何をやるかより誰とやるか。
起業前に知っておきたい「7つの鉄則」

ビジネスをスタートするとき。最初に何を考えるだろう?

「何かアイディアはないか」
「一番最初って何すんだろ」
「手続きってどうやんだろ」
「みんなどうやってんだろ」
「資金はどうしよう」

たくさんの「わからない」が先に来てしまい、悩んでいるうちになんだか自分が頼りなくなり、そのまま曖昧になってしまう。

「独立したい」「現状を変えたい」「今年は勝負だ」と、気持ちばかりが先走り、地に足が着かないまま時間だけが過ぎてしまう。

しかし、何を差し置いても、最初に考えなければならないことがある。それは、

何をやるかより誰とやるか。

29125-fun-business

「何をやるかより誰とやるか」は、成功している起業家・事業家たちがたどり着く「境地」である。オフィシャルサイトや代表インタビュー、書籍で語られているそれらを挙げてみよう。

=================================

「何をするかより誰とするか」
面白法人カヤック(オフィシャルサイトより)

「何をやるか」ではなく「誰とやるか」
株式会社ビズリーチ:南壮一郎社長(ビズリーチニュースより)

「何をやるかより、誰と働くか」
ライフネット生命保険株式会社:岩瀬大輔社長(朝日新聞デジタルより)
=================================

それではこの重要性、また注意点もふくめ「7つ」の角度から見ていこう。

29142-interesting-business-image

【1】 誰とやるかの重要性

1人では何もできない。

ビジネスを進めていくうえでは、必ず「誰かの助け」が必要になってくる。

それは起業間もない会社も同じだ。現実的には、もう新しい会社は世の中になくても誰も困らない。そのなかに新参者がわざわざ入っていくのだから、よほどの度胸と勝機がなければ生き残るのは難しい。

その戦場のなかで勝ち続けるのに唯一必要なのは最良の「ビジネス・パートナー」を見つけることである。

ということは、自分も相手にとって最良の「ビジネス・パートナー」たることが必要になってくる。

29110-interesting-business-image

【2】体は1つ・1日は24時間

「誰とやるか」の理由はシンプルだ。

体は1つ・1日は24時間しかないからである。つまり、勝ち上がるには「手分け」をする必要がある。

それは、一匹狼の職人が立ち上げる「飲食店」の場合も例外ではない。

この時代、ちょっと味が良いくらいで土日も平日も客が通い続けてくれるだろうか。競合店は無数に存在する。

生き残るには店の内装やホームページ、広報宣伝、顧客リストやリピーター確保、風評の阻止から利益循環構造の形成まで、ITやマーケティングの知見も必要になってくる。もちろん従業員教育やマネジメント、財務に関する知識なども当然求められるゆえ、スーパーマンであってもこなせないタスクが日ごとに増えていく。

それらを無責任な外注業者に高いギャランティで委託していると、痛い目に合う。

外注はニコニコしているが、あなたの店など「たくさんあるクライントのひとつ」にすぎないのである。誰でも時間はない。面倒なことには巻き込まれたくはないから、手を抜くところは抜いている。

なんでもアウトソース、というのはリスクが伴うのである。

29088-interesting-material-of-commerce-1

【3】人材アンテナを立てる

日々、パートナー探しにアンテナを立て続けよう。どんな出逢いでも、それがたとえ、気まぐれで寄ったカフェの店員さんに対してさえも、どんな逸材に出会えるかわからない。

人材探しは社長業の永遠のタスクでもある。

「人材アンテナ」を立て続けるクセを持つのは、いわば起業家・事業家の宿命だ。
 



 
【4】パートナー選びの3箇条

ビジネス・パートナー選びのポイントは3つある。

1. 信頼できること
2. 腕が良いこと
3. 自分と異なる意見を持っていること

仲の良い友人とのビジネスは難しいと言われている。しかし大事なのはそういった先入観を取っ払うことである。大切なのは、友人どうこうでなく、

1. 信頼できること
2. 腕が良いこと
3. 自分と異なる意見を持っていること

シンプルに、この3つにフォーカスしよう。

29101-interesting-business-image

【5】面接「されている」

いわゆる起業家タイプの人は、多かれ少なかれ破天荒だ。枠にハマることを嫌い、人生を自分のために使いたいと思っている。命や若さが有限であることにも敏感だ。

しかしそれゆえに「俺が・私が」なタイプも多い。アイディアもやる気も野望も十分にあるもんだから、その行動は良くも悪くも一方的だ。

その姿勢は「仕事に対する情熱」にはもってこいだが「ビジネス・パートナーを探すとき」には危険な要素になってくる。

パートナー側の視点から見れば、

「単にやりたくないことをやらせる人を探しているだけでは?」

「最終的に自分がおいしい思いをしたいんじゃない?」

「ようするにパシリが欲しいんでしょ?」

こんな風に見られかねない。もし純粋な思いでスカウトをしていても、パートナー側は至極冷静にあなたの一挙手一投足を見ている。そう、誰かをスカウトするとき、あなたは面接官ではない。

面接されている

と気づいておこう。

29123-fun-business

【6】やることは自然に決まる

ビジネスのアイディアがそこそこでも、それを一人で煮詰め「100%」まで高める必要はない。50%程度のアイディアをいくつも持っておいて、あとはビジネス・パートナーと話し合うことが大切だ。

先ほどの「パートナー選びの3箇条」にあった

自分と異なる意見を持っていること

がここで意味を成してくる。50%のアイディアは数秒で2倍の企画になる。異なる視点、異なるリスクヘッジを加味した100%はなかなか頑丈だ。

つまり優れたアイディアが必要なのではなく、相手が最適なパートナーであれば「やることは自然に決まってくる」。

29112-interesting-business-image

【7】分業と丸投げを混同しない

パートナーと組むことが決まったら。分業ルールを守ろう。任せきるのが怖くても、それはしなければならない。大きな組織になればなるほど、だ。いつまでも自分一人でやっていては、やりたがっていては、全てはあなたの想像力の範囲でストップしてしまう。そして限界点に達したが最期、あとは堕ちていくだけである。

しかしそこで注意したいのは「分業と丸投げ」の混同だ。

「任せている」
「信用してるから」

という言葉がふと口をついて出てきたら「あぶない」という危機感を持とう。

パートナーも万能ではない。
追い込まれているかもしれない。
なんで自分だけ苦しんでいるんだと思っているかもしれない。

あなたとパートナーの仲を引き裂こうと企む第三者もいるだろう。

分業と丸投げを勘違いせず、相手の仕事に興味とリスペクトを持ち続けよう。

29114-interesting-business-image

【さいごに】

何をやるかより誰とやるか。

最良の「ビジネス・パートナー」を見つけることは、自分も相手にとって最良の「ビジネス・パートナー」たることである。

支援、思いやり、偶然を「必然」と思っている人は失敗する。実は自分だけが目立ちたいと考えている人は問題外だ。

アイディアを深め、アレンジし、時に失敗やピンチを共にできるビジネスのパートナー。「理想の世界」「理想の人生」に向かって事業を一緒に進めていける人物。この共生なくして成功はない。

他者を意識し、他者を受け入れ、他者を尊敬しよう。

すると、世の中の風景がガラリと変わってくるだろう。

▶︎ ビジネス・パートナー
▶︎ クライアント
▶︎ 協業会社
▶︎ 協業フリーランス
▶︎ 家族
▶︎ 恋人
▶︎ 友人

会社を、ビジネスを、そして人生を支えてくれる人は、いつだって「自分以外の誰か」であること。

パートナーあっての自分であること。

ビジネスという得体の知れない言葉に肩肘を張らずに。

感謝と尊敬をいつも心にたずさえて、人生に挑み続けよう。その行動の積み重ねはやがて、最良のパートナーとの出逢いをもたらしてくれる。
 

▶︎著者:清宮 雄 プロフィール
フィリピン・セブ島在住。IoTそしてA.I.時代の国際的な起業家・ビジネスパーソンを育成するIT留学「アクトハウス」代表。メンターとして現場でも奮闘中。アクトハウスの体験談はこちら >>>

ceo_cebu

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー