「で、プログラミングってどう始めんの?」初めての人の「5つのステップ」

前回は「なんでプログラミングを覚えるといいの?」を「ひとつの理由」にまとめた。(前回の記事はこちら)

今回はその次の「プログラミングってどうやって始めるの?」にフォーカスしよう。

初心者にとっては、少しプログラミングが気になっていても、就活の武器にしたくとも、いきなり専門学校に通ったり、IT留学したり、高い参考書を買うのは躊躇してしまうもの。「まずは少し触ってみたい」というのが本音だろう。

であれば、ちょっとだけ試してみよう。今日、自分のパソコンで。

pc_cebu

《はじめる前に》

まずはプログラミングの前にちょっと覚えておきたい「心得」を知っておこう。それは「止まらず進む」ことだ。


 
「止まらず進む」…?
不安と期待のプログラミング。しかしやっぱり最初は、専門用語や分からないことはわんさか出てくる。でも、そんな時は深く追究しすぎず「次に進む」のがコツ。モヤモヤやイライラの気持ちを置いておいて「まずは前進」の気持ちが大切だ。実は、初心者の心が折れてしまう理由のひとつが「全て完璧に理解しようとするがゆえの ”調べ疲れとイライラ”」。疑問を追究することはもちろん大事だけれど「とりあえず進んでしまう図太さ」も持っておこう。
 


 
《何を覚えるの?》

今日紹介するプログラミングの練習サイトでは、下記の修得フローが大筋の流れなっている。覚えていく言語は主に「Web制作」を軸にする内容。これらは大きく「2つの属性・フロントエンドとバックエンド」に分かれている。この段階ではイメージは到底しにくいので止まらず進み、せめて「青文字」の用語だけを見ておき、あとは後述の「練習サイト」で手を動かしながらつかんでいこう。

————————————————————–

1.フロントエンド
「フロント」とは文字通り「前」。目の前のWebページ内で処理されるコード。

▶︎ HTML
⇒マークアップ言語。Web/アプリを「構成する」言語。

▶︎ CSS
⇒スタイルシート言語。Web/アプリの「見栄えを調整する」言語。

▶︎ JavaScript
⇒プログラミング言語。Web/アプリに「動きを付ける」言語。

————————————————————–

2.バックエンド
バックとは文字通り「後ろ」。Webを支えるサーバー上で処理されるコード。

▶︎ Pearl/Python/PHP/Ruby
⇒ プログラミング言語。左から順に「パール/パイソン/ピーエイチピー/ルビー」。HTMLやCSSだけではできない様々な「動き・しかけ」や「記述の効率化」が可能。


 
では、具体的な「練習サイト」を紹介していこう。

Startup Stock Photos


 
【ステップ1:まずは超入門】

最初は、無料で練習の「お膳立て」ができている超入門サイトから。「2サイト」紹介するので、ちょっと試してから自分に合う方を選択するといい。いずれも冒頭に紹介した「HTMLとCSS」からスタートしている。その後はレクチャー順に進んで「JavaScript」なども体感してみよう。まずは「へ〜こんな世界なんだ」というのがサクッとわかるだろう。

《超入門サイト》
▶︎プロゲート http://prog-8.com/
スクリーンショット 2015-11-22 16.37.12
 
▶︎コードプレップ https://codeprep.jp/
スクリーンショット 2015-11-21 20.58.57


 
【ステップ2:環境をつくろう】

次は日本最大の「動画レクチャーサイト」を試してみよう。ステップ1では「プログラミングできる画面」が用意されていたが、あくまでそれは練習用。今度は自分のパソコンの中に、作業できる「環境を作る」ステージへと進んでいく。「HTML入門」の「#2 必要なツールを用意しよう」にレクチャーが入っているので、講義に沿って用意しよう。プログラマーが自分のパソコンに「環境を持つ」という意味と概念が理解できるだろう。

《基礎・応用練習サイト》
▶︎ドットインストール http://dotinstall.com/
スクリーンショット 2015-11-22 14.02.29


 

【ステップ3:レベルを上げて】

環境ができたら、正真正銘「自分のパソコンでプログラミング」という段階だ。引き続きドットインストールのサイトで「HTML」「CSS」「JavaScript」「PHP」、さらに「Perl」「Python」「Ruby」といった汎用性が高くパワフルな言語のレクチャーを受けてみよう。動画のレクチャーだけに、たまに早口に感じたり、一発で理解できないこともある心構えは持っておきたい。しかし、多少分からない言葉などがあっても、冒頭の心得「止まらず進む」の意識で進んでいくのがベスト。

JavaScript-Logo


 

【ステップ4:ゲームを作ろう】

疲れきってしまう前に、ちょっと矛先を変えて「ゲームを作ってみる」ことで息抜きしながら勉強すると、ちがう角度から知識を深めることができる。ドットインストールの中のレッスンに「ゲームプログラミングに挑戦してみよう」の講座があるので、トライしてみよう。

スクリーンショット 2015-11-22 17.07.49
《すこし上級編》
ドットインストールには掲載されていないが「テトリスを作ってみる」というのも、ゴールが明確で大変勉強になる。興味のある人は挑戦してみよう。


 
【ステップ5:原点に帰る】

わからないことだらけでも、プログラミングの「なんとなく」を体験したら。将来は自分が「どんな仕事をしたいのか?」に立ち返ろう。あなたにはどんな夢があるだろうか。たとえば…

————————————————————–

▶︎ 会社を起業したい
▶︎ アプリやゲームを作りたい
▶︎ Googleなど世界IT企業に入りたい
▶︎ アメリカのシリコンバレーで働きたい
▶︎ 中国のシリコンバレーに行きたい
▶︎ A.I.やVR、IoTに興味がある
▶︎ 農業をテクノロジーで盛り上げたい
▶︎ 医療を科学で進展させたい
▶︎ フリーランスのエンジニアがいい
▶︎ Webクリエイターになりたい
▶︎ ロボットやドローンを作りたい
▶︎ 次なるスマホやデバイスを作りたい
▶︎ 宇宙産業に関わりたい

————————————————————–

この現代における「仕事」は何らかのかたちでIT、Web、すなわちプログラミングへとつながっている。一般的な期待度を遥かに凌駕するほどこのフィールドは深く、広く、そして速い。その一方で「この言語を覚えておけば一生安泰」というひとつの正解があるわけでなく、やみくもに手を付けるとドツボにはまる迷宮性もあなどれない。

手堅く、飽きずにプログラミングの勉強を進めるためには「自分のやりたい事に関係ある言語・技能」から学んでいくと、努力の過程も楽しめる。たとえそれが趣味的なものでも、まずは「目標に到達できる、近づくことができる言語や技術」をチョイスしよう。

20

もちろん「まだ自分の方向性は固まっていない…けど、プログラミングを始めたい…」という人もいるはず。その場合は「Webサイト制作」に関わる言語からマスターしていくのが無難だ。今回紹介したレッスンサイトにもある「HTML/CSS/JavaScript」そして「PHP」という流れは、初心者にも入っていきやすい敷居の高さと言える。

cebu_cafe

今回見てきた「5つのステップ」。実際にやってみると「なんでうまくいかないのか…」「隣に教えてくれる人がいれば…」という現実はやっぱり出てくるもの。しかしその一歩を踏み出したことは、夢や目標に向けていよいよ動き始めたことに他ならない。

現在「プログラミングって何…?」「自分にもできるかな…?」というモヤモヤがある人は、今回紹介したサイトの「ステップ1」だけでも、お試しでトライしてみることをおすすめする。あらゆるモノの「軽・薄・短・小」が急速化するIT社会において、我々の生活のすみずみを支えてくれる「テクノロジーの素顔」を垣間見る、貴重な体験になることだろう。
 

【著者「IT留学・セブ島留学」のアクトハウス:清宮 雄】

このエントリーをはてなブックマークに追加
限定16名 第4期生募集スタート
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー
2016年度 新期生限定募集
体験談:在校生&卒業生
講師インタビュー