何かひとつ始めるなら、
何かひとつ捨ててみる。

「そろそろやめないと」

そう思っていても、

続けていることはないでしょうか。

夜更かし

タバコ
お菓子
虚勢
愚痴
だらだらネット
意味なくテレビ
惰性の人間関係

他にも、いろいろあるかもしれません。

photo-1436306896198-6f280fe8481b

それらは長年にわたって

体に染み付いているもので、

なかなか簡単にやめることはできないものです。

しかし一見些細なそれらが、

人生を非生産的に、

単調にしている可能性があります。

photo-1431887915357-68b819fae322

「生まれ変わる」

「今年は勝負の年」

「もう後がない」

そんな意を決しながらも、

やはり結局は「変われない人」がいます。

そんなことにならないために、できること。

それは「ひとつ捨てる」ことです。

to

「ひとつくらいやめたって、関係ないよ」

「合わない人間関係くらい多少あるし」

「いますぐ引っ越せないでしょ」

「まあ今日のところは何もしなくても」

本当にそうでしょうか。

自分の周りで「ひとつ捨てた人」って、

妙にスッキリしている気がします。

photo-1455637696518-1bb72679c100

例えば「会社」を辞めるとどうなるでしょう。

翌日に即死でしょうか。

いえ、そうではないはずです。

あの電車、あのデスク、あの上司に会わないで済む分、

いったい何が変わってくるのでしょう。

photo-1457969414820-5fdd86fc0b84

昔の習慣を捨てると、もれなく特典が付いてきます。

それは「時間」です。

photo-1460482930131-41238907db52

習慣は、人をダラけさせます。

しかし、習慣を変えるのは難しいものです。

いきなり今日から「夜9時に寝ろ」と言われても、意外とできません。

人間いきなり、やることをひとつ増やすのは、想像以上にできないものです。

新しいことを始めたいのであれば、心のどこかで「もうやめよう」と思っていたものを、本当に捨てることからです。

そうしてやっと、お金では買えない「時間」を確保できるのです。

始める前に、捨てること。

これが最初の難関かもしれません。

photo-1436911540429-4a6e2c0f1601

ひとつ捨てると、

「ひとつ余計なことを考えなくなる」

という時間が手に入ります。

ではもし「ふたつ」捨てれたらどうなるでしょう。

きっと想像以上の「余裕」が手に入ります。

「土日に無理にでも予定を入れていた」
「ストレス発散で買っていた・食べていた」

そろそろやめたかった。

もう次の自分に行きたかった。

もしそんなモードだったら。

まずは捨ててみてから、考える。

新しい自分は「空っぽの自分」から始まります。

photo-1420136663600-498c31ee1c97

心のキャパシティはそれぞれ。

容量が広い人・狭い人、いろいろあると思います。

だから無理に増やさず、無理に減らさず。

ひとつ始めるなら、ひとつやめてみる。
ひとつやめるなら、ひとつ始めてみる。

自分を変えるコツ。
自分を変える最初の一歩。

それは案外そんな、

シンプルなところにあるのかもしれません。

 

▶︎著者:清宮 雄 プロフィール
フィリピン・セブ島在住。次世代の起業家・イノベーターを育成するセブ島留学「アクトハウス」代表。地球を楽しむ現役バックパッカーでありつつも、熱血講師として現場でも奮闘中。アクトハウスの授業レポートはこちら >>>

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー