起業のためにすべきこと。それは「ひとつ」の小さな行動。

起業。

これほどまでにリアルでスリリングで、しかも自分の力量を世に問うことができる「ゲーム」があるだろうか。

世界の名だたる企業も、決して全てが巨額の資本から生まれたわけでなく、アパートの一室やガレージオフィスから誕生していることもある。

ひょんな会話から、ファミレスのペーパーナプキンに書き込まれたアイディアが、やがて世界を沸かせるイノベーションへとつながっていくこともある。

起業という、はかなく小さくも大きな行動が、世の中をもっと便利に、楽しく変えていく。

その起業に必要なこと、それはなんだろう?

起業に必要なことは「とにかく行動力」と語られることがある。

しかしそれは言い方を変えれば、起業の前後に行動し続けることは「嫌でも発生するもの」と考えることかもしれない。

特に起業当初は「社長」とは名ばかりで、人を雇うお金や人脈もなければ、外部提携する資本もないもの。

日昼の通常業務もさることながら、役所にも行けば弁護士にも会う。公認会計士や銀行員、保険屋にも接見するだろう。

これらの合間に「数字を読む眼」も鍛え続けなければならない。

先人のアントレプレナーの話を聞くこともあるし、協業の相談をされることもある。従って「行動力」というのは、半ば強制的に、半永久的に発生するとも言える。

では起業するにあたり「リアルにしなければならないこと」とは何なのか…。

それは、

世の中に足りないものを探しだすこと。

tumblr_nqx7nbOK721tubinno1_1280

こんな現実がある。

世の中を感動させるアイディアは、実は、あなたの頭の中には眠っていないー。

「自分のなかに何かあるはずだ」

「考えても出てこない」

「うまくかたちにならない」

と、見えない何かに追われている「起業願望」を持つ人は意外に多い。

起業とはまるで天才のイノベーターが、一夜にして世界を変えること、と考えているのかもしれない。

しかしここに大きな勘違いがある。

アイディアのヒント。

それは、あなたが生活している「身の回り」にある。

真実はそんな、地味なところにあったりする。

身の回りにないだろうか。

生活で不便なもの。

もっと広げれば、社会で不公平なもの。

もっともっと広げれば、地球に足りないものー。

誰もが感動するサービスとは、世の中に「足りなかったこと」をビジネスにしてブレイクしている。

いらないものは売れず、いるものは売れる。ただそれだけの世界。

起業は、夢物語や妄想でなく、才能でも金でもなく「世の中に足りないものを探しだす努力」から始まる。

世界を驚かせる発明は、突然空間から現れるわけではない。

何時間も唸っていれば生まれる約束がされるものでもない。増してや授業中やバイト中、仕事中に思いつくものでもない。

確かなのはたったひとつ。

「世の中に足りないものを探しだすこと」のアンテナを立て続けている者にのみ、降りてくる。

Startup Stock Photos

アイディアは、一見華やかなようで実は「地味に、そしてだんだんと」やってくる。

世の中に足りないものを考えよう。

その意識を持つだけで、今まで当たり前であった「風景」が少しづつ変わってくるはず。

通勤電車のなかでも、学校の廊下でも。買い物に行くときも、バスを待っているときも。スマホで遊びすぎているなら、顔を上げて町を見よう。人の流れや交通、ファッションやお店に目を向けよう。

身の回りの「どこが不便で、どこが面倒くさいのか」に気づこう。

起業のスタートはそこからだ。

世の中は本当に最適化されているだろうか…?

日常のなかで粘り強く「違和感トレーニング」を重ねよう。

 
【違和感トレーニング】

▶︎ これは不便だな
▶︎ なぜこの形なのだろう
▶︎ どうしてもっと早くできないのだろう
▶︎ もしこうだったら素敵だろう
▶︎ まだこういう方がマシだろう
▶︎ 仮にこうなれば感動するだろう

いつもの風景が、いつもの駅の階段が、いつも渡る道路が、いつもの商店街が、いつものコンビニが、いつもの標識が、いつもの部屋の風景が、少しづつ「不便」という輪郭をともなって浮き上がってくる。すると、

 
【衝動インスパイア】

▶︎ こんなふうにできたら
▶︎ ああいう感じで作ったら
▶︎ こうすれば変えられるかも
▶︎ 誰々に聞いてみよう
▶︎ 実際に見に行こう
▶︎ あれとこれを比べてみよう

「違和感」が「衝動」に変わってくる。

そして、まずは自分でやってみる。

グチャグチャでもボロボロでも、まずは「第一弾」を作ってみる、

自分だけの世界やネットの二次元から飛び出し「実際に行き」「話を聞き」「触れてみる」ことから始めてみる。

もちろんWebサイトも自分の企画やデザイン、ディレクションでつくり上げる。下手くそだし、写真や文章も見よう見まねかもしれない。でもそれでいいのだ、どうせ後からブラッシュアップしていくのだから。

試行錯誤の日々、つらい現実と闘いながらの毎日ではあるが、この時間はあなたの着想が「サービス」に羽化する直前の最もみずみずしい瞬間でもある。

世の中に足りないものを考える。

この前提を知らないと、不安ばかりが先につのり「何か良いアイディアはないか」とネット検索に走ったり、セミナーへ出かけたり、パーティに出席したりと「やってる感」だけの手段を選択してしまう。

しかし、アイディアを授かるためにはまず「世の中」を知らなければならない。「世の中」を知らなければアイディアは出ない。

興味のなかった新聞や、難しいと思っていた経済ニュースも、ちがう聞こえ方をしてくる。起業意欲とはそれだけのパワーをもっている。

世界情勢や経済、テクノロジー、トレンドや株価の変動、自然災害や人口構造まで。そのすべての学びは来るべき「起業家人生」がスタートした際に、強大なる武器になってかえってくる。

今までテレビやラジオの向こう側で起きていた他人ごとが、みるみる連結し「点が線」になっていく。すると知識の底上げが生じ、マスコミの情報を鵜呑みにしない「考察力」がついてくる。

情報に流されるだけだった自分とオサラバし、「世界」がリアルに形をもって出現してくる。日常的に情報と情報を冷静に照らしあわせるクセがつけば、世界の「すき間」が見えてくる。

ビジネスチャンスはそこにある。

entrepreneur

行動力・発想力・破天荒・天才肌・努力家ー。

随分と美化されている起業家のイメージだが、これは虚像に過ぎない。

これらは後から誰かが、あるいは本人たちがエゴを満たすために勝手につけたイメージではないだろうか。いやこれらがある部分では事実だったとしても、これらはあくまで「スタイル」であり、起業の本質ではない。

何よりもまずは、

世の中に足りないものを探しだすこと。

あなたがもし天才でなくても、努力家でなくても、会社員でも、フリーランスでも、学生でも、まったく問題ない。

生活で不便なもの、社会で不公平なもの、地球に足りないもの。

起業のチャンスはそこにある。

>> では起業の後は? 「ビジネスは《いかに途方に暮れないか》にかかっている」を読む >>>
 

▶︎著者:清宮 雄
フィリピン・セブ島在住。起業家・海外フリーランス、キャリアチェンジのビジネスパーソンを育成するIT留学「アクトハウス」代表。メンターとして現場でも奮闘中。アクトハウスの体験談はこちら >>>

ceo_cebu

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー