お申込みの流れ

アクトハウスへの申込みから参加への流れは、とてもシンプル。3つのフローでご紹介します。

 

1.「Skypeで聞いてみよう」

まずはフィリピン・セブ島のアクトハウスでの「IT留学」の内容を聞くところからスタートです。参加前のさまざまな疑問や不安をクリアにするために、インターネットでテレビ電話が無料で出来る「Skype」を使った面談を通年で実施しています。もちろん時間は無制限で無料です。お気軽にご質問・ご相談ください。

スカイプ日時の予約は専用カレンダーで簡単に可能となっています。

さらに、スカイプが無理な方のためにお問合せフォームから、電話やメールのご相談も承っています。都内は直接の面会も可能です。

logo

▶︎スカイプの「ダウンロード」はこちら
オフィシャルサイトへジャンプします。

shot
写真はサンプルです。日本人スタッフが全て対応します。
 


 

2.「お申込み」

参加の決意を固めたら、まずは「担当スタッフにメールで連絡します。この決意表明で仮予約状態となります。この決意表明後「1週間以内」に《参加準備金59,800円の振込》と《申込書の一式返送》を完了します。申込書一式に同封するのは下記の4点です。

《申込書一式》

1.参加申込書
2.パスポートの顔写真ページのモノクロコピー
3.履歴書
4.社会人の場合は職務経歴書

【ココがポイント】

※決意表明後すべて「1週間以内」に完了となります。
※参加準備金59,800円のご入金が速い者順で参加が決定します。
※参加準備金の返金はないため意志はきちんと固めてからにしましょう。

app
 


 

3.「参加費のご入金」

上記「2」の段取り完了後、参加準備金を差し引いた参加費の残額を「30日以内」に指定口座へご入金となります。ご要望の方にはカード決済も対応しているので、詳しくはスタッフまでご質問ください。現在はVISA・MASTER・JCBの3社でご対応中です。カードでお支払いの場合の学費等についてはお問合せください。

ccd

【ココがポイント】

※キャンセル待ちの人との入れ替えが発生しないよう、振込期日は厳守ください。
※海外旅行保険・持ち物などの詳細は手引が配布されるのでチェックできます。
※現地への荷物は極力少なめに。備品は現地でも十分に購入可能です。
 


 

▶︎専用バンで日本人が必ず付き添います

上記3点ですべての手続きは完了です。そこから渡航へ向けては、アクトハウスinセブ島ならではの方法で参加者同士や運営とのコミュニケーションが開始されます。

渡航前は「セブ島留学への手引き」をまとめたガイドを配布します。また、個別に質問できて全体のへの連絡事項も随時確認できるSNSもスタンバイ。初めての留学、初めてのセブ島前に知りたいことは事前に理解することができる安心のフォロー体制が整っています。なお、到着するセブ島の空港へは、日本人スタッフがアクトハウス専用のバンでひとりひとりのお付き添いするため、不安やストレスなしでアクトハウスへ直行できます。コンドミニアムではメンターやスタッフが待機しており、お迎えいたします。

ban

通常の留学は現地人のスタッフがお迎えすることも多いですが、到着後いきなり知らない外国人の方の車に乗るのも不安という気持ちもあると思います。例えば自分の飛行機だけ時間がズレて1人で到着した場合、言葉も伝わらない人の車に1人で乗るのは心配な方もいらっしゃるかもしれません。フィリピン・セブ島留学のアクトハウスでは、そういったご不安にも配慮し、全ての工程において日本人スタッフが付き添うことにこだわっています。
 


いつでもお気軽にご質問をどうぞ。
アクトハウスのセブ島留学へのご相談受付中です。
skype
mail

このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー