卒業生による「アクトハウス攻略セミナー in セブ島」が開催されました。

seminar_cebu

セブ島にて、卒業生による「アクトハウス攻略セミナー」が開催されました。

IT、英語、そしてビジネスも学ぶこの留学において、どう勉強をこなしていくのがベストなのか。「アクトハウスという環境」を最大限に活かすための《攻略法》を卒業生の視点から語るセミナーです。

登壇者は体験談インタビューでもフィーチャーされているこの方。

10
 

在学時の話を交え

アクトハウス卒業後は帰国せず、そのままフィリピンのセブ島で「フロントエンドエンジニア」として海外フリーランスに。お仕事も順調にこなされています。

今回は在校生のため、セブ島留学前はどうしていたか、そしてアクトハウス在籍中のエピソードなどを交えつつ、質疑応答を中心にしたセミナーとなりました。

1021f_1
 

在校生との質疑応答

「普通の就職をしなかった不安ってありますか?」

「海外でプログラミングのお仕事ってどんな内容を?」

「ITや英語の完全初心者はどのような点に気をつければ?」

参加者たちからの質問に、経験談を交え回答をしていきます。

1021f_4

なおさすが卒業生、普段のお仕事ぶりは、フィリピンやドイツ、韓国のエンジニアたちの前で英語でプレゼンは当たり前。

↓↓↓ お仕事中はこんな様子です ↓↓↓
12

今回のセミナーでは、こういった「英語を使ったITのシゴト」についても、コツや利点をわかりやすく教えてくれました。アクトハウスのセブ島留学中に少しづつ身につけていったスキルを、いま「海外フリーランス」というライフスタイルのなかで最大限に発揮している、そのプロセスは非常に熱いものがありました。

しかも大学を卒業し就職せず、アクトハウスを経て海外フリーエンジニアの仕事をしっかりと成り立たせています。仕事も丁寧で粗がないからこそ、各企業から仕事の依頼が絶えません。エンジニア不足、IoTとA.I.時代の到来という追い風にも乗り、自由に働く時間を確保できています。職種の選定、技術の選択にも先見性が必要なことがわかります。

そうして、あっという間に1時間15分のセミナーが終了。

打ち上げということで、一部のメンバーと近所でかる飲みです。

1218
 

事業家仲間として

同期だけでなく、他シーズンの卒業生との交流を持つことができた貴重な機会。

それぞれが将来、起業家や海外フリーランスとして生きていく際に、同じ志をもった友人の存在は心強いものです。

アクトハウスの在籍時期は異なっても「セブ島のIT・英語・ビジネス留学」を選んだ仲間として、同志となれること。同年代でもなかなか見つけにくいこのような人脈は、後々貴重な人生の財産となっていきます。
 
(企画・構成:アクトハウスinセブ島留学 編集部)

event

cebu_ss001
cebu_ss002
cebu_ss003

このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー