「出世」と「ボーナス」は会社のワナ。貴重な20代・30代を会社に飼い殺されないために。

会社に慣れてきた。上司とも後輩とも関係は悪くない。

しかしどうも、やる気が出てこない。

そんなとき、心によぎること。
 
「そろそろ会社、辞めようかな…」
 
そのタイミングで、会社から声がかかる。

「◯◯くん、ちょっと話が」

photo-1429667947446-3c93a979b7e0

会社には何も言ってないのに、なんとも言えないタイミングで「リーダー」や「チーフ」、時には「係長」「課長」といった昇進の声がかかる。

「んー…まあ、良い機会だし、ちょっとだけやってみるか…」

そしてそこから「2年」が経つ。立場もすっかり板につき、上司とも部下とも関係は悪くない。

しかしどうも最近、やる気が出てこない。

そんなとき、心によぎること。
 
「そろそろ会社、辞めようかな…」
 
そのタイミングで、会社から声がかかる。

「◯◯くん、ちょっと話が」

photo-1431540015161-0bf868a2d407

会社には何も言ってないのに、なんとも言えないタイミングで「特別ボーナス・昇給」の話に。

「え…そんなに評価してくれてたのか…」

そしてさらに「3年」が経過。給与は対して上がらずも、上司とも部下とも関係は悪くない。結婚するような年齢も近づいてきたし、先月は思い切って新車と大型液晶テレビも購入した。
 
「もう会社、辞めるのもダルいな…ま、とりあえず現状キープかな」
 
しかしその頃から、だんだん会社から声がかからなくなる。

疑問に思う間もなく、とりあえずは先輩面もできる社内の居心地は悪くはなく、半年に1回のボーナスの時期が近づき「次の賞与までは頑張るかな」と、思いとどまること数年。

居酒屋の片隅で「会社は辞めるつもり」「来年はいない予定」と後輩たちに講釈をたれるも、実際の生活は家賃も安くはないし、生活費やローン諸々、一瞬でも給料なしの生活など想像もできない。

日々、支払いのために働き続ける。

こうして気づいたら、30年以上が経過していた。

51815-platform-to-get-started-drawing-man-with-suitcase

生かさず、殺さず、辞めさせず。

優秀な社員ほど「◯◯くん、ちょっと話が」のサイクルは早くなり、絶妙なタイミングで昇進や特別賞与、優遇措置などの「点滴」が打たれ、延命措置が取られていく。次の若手が育つまで、その注射は打たれ続ける。

しかしなぜそんな「絶妙なタイミング」で声がかけられるのだろう。あまりに絶妙すぎる。自分はちゃんと評価されているんだ、と思いたい。ただ、経営陣は1枚も2枚も3枚も上手だ。彼らのミッションは会社の「経営」という、もっともな響きを持った仕事とされているが、その正体は、

《優秀な人を辞めさせないこと》

にある。優秀な人がいれば売上をキープできる。あるいは増加も期待できる。ほどほどの給与をつぎ込んだ分、売上が下がればとことん問い詰めるのみだ。しかしどんなに素晴らしいサービスや商品でも「人」がいないと売ることはできない。明日から会社に誰も来なくなったら、会社は終わる。だから、

生かさず、殺さず、辞めさせず。

絶妙のバランスで褒め、叱り、おだて、中年まで使い続ける。

「クラウドの時代」「無人化の時代」と言われて久しいが、それはあくまで仕組みの問題。その仕組みをつくり、メンテナンスし、また改善し、売っていくのは「人」である。人こそ全てなのだ。会社は各部署に部長という名の情報屋を配置し、優秀な社員のなかで「誰が調子悪そうか?」「誰のモチベーションが低いか?」「誰が不満をタレているか?」をしっかり把握している。暗雲が立ち込める前に「新しい点滴」を用意しなけばならないからだ。

《会社の資本は人にあり》

とは、美しい言葉だが、人がいないと会社は終わるだけのこと。

だから会社に使われるか、会社を使ってやるか。それは自分次第なのである。

hand pressing social media button

【使い捨ては正当化できる】

会社が人を使い捨てするとき。会社は正論で論破してくる。

◉ 最近やる気が無い
◉ 最近精度が低い
◉ 最近協力的じゃない
◉ 最近勉強してない
◉ 最近受け身だ

忙殺されている人には、どれかが当たってしまう正論。「もういらないよ」「若手の方が使いやすいわ」「早く辞めてよ」とは言えない代わりの関節技である。
 


 
【じゃあ、できるヤツらは何がちがうか】

ではここで「正反対の人たち」を見ていこう。

米Forbes誌によると、世界には「400人」だけ「大富豪」と呼ばれる層がある。世間一般には嫉妬も込めて「成金」と揶揄されることも多い彼ら。

しかし本当に賢い一部の富豪たちは下品でなく「成功者」と呼ぶにふさわしい。堅実かつ野心に溢れ、その感覚はナイフのように鋭く、またきっちりと「地獄」も見てきている。

つまり、やっぱり「苦労人」なのだ。

photo-1446214814726-e6074845b4ce

とびきりに「できるヤツら」である成功者。彼らと「飼い殺される会社員」は何がちがうのか? 極端な金持ちと、極端な会社員。比べる方がおかしいか。だからこそ比べるべきか。

ともあれ、成功者の考え方を「10通り」並べてみる。

これまで見てきた会社員の例と、どのような対比になるだろう?
 


 
= 成功者「10」の習慣 =
参照サイト:United States「Life Hack」(English)Kalen Bruce 「moneyminiblog」(English)
 


 
1.「困難を選ぶ」
The people class live comfortably, the rich embrace being uncomfortable.

◆成功者:成功と困難は1セットと考えている。
◆一般人:安全を繰り返す。皆が行く方を好む。
 


 
2.「収入以上のお金を使わない」
The people class live above their means, the rich live below.

◆成功者:無駄買いせず資産増額を勉強。
◆一般人:買い物でストレスを解消する。
 


 
3.「出世を所有する」
The people climb the corporate ladder, the rich own the ladder.

◆成功者:会社という出世の舞台を所有。
◆一般人:組織内の出世で一喜一憂する。

photo-1418815018108-8d6ddf8da82d

4.「友人を選ぶ」
The people are friends with everyone, the rich choose wisely.

◆成功者:自分よりレベルが上の人と付き合う。
◆一般人:誰でも友達が美徳と考える。
 


 
5.「自分のために働く」
The people work to earn, the rich work to learn.

◆成功者:スキル修得のために働く。
◆一般人:毎月の支払いのために働く。
 


 
6.「お金を所有する」
The people have things, the rich have money.

◆成功者:お金を所有する。
◆一般人:モノを所有する。

photo-1433421854256-d702692ef35a

7.「いかに稼ぐかを考える」
The people focus on saving, the rich focus on earning.

◆成功者:貯金や節約よりも稼ぐを模索。
◆一般人:お金を貯めることを考える。
 


 
8.「お金に合理的」
The people are emotional with money, the rich are logical.

◆成功者:無駄を最小限に抑え運用。
◆一般人:お金を感情的につかう。
 


 
9.「目標が高い」
The people underestimate their potential, the rich set huge goals.

◆成功者:壮大な目標を設定する。
◆一般人:できる範囲の目標を設定する。
 


 
10.「量より質」
The people believe in hard work, the rich believe in leverage.

◆成功者:量でなく内容だけを見る。
◆一般人:仕事の量に達成感を感じる。

photo-1414408718521-f6f6198e9917

極端な大富豪の例と、極端な会社員の例。しかし両極端とはよく言ったもので、冒頭から見てきたサラリーマンの30年間とは見事に全てが対照的だ。

これを見ると、成功の極意とはお金そのものにあるのではなく「考え方」にあるのがわかる。決して流されることはなく、知恵を蓄え、知恵を働かし続ける。

会社に飼い殺されないこと。一回限りの命を無駄にしないこと。

出世とボーナスに振り回されることなく、後悔だけはしない生き方を選択しよう。

他人に品定めされる人生でなく、自分が誇れる人生を生きるために。
 

▶︎著者:清宮 雄 プロフィール
フィリピン・セブ島在住。IoTそしてA.I.時代の国際的な起業家・ビジネスパーソンを育成するIT留学「アクトハウス」代表。独立していてもしてなくても、会社に頼らない生き方を。アクトハウスの体験談はこちら >>>
 

cmp

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー