【仕事と勉強】デキる人・デキない人の「差」ってどのへん?

仕事がデキる人・デキない人。
勉強がデキる人・デキない人。

社会は他人同士の集まりだけに、
評価はとても厳しいものです。

でもその「デキる・デキない」って
どこが分かれ道なのでしょう?

仕事デキる人・デキない人

ときに物事は「結果が全て」と言われます。

プロセスも大事だけど、結果。

確かにそうかもしれません。

しかし結果を出すにはプロセスが必要で
デキる人はここが「うまい」んだと思います。

そこで今回は、そのうまいやり方を支える
「デキる人の考え方」にフォーカスしてみたいと思います。

仕事術

デキる人の考え方というのは、
2つの特長があるように見えます。

▶︎1.複雑なことをシンプルにとらえる

▶︎2.シンプルなことを複雑にとらえる

この特長は、日常のいろいろな場面にあてはまります。

わかりやすく「仕事と勉強」の2つの例で見てみましょう。

両立したい、仕事と勉強

【例1】会社で「大量の業務」が発生。

◉デキない人「最悪。終わるわけない。土日もなくなった」
◉デキる人「短くできる方法はないか。シンプルに考えよう」

《複雑をシンプルにとらえようとする》


 

【例2】学校で「少ない宿題」が出た。

◉デキない人「ラッキー! 今度の授業直前にやろ」
◉デキる人「量が少ない分、奥が深いのかもしれない」

《シンプルなことを複雑にとらえてみる》


 

いずれのケースも、課題に対しスタート地点が異なるため、プロセスも異なり、よって結果も大きく変わってきます。

比較してみよう

ちょっと閑話休題ですが、コンピューターで有名な世界的IT企業の「DELL」をご存知でしょうか。

この会社の創業社長は、以前インタビューで、こんなことを言っていました。

「僕は究極の心配性なんだ。だからここまでこれた」

些細なことでも気にかけ、人が見過ごすようなことでも大げさにとらえてみる。

リスクを分散し、多重で堅牢なビジネスモデルを、常に未来を心配しながら築き上げる。

そんな積み重ねと試行錯誤が、世界規模の経営を成功させたのかもしれません。

世界の起業家の言葉

デキる人は、シンプルな事象には「こんなカンタンなわけがない」と慎重になり、複雑なことには「本質はシンプルなはずだ」と、落ち着いて対応にあたるように思います。

ネガティブでもなく、楽観的でもない。

ポジティブだけども、懐疑的でもある。

シンプルなことも複雑なことも、同じ距離で向き合える。

できる人になろう

みんなが「楽勝〜」と言ってるものに、
ひとり眉間にシワを寄せている。

みんなが「最悪…」と言ってるものに、
ひとり穏やかに対応している。

そんなクールな人、周りにいないでしょうか。

考え方をシンプルに

▶︎複雑なことをシンプルにとらえる

▶︎シンプルなことを複雑にとらえる
 

難しいことかもしれませんが、

これが仕事や勉強のステージを上げる、

コツのひとつ、かもしれません。

 

▶︎著者:清宮 雄
フィリピン在住の事業家。起業家・海外フリーランスを輩出するIT留学「アクトハウス」代表。アクトハウスについてはこちら。

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
20代のスタートアップ セブ島で起業する
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
20代のスタートアップ セブ島で起業する