やりたいことには挑戦しちゃった方がいい「たったひとつ」の理由。

pray

「自分のやりたいことがハッキリある」
「やりたいことがうっすらある」
「今はないけど何かやりたい」

夢のかたちは人それぞれと思います。

そして言えることは、

やりたいことへの挑戦は全てやったほうがいい、ということ。

その理由はシンプル。

たったひとつです。

やりたいことをやろう、と思ったとき。

こんな声が聞こえてきます。

「失敗したらどうすんの?」
「ハズしたらヤバくない?」
「借金したらどうすんの?」
「ちがう方法も考えてみたら?」
「あせる必要なくない?」

それは自分の心の声だったり、誰かのアドバイスだったり、ネットの情報だったり。

それらを聞くと怖くなって「そうか、やっぱりやめておこう」「とりあえず今は様子を見よう」と、思わず足を止めてしまいます。

photo-1460794418188-1bb7dba2720d

悪いことばかりが頭をよぎり、

延期や保留を重ねてしまう。

挑戦したいけど、やっぱり踏み切れない。

なぜ挑戦できないのでしょう?

それは「アイツ」がいるからです。

photo-1457449940276-e8deed18bfff

アイツとは「失敗」。

挑戦するとき、人が恐れるのは「失敗」です。

むしろ敵はコイツしかいません。

でもこれが実は「まやかし」であると気づくことが大切です。

挑戦した人、挑戦している人には、失敗なんていう言葉は当てはまりません。

たとえ結果が思ったものでなくても、それは失敗と呼ばないからです。

挑戦した人、挑戦している人は、突き抜けた表情で「なぜもっと早く挑戦しなかったんだろう…!」と口をそろえます。

ここに「やりたいことには挑戦する」べき、たったひとつの理由があります。

答えはこのひとつだけ。

挑戦に、失敗はない。

ということ。

photo-1416163119970-b823693d67e7

挑戦した人の言葉は、なぜか似ています。

「思い切りやってるので悔いはない」

「毎秒毎秒、全力疾走している」

「うまくいくまでやる」

「結果を恐れてたら動けない」

「怖いけど楽しい。充実してる」

good

挑戦したから、次の扉が見つかる。
うまくいっても、いかなくても見つかる。

挑戦したから、出会える人がいる。
うまくいっても、いかなくても出会える。

もし人から見て失敗でも、自分にとっては「財産」でしかない。

いつかは笑い話、むしろ武勇伝になる。

挑戦に失敗はありません。

得るものしかないのです。

photo-1423012373122-fff0a5d28cc9

新しいことをやりたい。

ここに行ってみたい。

あの人に会いたい。

こんな人生がいい。

あの業界に入りたい。

こうなりたい、ああなりたい。

こうしたい、ああしたい。

夢のかたちは人それぞれと思います。

photo-1454909516657-78526f214d05

挑戦をすることで、

実は得るものしかない、と気づいて欲しい。
実は失敗なんて存在しない、と気づいて欲しい。

周りの情報にまどわされず、踊らされず。

やりたいことをやろう。

どんな結果になっても、大きくなれる。
それをパワーに、次の挑戦もできる。

だから、

誰かが作った、失敗という架空の怪物におびえないで。

自分が作った、失敗という架空の怪物におびえないで。

飛ぶための一歩を、踏み出そう。

そこからの風景が《未来》ってやつなんだ。

 

▶︎著者:清宮 雄
フィリピン在住の事業家。起業家・海外フリーランスを輩出するセブ島留学「アクトハウス」代表。メンターとして現場でも奮闘中。アクトハウスの体験談はこちら >>>

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー