さあ新年だ。人生を好転させる「ひとつの習慣」をスタートしよう。

いよいよ新年ですね。

今日から365日後に、笑っていられるか、今と大して変わらないかー。

それは毎日の自分次第

そこで今回は、世界の大成功者たちがやっている「ひとつの習慣」をご紹介します。

sunrise

今日からできる成功の習慣。

それは、

早起き

です。

「え…そんなことかよ…」と思うなかれ。

実はこれぞ定番の成功の法則のひとつであり、人生を好転させるシンプルな方法です。

世界的な成功者の本には、必ずといっていいほど書かれているのが「早起き」。なのに、早起きの「コツ」についてはなぜか大きくは語られていません。

実際はどうやったら、そんな早起きできるんでしょうか…?

最初にシンプルな「当たり前の正解」をつかんでおきましょう。

bed

【一流の人たちは】

早起きを継続させる唯一の方法は、

早寝

です。

人格や才知にあふれる世界企業のCEO。この社長たちの共通点は「早寝」であること。

早寝であるから、早起きできる。

ただ、彼らだってマシーンのように早起きするロボットではありません。眠い時、つらい時だってあるでしょう。しかし一般人と異なるのは、

早寝できる度胸の持ち主

であること。

本当は彼らだって、帰宅後は家族サービスも仕事もネットも読書もしたいはず。でも、寝る。もちろん帰宅後の家族コミュニケーションや趣味を放棄しているのではありません。それは朝、起床後にやるのです。

ではちょっと「あのCEO」は何時に寝ているのか、見ていきましょう。

 
【あのCEOって何時に寝てる?】
 
ロバート・ルガー(ディズニー)
21時半就寝 4時15分起床

ティム・クック(アップル)
21時半就寝 4時30分起床

BN-KB763_0831_B_J_20150831001843

ダン・エイカーソン(ジェネラル・モーターズ)
21時半就寝 4時半起床

ジェフ・ベゾス(アマゾン)
22時就寝 5時起床

j

ジェフ・ジョーダン(ペイパル)
22時就寝 5時起床

スティーブ・レインムド(ペプシ)
23時半就寝 5時30起床

リチャード・ブランソン(バージン)
24時半就寝 5時起床
 


 
【早寝への道はひとつ:昼間の調整力】

夜が遅くても早起きできるのは、せめて3日が限度でしょう。しかし無理矢理な早起きはまったく意味がありません。

大切なのは「早寝戦略」

つまり「早寝のための調整力」を鍛えることにあります。

この調整力とは何かー。

======================

早く起きる
早く脳を起こす(ストレッチ・体操・運動)
早く情報収集する(ニュース・メール対応)
早く学校や仕事に行く(ラッシュを回避)
早く勉強や仕事をする(予習・先回り)
早く勉強や仕事を終わらせる(断る勇気)
早く帰る(自分の時間を確保)
早く寝る(夜更かししない・酒を飲まない)

======================

「早寝」するためには、これだけの壁をクリアしなければいけません。そのためには会社の同僚や上司、学校の仲間に、

「帰るの早いな。でも来るのは早いか
「いいんじゃない。やることやってるし
「人付き合いもいいし、うまいよね
「っていうか、仕事が早いんだよ

と、だんだん「自分の早帰りキャラを浸透させる根回し」も必要です。ひと手間もふた手間もかかることですが、さっさと帰れない会社に務めている場合や、なかなか解放してくれない友人やバイト先にいる場合は、こういった努力が必要となってきます。

しかしなぜ、ここまでして「早寝」すべきなのでしょう?

14

【未来を作るのは脳だから】

仕事や勉強は判断の連続です。すなわち人生は判断の連続です。いわずもがな、その判断をくだすのは「脳」

判断の全てを司る「脳」のクオリティをどれだけ普段から上げておけるか、つまり「覚醒させておけるか」で人生が決まります。

この覚醒とは何でしょうか。

======================

もの覚えがいいこと
仕事が早い・正確なこと
急な仕事も受ける柔軟性があること
急な仕事を断る決断ができること
敵を作り過ぎない良好な人間関係の構築
数年後の自分を描きながらの行動・言動

======================

このような立ち回りを、冷静に高い質でキープできることです。

仕事やプライベートの判断。この判断をする「脳」。脳をいつも最上に研ぎ澄ませておくことで、人生がゆっくりと好転し始めます。もし間違った判断をしてしまっても、頭がクリアなので取り返すスピードがちがいます。

名だたる世界のCEOたちが、

メール対応や業務指示
情報収集や家族サービス
ジョギングやストレッチ

を早朝にもってきているのは、健康オタクであったりファッションでやっているわけではありません。「脳」が最高の状態に向けて始動する「朝の時間」を活用しているのです。

1

【脳は「22時〜深夜2時」にリフレッシュされる】

人間は寝始めてやっと3時間後に「浅い眠りと深い眠り:1セット90分」を繰り返す状態に入ると言われています。

浅い眠りの時は、実は脳は起きており、このときに夢や寝言といった現象がおこります。その日の出来事を圧縮データにし脳内に格納、翌日への脳内キャパシティを確保しているのがこの時。また寝返りを打つことで、ゆがんでいた骨の矯正なども行っています。さらに、睡眠の最初の3時間では血流も正しく整えていくなど、とにかく体は翌日へ向けさまざまな処理を行っています。

睡眠が大事、生活リズムが大切と言われるのはこの「体の整理整頓」のためにあるのです。

特に22時から深夜2時の間は身体調整のゴールデンタイムと言われており、この時間帯にかぶせて寝てしまうことが、翌日のコンディションに大きく関わってきます。

morning

【それは遥か昔から】

世界のCEOたち。彼らの生活習慣は「早寝」に軸が置かれており、あくまで早寝あっての早起きという「当たり前の理論」がそこにあります。

しかしやはり、早寝の例えが世界的なCEOたちとなると「偉い人はいつでも自由に帰れるだろうし、やっぱり庶民とはちがうでしょ」と考える人もいるでしょう。しかし驚くことに、彼らはこの生活習慣を、

20年以上

続けていると公言しています。平たく言えば、

えらくなる前から

ずっとこの生活をしているのです。

もちろん、下積みの頃は「上司から突然の残業を頼まれたり」「自宅に帰れない日があったり」「行きたくもない食事に誘われたり」などはたびたびあったと考えられます。また当然、特にアメリカで大きな課題となっている「休暇が取れない」という問題にも直面していたはず。

しかし彼らは、一定のレベルでこれをやってのけたのでしょう。

まだみんなが起きている時間に寝る。

草木も眠る早朝から起きる。

そして、誰よりも早く寝る。

photo-1418874586588-88661ed80c4a

何事にも言われる「継続力」と「忍耐力」。

しかしそもそも、このパワーの根源は自分の「身体」であり「精神」に宿ります。これらの質を高めるのは「早起き」に他なりません。そして、その早起きを継続的に実現させる唯一の方法が「早寝」です。

夢を叶えるためには「早く寝る」。

一見シンプルなようで奥が深いこの習慣。

あなたは来年の今頃、どんな生活リズムを手に入れているでしょうか。
 

▶︎著者:清宮 雄 プロフィール
フィリピン在住の事業家。起業家・海外フリーランスを育成するIT留学「アクトハウス」代表。メンターとして現場でも奮闘中。アクトハウスの体験談はこちら >>>

ceo_cebu

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー