IT留学のアクトハウスが「フロントエンド」をカリキュラムにする理由。

IT留学で学ぶカリキュラムの種類

昨今のIT業界では、業務領域を大きく2つに分けることがあります。それが「フロントエンド」「バックエンド」という区分です。

自身を体現する言葉の一つとして「IT留学」を用い、参加者に実務に即した実践的なITスキルを伝授していくことを目的としているアクトハウスでも、当然「フロントエンド」「バックエンド」の区分に従って、講義を行っています。

しかもプログラミング/デザイン/ビジネスのメンターについては安心の日本人メンター。限られた留学期間のなかで「理解の速さ・深さ」に配慮しています。

IT留学を謳う各校にはそれぞれの特色がありますが、アクトハウスではIT留学に参加される方たちにとって「こういうほうが良いはず」という《3つの考え》に基づいた結果、フロントエンド領域を重視したITカリキュラムを展開しています。

View this post on Instagram

ーーーーーーーーーーーーー 少人数だからこそ、切磋琢磨できる。 ただの遊びだけで来る生徒はアクトハウスにはまずいない。 「現状の自分を変えたい」 「自分で稼げるようになりたい」 という、 ハングリー精神のある人の集まりです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー #アクトハウス #it留学 #自己成長 #人生を変えたい #自分を変えたい #成長したい #好きなことを仕事に #やりたいことがわからない #将来が不安 #人気者になりたい #留学仲間 #切磋琢磨できる仲間 #起業したい人 #フリーランスになりたい #キャリアアップしたい #転職したい #グローバル人材 #海外起業 #海外就職 #プログラミング留学 #ビジネス留学

アクトハウス@IT×英語×ビジネス留学さん(@acthouse)がシェアした投稿 –

アクトハウスのIT留学がフロントエンドに力を入れる、3つの理由

①ITを学びたいからIT留学に来られている。だったらとっつきやすいほうが良いはず。

フロントエンド領域は、ユーザーが実際に見る表層部分(=フロント部分)を業務対象としています。ウェブサイトであれば、レイアウトやデザインがそれに当たります。

例えば、画面に表示されている文字の色や大きさを変えたり、画像の回り込みを指定したり、表組みをしたり。実際に自分が打ち込んだソースコードの通りに即座に見た目が変化するので、すぐに結果がわかります。

バックエンド領域では、複数のパーツ(コンポーネント)が組み合わさって初めて動作するものがほとんどであるため、ソースコードを修正しても、その結果が分かりづらいことが多々あります。

IT初心者の場合ですと、ITやコンピューターそのものの概念や仕組みに対する理解がしづらく、バックエンド側をいきなり学ぼうとしても複雑過ぎて理解が進まず、時間ばかりが経過してしまう、ということが起こりやすいのです。

そのため、アクトハウスのIT留学カリキュラムは、フロントエンドを重視して取り上げ、プログラミングした結果が即座に画面に反映する様子を見ていただきながら、徐々にITやコンピューターの概念・動作の仕組みといった深い部分へ学習を一歩ずつ進めていただけるような流れを意識して、組まれているのです。

フロントエンドから入り、目に見えてわかりやすい動きの部分をしっかりと理解し、続けてバックエンド側の知見を身に着けて、トータルで実践的なITスキルを身に着ける、というわけです。

②せっかくIT留学でITスキルを伸ばしたのなら、転身先は多くの職種を選べる方が良いはず。

バックエンド領域で業務を遂行するのは、SE(システムエンジニア)と俗に呼ばれる職種1つのみです。

多くの場合、SEからキャリアをスタートさせ、チームを率いる「チームリーダー」、プロジェクトチームの責任者である「プロジェクトリーダー」、プロジェクトの責任者である「プロジェクトマネージャー」と昇格していきますが、どの職務も、システムエンジニアのキャリアがあって成り立つものです。

一方、フロントエンド領域で業務を遂行するのは、制作全体の進行管理を担う「ディレクター」、レイアウトやデザインを考案、作成する「デザイナー」、デザインデータを元に制作を進める「エンジニア」の3職種に分かれます。

人によっては、「デザイナー出身のディレクター」や、「デザインもできるエンジニア」、記事を作成する「ライター」、写真や動画を撮影する「フォトグラファー」など、複数領域の仕事をこなせる方もいて、できることが多ければ多いほど、活躍できるフィールドが広がっていくものです。

このように、フロントエンド領域の知見を身に着けておけば、卒業後の転身先として選択できる道が圧倒的に広がるのです。

③IT留学の卒業後は起業やフリーランスに挑戦したり、多様な働き方に対応できるほうが良いはず。

「働き方の多様化」というワードで真っ先に浮かぶのは「リモートワーク」かと思います。つまり、決められたオフィスに出勤せずに仕事をする、という働き方です。

しかし、止められない(ミッションクリティカルな)業務システム開発を担うことが多いバックエンド領域のシステムエンジニアだと、セキュリティ性の担保の観点から客先常駐型で仕事をするケースが多く、リモートワークでプロジェクトに参画すること大変難しいのが実情です。

加えて、客先常駐の場合では、常駐先の若手マネージャーが高年齢のエンジニアを使いづらく感じることも多いようで、年齢が高いと参入をリジェクトされてしまうこともあります。

一方、職種が複数に分かれているフロントエンド領域では、クラウドソーシングが浸透している現在の状況も手伝って、リモートワークが爆発的に普及している印象です。そのため、主婦ワーカーの数も多く、比較的長く働き続けることができると言えるでしょう。

常駐が不要で、より長く働くことができる―。結婚・育児や介護といったライフイベント・ライフステージの変化に合わせて多様な働き方ができるという観点で考えると、IT業界の中でもフロントエンド領域にスキルを身に着けておくのが良いと考えられます。

IT留学ならアクトハウスにご相談が安心

初心者が習得しやすくITスキルの基礎として学習するのに最適、かつ、身に着けておくことで様々な職種への展開と長期に渡るIT業界での活躍が期待できる、フロントエンド領域を重視しているアクトハウスのITカリキュラムについては、こちらでも詳細をご説明しております。

参加者それぞれの道や人生の目標を実現できるよう、日々さまざまな工夫をこらしているアクトハウスのIT留学。あらかじめ、働かせたい会社を用意しているようなことはありません。

そんなアクトハウスにご興味のある方、IT留学に関するご相談は毎日承っているので、お気軽にフォームLINEからご相談ください。また「IT留学説明会」も実施していますので、そちらもご利用いただけます。

IT留学に関するご質問はなんでもOK

ご質問はプログラミングのIT留学のことのみならず、アクトハウスの住居に関してや、近隣の環境なども気になられると思います。

他にも、現地のアシスタント・マネージャーについてや、1日のスケジュールについてなど広範囲に承っておりますので、ささいなことでもご遠慮なくご質問くださればと思います。

なお、新期生募集の最新情報はこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↓↓IT留学に関するコラム・記事↓↓
>>IT留学に関する記事・コラム目次はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

「IT総合留学」って何 1日の流れ カリキュラムについて 住居について 卒業後の進路 体験談 コースと費用 スタートアップの実績 卒業後のサポート IT×英語×ビジネス留学


いつでもお気軽にご質問をどうぞ。

skype mail

起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
20代のスタートアップ セブ島で起業する
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
20代のスタートアップ セブ島で起業する