セブ島のアクティビティ

海外という環境のなかでは、買い物ひとつでもさまざまな事柄が勉強になります。

それはこのフィリピン・セブ島IT×英語×ビジネス留学「アクトハウス」ももちろん同様。

そしてセブ島自体は「簡単そうで攻略が難しい島」でもあります。そのあたりのリアルな現状は「セブ島ってどんな島?」の記事をご確認ください。

↓休日はバスで3時間かけて、セブ島の南北へ出かけるのもあり↓

フィリピンの文化に触れ、セブ島の魅力を知る

セブ島の現地の人々との交流や観光、リゾート向けのホテル、島内の小旅行、近隣の諸外国にバックパックやツアーで出向き見聞を広めるなど、幾多の文化や価値観の違いを通し、経験を広げ、深めることに役立てましょう。多民族国家では英語が共通語となり、そこでは日本語では決してありえないような表現や言い回しも多数存在します。

アクティビティを含めた、セブ島での日常の何もかもにアンテナを立て、ひとつ残らず吸収するのもアクトハウスの活用のひとつです。

セブ島の現地の人々との交流

シンガポールや香港への旅行

フィリピン・セブ島から近隣の諸外国への観光は「セブ・パシフィック航空」や「バニラエア」など、LCCなどの格安航空での旅行が可能です。祝日が金曜日や月曜日に多いフィリピンでは、連休を使った個人旅行やツアーやアクティビティが組みやすいという利点もあります。ただし、この国では祝日の発表は直前であることが頻発するため、いつでも出かけられるフットワークの軽さも必要。金融や観光で評判のシンガポール、混沌と活況の街・香港、移住人気国マレーシア、バックパッカー御用達のインドやベトナムなど、費用もリーズナブルに行ける世界へのアクセシビリティは極めて高い立地なのが、フィリピン・セブ島なのです。

セブ島から行ける外国もたくさんある

セブ島にあるローカルフードを体験

個性的なラインナップがズラリのフィリピン・セブ島。しかもそれらのアクティビティをリーズナブルに楽しめるのが嬉しいところ。アクトハウスから歩いて2〜3分程度の近隣でも、それらは手軽に味わうことができます。日本人が慣れ親しんだ「お米」に合う食事が多く、また一方でアメリカンな洋食や純和食、台湾料理やタイ料理にも事欠きません。五感で味わう「食文化の体験」は、何よりもリアルにその国の胃袋を知る貴重な機会です。多国籍民族が生きる土地への変貌を遂げつつあるセブ島において、一気に世界中のグルメを味わいましょう。

個性的なフィリピン・セブ島

セブ以外の島への小旅行

7,107個もの美しい小島からなる多島国家のフィリピン。

セブ島以外の島へは30分でいけるところから3時間以上かかるものもあります。しかしどの島も個性的で評判が高く、海は美しく、緑は青く、風は透明で暖かいところばかり。世界で随一の島々を誇るこの国に滞在するからには、南国の魅力やアクティビティを存分に吸収しない手はありません。IT×英語×ビジネス留学「アクトハウス」では、提携英会話学校との交流が深いため、フィリピン人の講師たちと英語でコミュニケーションしながら一緒に出かけることも。セブ島から白い砂浜が広がる人気のスミロン島へ移動したり、シュノーケリングやダイビングで見る深海の光景はまさに「ディスカバリー・チャンネル」そのもの。そして高級なリゾート向けのホテルやツアーも日本や欧米諸国よりも格安。神秘の宇宙が広がる深海の異空間を、とくとその眼に焼き付けましょう。ただ意外に広大なセブ島、それらはお手軽に行ける距離ではないので、きちんと事前学習と準備はしておきましょう。

セブ島の地図

ーーーーーーーーーーーーー 英語の授業2時間だけじゃ不安? フィリピン人の友達と旅行に行った時には、48時間くらいずっと英語で喋ったけど笑 ようは、本人に英語を学ぼうとする意志があるか、ないか。 ただそれだけ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー #アクトハウス #実践授業 #アウトプットが大事 #人生を変えたい #自分を変えたい #成長したい #好きなことを仕事に #やりたいことがわからない #将来が不安 #人気者になりたい #留学仲間 #切磋琢磨できる仲間 #起業したい人 #フリーランスになりたい #キャリアアップしたい #転職したい #グローバル人材

アクトハウスさん(@acthouse)がシェアした投稿 –

こんな週末もありました

お茶の免許を持っている生徒さんが、セブ島でお茶を煎れてくれた週末も。

セブ島でお茶会

かけがえのない時間

独自の理念にもとづいた超少人数のIT留学であり、英語留学・エンジニア留学またビジネス講座のカリキュラムが常に高水準でキープされているアクトハウス。プログラミングや英語はもちろん、総合的にITを修得していくユニークなIT×英語×ビジネス留学です。ここでは普通であるはずの旅行やアクティビティ、食事さえも、かけがえのない「同志」との貴重なセッションの時間となります。これまでのこと、現在のこと、そしてこれからのこと。今だから話せることを、セブ島という異国の地のなかで語り合う。IT留学のアクトハウスでは、そんな勉強以外のかけがえのない時間にも、思わぬ未来のヒントが眠っています。

起業や独立、希望の就職や転職を目指したい「答えはわからなくても、人生にぶつかっていく参加者」しか集まらない空間。過去の参加者の方が口をそろえるように「学校や会社では決して出逢えない、かけがえのない出逢い」がここにあります。そしてそのリレーションは、卒業後も固くつながり、お互いビジネスで繋がりながら、パートナーとして強く繋がっています。

セブ島ってどんな島?

フィリピン、セブ島といってもなかなかイメージにしくい方もいらっしゃるかもしれません。島といっても意外と面積は広く、実は海がすごい近いわけでもないのがセブシティの特長です。以下の記事や目次では、そんなセブ島のリアルや活用のコツをまとめています、

>>「セブ島ってどんな島?」へ

>>「セブ島」に関する記事の目次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「IT総合留学」って何 1日の流れ カリキュラムについて 住居について 卒業後の進路 体験談 コースと費用 スタートアップの実績 卒業後のサポート IT×英語×ビジネス留学

いつでもお気軽にご質問をどうぞ。

skype mail

このエントリーをはてなブックマークに追加
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
20代のスタートアップ セブ島で起業する
起業・フリーランス・キャリアチェンジ 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
20代のスタートアップ セブ島で起業する