在校生インタビュー
「新卒から世界へ」

yb01
 

働く大学生からアクトハウスへ

▶︎アクトハウスへの参加経緯は?
「大学生のとき…と言っても、つい最近なのですが、1ヶ月のプログラミング学校へ通った後、IT/事業コンサルの会社でスキルを磨きながら仕事をいただいていました。そして、卒業後のステップである『海外』『起業』を考えたときに、集中的に勉強できる場を探していました」

▶︎どこでアクトハウスを知りました?
「たしかFacebookだったと思います。とりあえず話を聞いてみようと、スカイプの個別相談を申し込みました。そこで海外への下準備、プログラミングスキルのさらなる向上、英語、ビジネスの立ち上げなどを実践の中で学べることがわかりました。座学だけでなく、例えばピッチ(短時間のプレゼン)や営業、英語にライティング、デザインはもちろん、マーケティング、事業計画の立て方や書き方など、効率良くやっておけそうだなというのが選んだポイントです」

sv

次はシリコンバレーに

▶︎次のステップはどこへ?
「アクトハウスを卒業したら、アメリカのシリコンバレーに行きます。そのための英語の練習も、もっと積まないといけなかった。6ヶ月の期間、自分をとことん高めて旅立ちたかったんです。英語の時間はアメリカで実際に使う英語の履歴書も添削してもらったり、現実的な準備をしています。現在アクトハウスではITと英語、さらにビジネス。まさにこの3つを同時で学んでいるところです」
 
時間をどう制するか

▶︎3つの勉強の同時進行ですね。
「アクトハウスでのITと英語、さらにビジネスの課題をクリアしながら毎日を過ごすのに確保しなければならないのもの。それは『時間』です。であれば、それは早寝・早起きしかないだろう、というシンプル理論で臨みました。渡航前にアクトハウスのスタッフさんからもアドバイスをもらい、日本のスタッフの方にも面会し、アクトハウスを最大限に使い切るためのコツを教えてもらいました。親身に相談に乗ってくれて、行く前にイメージを固めることができました。先ほどの早寝早起きもそのひとつで、いかに後悔しない6ヶ月・次につながる6ヵ月にするかを練ってセブ島に入ったんです」

DSC_0031

▶︎1日の流れは?
「僕は毎朝5時頃に起床します。授業は朝の8時30分、月によっては9時や10時からスタートですね。今は午前中に1講座、デザインかビジネスの講座があります。お昼休憩は1時間。ちなみに…セブ島ってお店を把握できれば外食は爆安で、自炊の必要がないんです。毎日利用するアクトハウスの隣の定食屋さんは一食40〜50ペソ(約100〜120円)あれば十分な食事をいただけます。ちなみにタクシーも初乗りは100円程度。欧米の留学ではあり得ないコスパの高さなんですよ」

▶︎それは助かりますね(笑)
「ですね(笑) そして昼食を取ったあとは、迎えのバスが来るので、語学学校へ。2時間英語を文法・スピーキングで勉強した後、再び15時くらいからプログラミング講座。この合間の時間や夜に、ご依頼いただいているWeb案件や自社サービスのアップデート、新サービスの企画制作、またWebマーケティングの一環として自身のブログの更新にあてています。週末はITのネットワークの方々と会食したり、平日にはできないことを盛り込んでいます」

yk_05

海外起業家たちに会いまくる

▶︎学習以外で心がけたことは?
「2つあります。まず1つ目は『先輩たちのお話を聞くこと』です。セブ島っていろいろな日本人の海外起業家の方がいらっしゃいます。多国籍エンジニアが集うIT関係のイベントもしょっちゅうありますし、そこでいろいろな方と知り合ってお話を伺っています。日本では手軽に体験できない、こういったリアルな学びは本当に大きいですね。また、もうひとつはジムに通って体を鍛えることです。アクトハウスにはプールと大きなジムがついているので、そこを利用し、さらに町中のジムでも鍛えています。なんでそこまでやるの?ということなんですが『体内時計が整う』というのがあります。なかなか伝わらないところなんですが(笑)、時間を管理し勉強に集中するために、体を鍛えるという感じですね」

▶︎ビジネスはどんな講座を?
「たくさんありますね。ここ最近はプレゼンテーションについてみっちりとやっています。どのようにビジネスを伝えるか、ユニークな参考映像なども含めインスパイアされていますね。IT時代の企業経営、Webマーケティングなど講座はさまざまです。そして何よりポイントなのは、ビジネス講座は座学だけなく、サービスを立ち上げどんどんリリースできるスタートアップの経験ができること。また、実際のWebのお仕事に取り組める機会もあるという、実践中心なのが嬉しいですね。とにかく実践が中心なんです」

m05
(プレゼン講座では大型プロジェクターで練習)
 

3ヶ月でスタートアップを

▶︎ビジネス講座の成果としては?
「サービスを実際に立ち上げ、収益化までいけました。airbnbの運営代行・3ヶ国語翻訳サービス『TRALA (The Trilingual Translating Service)』です。企画・マーティング・ブランディングに始まり、デザイン、プログラミング。そしてその後のSNSを絡めたWeb運用まで、アクトハウス講座の最初の節目となる3ヶ月目にローンチに至りました。まさにスタートアップ、ですね。すでにご発注も何件かいただき、収益をいただいているサイトです、本当にありがたいです」

スクリーンショット 2016-08-12 17.38.57
(自身のスタートアップサイト。3ヶ国語を駆使したairbnb翻訳サービス)
 

超少人数で学ぶ

▶︎プログラミングではどんな言語を修得?
「元々Rubyは理解していたので、アクトハウスでは主にjavascript、そしてPHPですね。現在はRuby on Railsを用いてアプリの開発を行っています。どの講座も超少人数なのでほとんどマンツーマン講座のような感覚で自分の理解を深めることができます。ビジネスやITの講座だけでなく、特に英語なんてガチのマンツーマンですから、とにかく勉強しているときが濃厚な時間ですね」

▶︎メンターさんとは講座以外でも話したり?
「一緒に食事は当たり前、飲みに行くのもしょっちゅうです。ルームメイトでもありますから、雑談だけでも楽しいです。みなさんIT業界の大先輩であるけれども、ざっくばらんにお話できて、人生相談なんかもできてちゃうのが心強いです。さらに先日、このセブ島で一緒にプログラミングのイベントも開催したんですよ」
 

メンターとイベント開催

▶︎イベントも開催したのですか?
「Ruby on Railsに関するTECHイベントを開催しました。企画から始まって、資料からプレゼン内容まで全て英語ですから、最初はちょっと緊張しましたね(笑) でも慣れてくるうちに自然と英語も出るようになり、盛況のまま終了することできました。スタッフさんが動画も撮ってくれました。1分くらいのドキュメントムービーなのですが、当日の様子がわかると思います。ちなみにその日は「浴衣(ゆかた)」で出たんですよ(笑)」

▶︎浴衣で?
「粋なはからいで、セブ島内のイベント用にアクトハウス内で貸出があるんです(笑)。女子用の方がストック数が多いんですが、晴れ舞台なので男子用を借りてプレゼンに臨みました。やっぱりこれは外国人のウケもいいので、インパクトある演出になりますね。浴衣でプログラミング、なんかいいじゃないですか(笑)」


(1分ドキュメント動画:メンターと開催のイベント)
 

新卒からいきなり独立へ

▶︎大学を出て、すぐにフリーに?
「はい、いわゆる新卒ブランドを自分の意思で捨て、最初からやりたいことに直進しようと決めました。会社に入って数年間修行という方法もあるとは思いますが、自分の力で道をこじ開け、世界をフィールドにした事業を展開したいという気持ちを優先したんです。現在、セブ島のアクトハウスに参加しながら、すでに自分のサイトを立ち上げ収益化をしています。手探りの連続ながら、少しづつ広げたビジネスの人脈がだんだんと大きくなり、Web制作のお仕事をいただいたり、なかにはブランディングコンサルのご相談もいただくに至っています」

▶︎かたちになってきましたね
「もちろん、これは自分の力だけでは到底ありません。仕事を発注してくれるお客様はもちろん、日々サポートしてくださるアクトハウスのメンターさん、先輩の方々、もちろん両親含め、周りの方々が応援してくださるおかげで挑戦できています。本当に感謝しかありません」

1
(帰国後設立する自社のCI計画・事業計画も制作)
 
次世代のスタンダードに

▶︎その生き方が新しいスタンダードかもしれません
「そうなると面白いですね。実際に、大学を出ていきなりの僕がフリーランスで生活ができています。IT・英語のスキルを活かすビジネスの要素も学べてきているので、バランスが取れてきました。実は月収も安定してきて、新卒の平均的なお給料よりも多くなってきてるんですよ。アクトハウスに参加しているこの最中に、ここまで実現できている。効率的に勉強できるようになっているから、さらに次のシリコンバレーへの準備も着々とできています。時間を本当に有効に使えていますね」

DSC_1415
(気分転換にアクトハウスの屋上で作業することも)
 
▶︎日本国内でもビジネスを?
「そうですね。リーンスタートで立ち上げたので、それも軌道に載せたいですね。国内と海外の事業を二軸で展開します。もちろん1人では無理なので、国内の仲間と進めています」

▶︎アクトハウスも残り2ヶ月ですね
「あっと言う間ですね本当に。1日も無駄にせず、さらにペースを上げていきたいと思います、頑張ります」

(取材・構成 アクトハウス編集部)
 

77

 


いつでもお気軽にご質問をどうぞ。
アクトハウスのセブ島留学へのご相談受付中です。
skype
mail

このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー