芸達者の時代。「プログラミングできるデザイナー」最強説。

企業の規模やプロジェクトの大小に関わらず、特定のジャンルに留まらないプロフェッショナルが求められている。

そう、時代はますます「芸達者」の時代。

千手観音のように、さまざまな「手」を持つ人材の時代がやってきた。

dg

=デザイナーを例とした場合=

例えば、デザイン。

デザイナーの役割はもはや「描くこと」だけに留まらない。いや、留まれない。

ちょっと昔の話になるが、すでに定着して久しい「UI」「UX」なる言葉。

「ユーザーインターフェイス」と「ユーザーエクスペリエンス」。

この二語の登場そのものが、デザインの立ち位置を大きく変えた。

5

▶︎UI
ユーザーが「目に見えるもの」全て。
WEBサイトやアプリにおける「フォント・デザイン・形状」のこと。

▶︎UX
ユーザーが「体験するもの」全て。
WEBサイトやアプリにおける「見やすさ・使いやすさ・対応・感動」のこと。
 

=イラレやフォトショだけでなく=

ただ描くだけ、ただイラストレーターやフォトショップを使えるだけでは、「ユーザーの感動」まで責任を持つことは到底保証できない。つまり「UX」の知識・技術を持つことはもはや当然のこととなっている。

「UI」「UX」をのスキルを研ぎ澄ますことのハードルは高いながらも、時代の潮流であるゆえ、避けて通ることはできないのである。

sc

=モノ言うクリエイターが命運を握る=

企画段階、プロジェクトの始動において要件定義がなされる際。

従来であれば「企画部」「広報部」「営業部」などの《考える部隊》が現在地と目的地を定義し、それを《描く部隊》の「制作部」がビジュアライズしていくのがセオリーだった。しかしその縦割り構造こそが、営業と制作が対立する理由でもあった。

「あれじゃ売れない」「こんな金額で受注されても」といった、ユーザーが置き去りとなった部門同士の対立も耐えなかった。

しかし現代は、企画段階からマーケティングや経営・営業のナレッジがあるデザイナー、あるいはデザインの知見をもったエンジニアデザインを知っているプログラマーが議論に参加することが、サービスの命運を効率的に好転させる。ジャンルを超越したクリエイター、マーケッターの発言はあらゆるジャンルを精通しているため深みがあり、説得力がちがう。

こういった「モノ言うクリエイター」の参画は時間的にも効率的だ。また儲けにうるさいセールス担当とクリエイティブサイドの刺激的なディスカッションは、プロジェクトの初期段階だからこそフレッシュな議論となり、喧嘩にならずに成立する。最初からお互いで組み立てるゆえ、あとから問題が発生しにくいのだ。

2

=デザイナーがコードを書く時代=

ではデザイナー自身はモノ言うだけで、あとはデザインに集中かというと、それもまたちがってきている。いまやWEBやアプリの構築において「デザイナーもコードを書けなければならない時代」に入っている。

いわずもがな「アート(芸術)」と「デザイン(設計)」は異なる。極論を言えば、前者は感覚のままに筆を走らせることが許容される。しかし後者は絶対的にちがう。

商業デザインの設計においては「UI」「UX」が揺るがぬ起点となり、それはすなわち「デザインをWEBで動かす」「アプリを自在にアレンジする」ことが真の「ユーザーの感動」を実現する鍵となってくる。

イメージし、描き、さらにそれらがどんな「ユーザー体験」をもたらすかまで、自分で見極める。アクションや導線、使い心地、それらに関わるコードを組み換え、見届ける。改善し、質を上げ、高みに到達する。ここまでやって初めてデザインしたことになるのだ。

code

=クロスオーバー・スキルを=

デザイナーはプログラマーのスキルを持ち、エンジニアはデザイナーともなり、セールスマンはマーケッターとしても活動する。

そして社長は、その全てのナレッジの事情・背景・問題の原因を把握しているオールラウンダーたることが理想の状態だ。もちろん、全ての技術が100点満点である必要はまったくない。経営者がそれらを知らぬ存ぜぬが罪ということである。

かつては、熱血営業マンが社長になれば「ITは苦手だが」と言い、ギークなプログラマーが起業すれば「お金はわからないけど」と言っていた。しかしそんな時代がすでに終わり、デザイナーもプログラマーもエンジニアも営業もそのジャンルだけを知っていても、その道を極めることも出来ない。さまざまなジャンルが「横串」(よこぐし)に連なっているからだ。

trg

あえて、いたずらにでも、ジャンルをクロスオーバーする知識を自らに育んでいこう。

なぜなら現代の企業活動において「企画・経営・ブランディング・マーケティング・デザイン・エンジニアリング・プログラミング・営業・運営・アップデート・リニューアル」などなど全ての動きが、綿密にからみ合っているからに他ならない。

もはや1ジャンルだけに詳しいなんていうこと自体が、辻褄が合わない世の中になってきている。

b

=経営も変わってくる=

では最後に「経営」の話を。

ジャンルを超えた知識の醸成、この考えに理解があれば会社の経営も、もっと面白くなる。

杓子定規の配置転換や、筋書き通りの出世を取り入れない。

もし、あなたがすでに経営者であれば「営業部門長と制作部門長を入れ替える」ほどのドラスティックな人事を断行することで、会社は息を吹き返すかもしれない。時には酔狂な人事に走ることで、社員個々、ひいては組織全体に混乱と緊張が生まれ、カオスの後に、新たなステージへと足を踏み入れることができるだろう。

知識をアップデートし、育成し、さらには隣の芝生に足を踏み入れる。

生き残りを賭けてでなく、当然の進化として。

時代はクロスオーバーな才能を求めており、クロスオーバーな会社を求めている。

 

▶︎著者:清宮 雄 プロフィール
フィリピン・セブ島在住。IoTそしてA.I.時代の国際的な起業家・ビジネスパーソンを育成するIT留学「アクトハウス」代表。メンターとして現場でも奮闘中。アクトハウスの体験談はこちら >>>

  目次   
このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー