仕事で信頼を失う「3つのキケンな言葉」に気をつけよう。

仕事の会話に気をつけよう

社会に出て働くようになると、実にさまざまなキャラクターの人たちと仕事を共にすることになります。

それぞれが仕事に追われないよう、約束をやぶらないよう、時間や締切と戦いながら粛々と作業を進めています。取引先や仕事上のパートナーは、同世代のクリエイターであったり、会社の上司や先輩、部下や後輩であったり。

みんな出身や考え方、こだわりや譲歩の範囲もそれぞれです。だからこそ、慎重な発言が必要です。

ビジネスの会話

3つのキケンな言葉

任務や時間と格闘しながら、ひとつの目標に向かって複数の人間で動いているとき。「発すると危ない言葉」があります。

何らかで指摘やツッコミを受けた際、自分を擁護しようとするあまり、瞬間的に口に出る言葉。

しかしそれは時に、パートナーや同僚、上司や部下の信頼を著しく失墜することになりかねません。

今日はそんな言葉のなかから「3つのキケンな言葉」をとりあげます。

 


 

わかってます

知ってます

やろうと思ってました

 


 

心当たりはないでしょうか。
 

ビジネス会話できてますか?

非日常の世界で

誰かに指摘を受けたとき、注意されたとき。

鋭い意見が出たとき、ツッコミを受けたとき。

思わず、

「わかってます」
「知ってます」
「やろうと思ってました」

が出てしまうと、相手に不快感・違和感を与えてしまいます。もちろん会話のみならず、SNSやメールも同様です。

sns社会

これが気を許せる友人同士のやりとりならば、理解を示してくれるかもしれません。しかし仕事という「ビジネスのステージ」は、プロとプロの真剣勝負の世界。

休日やプライベートとは異なる「やたら厳しい非日常な世界」であることを認識しておく必要があります。怖気づく必要はありませんが「相手はキレやすく、張り詰めている」という一応の想定をして損はありません。

そんな異質な世界のなかで、悪気はなくとも不快感・違和感を感じさせるデンジャーワードを使い続けていると、地味に距離を置かれてしまいます。

相手の忠告や指摘に対し、素直なお詫びや改善のアイディアを提示できないこと。3つのキケンな言葉は、ビジネスシーンにおいて頻繁に耳にする、まさに「命取りの言葉」です。

オフィスのイメージ

一瞬の誠実さ

いつでも真摯に、パートナーと向き合う。共にミッションを遂行するチームメイトにこそ、ましてやクライアントには絶対に「間違った見栄」を張らない。かといって、むやみやたらに謝れば責任感の欠如を問われます。

重要なのは「一瞬の指摘に対し、一瞬の誠実さを出せるか」。

技術や知識のみを伸ばしていても、大きな夢を語っていても、目の前の仕事への配慮が欠けていれば、評価は下がる一方です。

ビジネス上のやり取りとは、時間が限られているもの。面倒な話ですが、だからこそつまらない言葉のプチミスを避け続け、スマートに着地させる必要があります。

細かい一言、そして機微。総じて人間関係にもしっかり注力できる「謙虚さと余裕」を身につけておくこと。

一見地味な、それら気配りの積み重ねは、その仕事をスムーズにゴールへと導く重要な潤滑油となってくれます。

 
【著者「IT・英語・ビジネス留学」アクトハウス:清宮 雄】

▶︎▶︎さらに 「ビジネスでの”話し下手”を解決する《9+1》の裏ワザって?」も読む >>>

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー