐にわたるので一言では難しいですが、まずはビジネス講座全般のお話をすると、いわゆるITビジネス、デジタルビジネスといったものを全般的に扱います」

▶︎なるほど、具体的にはどんな内容でしょうか?
マーケティング、ブランディングといった企業全体の方針、経営にかかわるデジタルなインプットから、財務や経理といったお金についての学習、事業計画、予算策定といったスタートアップに関わる部分も含み、さらにはライティングやSEOも含めるビジネスのあらゆる知識ですね。IT業界で働くかはどうかは別として、ビジネスに関わる上では全般的に必要な知識ですので、身につけていただきます」

▶︎新村氏の担当する講義の内容は?
「私の講義だと、いわゆる「お金」の部分が中心です。事業計画や予算策定、経理活動に関わる全般知識を、単なるインプットのみならず、参加者に体験してもらうような形で、勉強していただきます」

▶︎関連ページ『ビジネス講座の紹介

事業計画、予算策定といった実践演習

▶︎「体験してもらう」とはどういうことでしょう?
「例えば事業計画の策定を行う実践講義があります。この講義では参加者同士をチームに分けて、自分たちがこれから起業することを想定し、どんなビジネスでやっていくかを議論しながら、実際の事業計画を仕上げていただきます。座学でなく、実際に体験してもらう実践演習です。」

▶︎まさに「実践力」を鍛える講義ですね。
「毎期、あれこれと頭を悩ませながら必死になって考える参加者の方が多く見られますね。また「予算計画の立案」を行う実践講義もあります。チーム内で議論をし「売り上げがどれだけ立つのか」「経費がどれくらい必要なのか」というような企業課題を議論し、予算計画書としてまとめて発表していく講義です」

▶︎参加者も、初めて事業計画や予算計画に触れる方が多いですね。
「ハードですが、参加者からは人気の高い講義のひとつですね。それほど「実際にやってみる」ことの効果は高いです。もちろん知識のインプットもしますが、吸収した知識をすぐに実践に移すアウトプットも混ぜながら、講義を進行しています」

卒業後はフリー・起業・就職など多種多様

IT留学アクトハウスで勉強している参加者の印象や卒業進路をインタビュー形式で公開。アクトハウスのビジネスメンターであり、運営企業の代表取締役でもある新村氏に、参加者の印象・進路や、卒業後の案件内容について詳しくお話しいただきます。””ーーーーーーーーー””▶速報カウントダウン「新入生の募集情報」へ”https://acthouse.net/””▶「LINE」で質問する(友だち追加)”http://nav.cx/f4sxyCz””▶「ツイッター」で最新情報をチェック”https://twitter.com/acthouse_””▶「インスタグラム」で雰囲気を見る”https://www.instagram.com/acthouse/””▶アクトハウスの「公式サイト」はこちら”https://acthouse.net/””#IT留学 #セブ島留学 #アクトハウス

▶︎アクトハウス参加者の印象は?
「一言でいうと、真面目で真剣な方が多い印象です。自分がこれからどうしていきたいのか、答えは見つけていなかったとしても、真剣に考えて悩んでいる。そして、それに対して「スキルを身につけて人生を突破してこう」というストイックさを持った参加者が多いですね」

▶︎IT留学の卒業後は?
「セブ島内や日本国内への就職・転職をされる方が割合としては一番です。しかしアクトハウスのIT留学の特徴として、起業・フリーランスといった道を選択する人も多いことも卒業実績データから分かります。フリーランスと一口に言っても働き方はそれぞれで、たとえばクライアント先に常駐してる方、リモートワークとして受託制作で生計を立てている方、それらを組み合わせた働き方をしている方など多種多様です」

<卒業実績データ>

▶︎関連ページ『卒業後の進路』へ

▶︎なるほど、フリーランスの方は、具体的にどんな案件を担当しているのでしょうか?
「たくさんありますが、例えばフリーランスで東証一部上場企業のクライアント先に常駐してお仕事されている方がいます。また社内のWEB担当として仕事をしている方や、リモートワークで食品メーカーのECサイトの運用業務を担当している方もいるなど、大小限らずあらゆる案件に携わっています」

▶︎6ヶ月のIT留学から、いまはフリーランスとして働いていると。
「はい、彼らの多くが未経験からのフリーランスです。ECサイトの運用業務を担当している方は、ご自身のデザインしたバナーが、YahooTOPページに広告として採用され、実際に掲載された実績もあります」

【取材・撮影:アクトハウス編集部】

セブ島IT留学のご質問はLINEやフォームから

IT留学のアクトハウスではご相談を毎日承っているので、起業やフリーランス、キャリアチェンジをもくろんでいる人は、

LINE

お問合せフォーム

からお気軽にご質問・ご相談ください。

また「個別相談」も実施しているのでお気軽にどうぞ。

著者:アクトハウス編集部
IT留学アクトハウスの最新記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島IT留学のアクトハウスとは?

1日の流れ

カリキュラムについて

住居について

卒業後の進路

体験談

コースと費用

スタートアップの実績

卒業後のサポート

IT留学「アクトハウス」のお申込み状況

すべての記事・コラムへ